教育研究上の目的

本学部は、国際都市横浜に立地する学部として、外国語の実践的な運用能力を高め、諸外国の社会及び歴史等、異文化についての理解を深めるとともに、異文化間の相互理解と文化交流を行える国際的な教養を身に付けた人材の育成を目的とする。

教育目標

外国語学部では、本学の教育目標及び本学部の教育研究上の目的等を踏まえ、実践的な外国語運用能力と対象地域の諸分野に関する知識の獲得を目指した専門教育を展開し、それらと初年次教育、キャリア教育、教養教育、言語教育を含む全学共通の基礎教育とを有機的に連関させることにより、国際的な文化交流の場で活躍し得る有為な人材の育成を目指します。
本学部の専門教育の特徴として挙げられる、少人数教育、双方向型教育、習熟度別クラス編成を活用して、国際的な場で行動する際に必須な情報収集と発信能力、およびコミュニケーション能力を涵養します。また、対象地域の言語・文化・社会・歴史の各分野について優れた研究業績と豊富な教育経験を有する教員の指導により、急速に変化する国際情勢にも柔軟に対応可能な、幅広い教養体系の構築を図ります。以上を教育目標として定めます。

英語英文学科

教育研究上の目的

英語英文学科は、英語の実践的な運用能力を高め、英語圏の言語・文化・社会・歴史などについての理解を深めるとともに、異文化間の相互理解・文化交流、多文化共生に尽力し得る国際的な教養を身に付けた人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、外国語学部英語英文学科では、異文化間の相互理解と経済・文化交流の促進、また英語教育において活躍できる人材を育成するために、初年次教育、キャリア教育、教養教育と関連させた段階的・体系的なコミュニケーション重視の課程を編成し、4年間の学修を通じて新たな知識を得て教養を深め、自己表現のツールとして英語を使えるようになるための高い英語運用能力を涵養します。
本学科が展開する専門教育では、英語学、英語教育、英語圏文学、英語圏文化の4領域を網羅した課程に基づき、英語圏の言語・文化・社会・歴史について深く理解するとともに、言語や文化の多様性と普遍性についての見識を高めます。また、少人数による専門研究を通して、情報リテラシーとプレゼンテーション能力を高め、国際化の環境の中で学びの成果を総合して様々な課題に取り組み、自らの考えを発信することができる能力を涵養します。以上を教育目標と定めます。

スペイン語学科

教育研究上の目的

スペイン語学科は、スペイン語とスペイン語圏の言語・文化・社会・歴史などに関する専門的知識を身につけ、広い視野と柔軟な思考力で多文化共生社会に寄与することができる人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標および本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、外国語学部スペイン語学科では少人数編成を徹底し、ネイティブ教員を多数配置して、双方向的かつきめ細やかなスペイン語教育を目指すとともに、スペインとラテンアメリカ諸国の文化を体験的に学ぶための場を提供することを教育目標として定めます。 スペイン語は、スペインおよびラテンアメリカ諸国のみならず、アメリカ合衆国にも多くの話者を有し、その使用人口は5億を超える重要な言語であることから、スペイン語を使ってグローバルに活躍できる人物を育てることを第一義とします。そのため、スペイン語の読む・書く・聞く・話す力の鍛錬に加え、スペインとラテンアメリカの双方を視野に収めた言語・文学・歴史・文化・政治・経済等の講義を充実させてバランスよく配置し、広範な知識の吸収を促すとともに、物事を多面的に捉える視座を養います。また、英語運用能力の重要性も高いことから、「英語コミュニケーション特修副専攻」を設け、英語力を積極的に向上させるよう奨励しています。

中国語学科

教育研究上の目的

中国語学科は、高度な中国語運用能力を身に付けるとともに、中国の言語・社会・文化・歴史について深く専門的に学び、アジアの経済と文化交流の場で活躍できる人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、外国語学部中国語学科では、多様かつ体系的に構成された課程に基づき、実践的な中国語運用能力と中国の諸分野に関する知識の獲 得を目指した専門教育を展開しつつ、初年次教育、キャリア教育、教養教育、言語教育を含む全学共 通の基礎教育と有機的に連関させることにより、4年間の学習を通じて習得した能力と知識を活用して、日中およびアジア間の経済・文化交流の場で活躍し得る有為な人材を育成します。 本学科で展開する専門教育では、外国語学部における教育の特徴である、少人数教育、双方向型 教育、習熟度別クラス編成によって、社会での活躍のために必須となる表現能力およびコミュニケーション能力を涵養します。また、中国の言語・社会・文化・歴史の各分野について優れた研究業績と豊富 な教育経験を有する教員の指導により、ダイナミックに変化する世界の中で、日本と中国の関係を巨視 的観点から捉えるための幅広い教養体系の構築を図ります。以上を教育目標として定めます。

国際文化交流学科

教育研究上の目的

国際文化交流学科は、英語などの外国語の実践的運用能力を高め、日本文化ならびに異文化への理解を深めながら、異文化間の相互理解と交流に貢献する人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、外国語学部国際文化交流学科では、学生が、英語等の外国語の運用力を伸張でき、世界の言語・文化・社会・歴史等について広範な知識を得られ、日本文化の特徴を十分に認識でき、少人数クラスでコミュニケーション能力を伸ばせるような教育を受けることにより、自文化と異文化の違いをよく理解し、異文化に寛容で、文化の相違を越えて意思疎通と交流のできる人へと成長することを、教育目標として定めます。