教育研究上の目的

本学部は、本学が規範とする教育理念の下にあって、人間社会と自然界によりよい環境をもたらすように工学的所産を開発・活用し得る、深い専門知識と幅広い教養をも併せ持つ技術者を育成すると共に、主体性・実践力をもって社会に奉仕できる人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学部の教育研究上の目的等を踏まえ、工学部では、主体性・実践力をもって社会に奉仕できる技術者の育成を、その教育の究極の目標としています。
現在、我が国は、グローバル化による激しい国際競争、経済の低迷、少子高齢化、環境問題、資源問題、エネルギー問題等の様々な困難に直面しています。その中にあっても、今後も科学技術創造立国として生きていかなければならない状況に変わりはありません。豊かで持続可能な社会の構築のためには、これまで以上に工学技術者の役割が大きくなることが予想されます。工学技術者には、幅広い教養と確かな工学の基礎的知識、新しい時代に必要とされる専門的かつ体系的な知識を、論理的な思考で自在に活用する能力が必要とされます。さらに、その実践においては社会的責任感と倫理観を常に自覚することが求められます。また、国内外において技術者が、複合的な領域で協働を行うためにはコミュニケーション能力を身につけていることも必須とされます。生涯にわたり、社会の変化や常に新しくなる技術に柔軟に対応するためには自ら継続的に学習し続ける能力も身につけていなくてはなりません。
本学部では、各学科・プログラムの体系化されたカリキュラムを通して、広く社会の発展に貢献できる工学技術者に必要とされる知識と能力を身につけさせることを教育目標として定めます。

機械工学科

教育研究上の目的

機械工学科は、本学及び本学工学部の教育理念の下に、工学上のさまざまな基盤技術の中核を成す機械工学に関わる研究を促進し、その過程や成果を通して幅広い教養と機械工学に関する深い専門知識を持ち、機械技術と人間、社会、環境との調和に配慮した「ものづくり」を実践できる人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、工学部機械工学科では、機械技術と人間、社会、環境との調和に配慮した「ものづくり」を実践できる人材の育成を、教育の最終の目標としています。
現在、日本はもとより世界的にも、これまでに遭遇したことがないような問題が多く生じてきています。機械技術の分野でも、これまでと異なる問題かつ今まで以上に、人と環境に配慮することが求められ、さらに、倫理、経済の面も考慮することが重要となってきています。これら複合的な問題に挑むためには、国内外を問わず、コミュニケーションに基づく連携が重要となってきます。したがって、これからの機械工学エンジニアには、コミュニケーション力が強く求められるとともに、これまでと同様に、アイデア力、プランニング力、遂行力などの個人力が不可欠になってきています。これらの能力の獲得により、社会に出てからも社会状況の変化に応じた能力の向上を自ら行い、社会での自分の役割をしっかりと果たすことが期待されています。
本学科では、講義型科目や実技型科目など適切に配置されたカリキュラムを通して、これらの能力を涵養していくことを教育目標として定めます。

電気電子情報工学科

教育研究上の目的

電気電子情報工学科は、本学及び本学工学部の教育研究上の目的の下に、現代社会の持続的発展を支える電気工学、電子工学、通信工学、情報工学及びこれらの関連分野について研究を促進すると共に、これらの分野について幅広い基礎知識と専門知識を併せ持ち、人類社会の要請に主体的、実践的に対応できる人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的を踏まえ、工学部電気電子情報工学科では、幅広い基礎知識と専門知識を併せ持ち、人類社会の要請に主体的、実践的に対応できる電気電子情報技術分野の人材育成を教育の目標としています。
電気電子情報技術は現代社会の発展を支える要です。そして地球環境問題や情報倫理といった社会の発展に伴う様々な問題の解決も電気電子情報技術無しには考えられません。この現代社会を支える電気電子情報技術は、電気、電子、情報の3技術分野が独立に、かつ互いに融合して一大技術分野を構成しています。
本学科では、この魅力と無限の発展性を秘める電気電子情報技術をバランスのとれた基礎教育と専門教育を通して理解し、修得することで、社会の持続的発展に寄与できる知識を持ち、社会の要請に基づく技術課題に主体的、実践的に対応できる能力を有する人材に育てることを教育目標として定めます。

物質生命化学科

教育研究上の目的

物質生命化学科は、物質や生命に関わる広い範囲の化学を理解し、研究者や技術者としての社会的責務と倫理観に基づき、人類の幸福に寄与する物質を創出する能力を備えた人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、工学部物質生命化学科では物質や生命に関わる広い範囲の化学を理解し、人類の幸福に寄与する化学物質や技術を創出する能力を備えた人材の育成を、教育の最終目標とします。
環境問題、エネルギー問題、食糧問題、パンデミックなど人類の直面する諸問題は化学に大きく関わるものであり、持続可能な社会を構築するには、化学を理解し化学技術を社会に活用する人材を育成することが肝要です。
本学科では、物質化学から生命現象まで、化学を幅広く理解するための基礎科目を学び、化学物質を取り扱う技術を習得し、さらに環境・エネルギー問題や医療などに応用する能力を涵養します。日々進歩する科学技術に対する理解を深めながら、これを応用展開していく上で必須な問題発見・解決能力ならびに生涯学習能力を備えた人材の育成を教育目標として定めます。

情報システム創成学科

教育研究上の目的

情報システム創成学科は、数学や理科の基礎科学のみならず社会や文化などの文系の知識を併せ持ち、社会的責任感と倫理観を持って新しい社会を創成できる、情報やコミュニケーション技術を基盤とした数理的素養とシステム開発力を備え、そのための支援技術や管理技術を身に付けた技術者及び研究者等の人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、情報システム創成学科では、情報システム開発技術者を育成することを、教育の究極の目標としています。
あらゆる分野で高度な情報システム技術が利用される現在においては、真に役立つ、人と社会を結ぶ情報システムを創造することが必要です。情報システム創成学科は、理系に強い学生が社会マインドを身につけながら、未来の情報化時代に活躍できる情報システム開発技術者を育成し、新たな情報化時代へ、送り出します。情報システム技術者には、数理的素養やシステム開発力はもちろんのこと、コミュニケーションによる相互連携力や責任感、倫理観も必要です。
本学科では、講義型科目や創成能力教育科目であるグループ学習型科目とプロジェクト達成型科目を適正に配置し、情報システム技術者に必要な能力を涵養することを、教育目標として定めます。

経営工学科

教育研究上の目的

経営工学科は、工学全般にわたる、経営工学に関する基礎的な理論と知識、経営管理システムの設計の原理と方法、企業経営に関する情報技術の活用方法を教授研究し、工学の基本的方法の素養及び経営工学の専門知識を駆使して、ものづくり、ロジスティクスをはじめとするあらゆるサービスの経営管理システムの設計・運用・管理及び分析・評価・改善ができる人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、工学部経営工学科では、工学分野において要求される基礎的理論及び企業や社会において実践されている経営工学手法に関する専門知識と、それらを活用するためのスキルに関して、本学科の学生に習得させることを教育目標としています。
グローバル化や環境問題が重要視される現在の産業社会において、我が国における国際競争力の源泉となるための人材養成にむけ、コミュニケーション能力、国際感覚を洗練するための素養、持続可能な社会構築の視点等を重視した未来志向型の教育を目指します。さらに、実践の学問である経営工学は、変化する様々なビジネス環境において、自らが問題を発見し、その問題を解決するための能力も重要であり、そのような問題発見能力・問題解決能力を習得するため、フィールドを重視したテーマ課題を通して、実学重視の人材育成を教育目標として定めます。

建築学科

教育研究上の目的

建築学科では、人間の多様な営みにおいて使いやすく、安全で快適、かつ感動を呼ぶ建築や都市の空間及び環境の創造に寄与する研究を行うとともに、そうした創造的な活動やその成果を通し、社会に貢献する人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、工学部建築学科では、大学で学んだ建築学に関わる技術や知識を自己表現の術として自在に扱いながら、社会貢献できる人材の育成とその輩出をめざしています。
日本の建築学は、教育内容はもちろんのこと、建築を造る技術力、その技術を生み出す研究力においても世界のトップレベルを維持しています。長い伝統の中で蓄積されてきた高度な日本の建築技術を支える基礎的な専門的知識を学ぶとともに、今日のグローバル化した国際社会にあっては、一人ひとりが自立した技術者として国際社会で生き抜くための幅の広い視野や教養、さらには、自らの考えを主張するためのコミュニケーションやプレゼンテーションなどの能力が必要とされます。また、時代とともに変化していく様々な技術に対応するためには、継続的に学習していく意欲と能力も必要とされます。
本学科では、教育並びに研究を通して学生たちを、様々な能力を携え、日本そして世界に貢献することのできる専門家として自立できるような人材に成長させることを教育目標として定めます。

総合工学プログラム

教育研究上の目的

総合工学プログラムは、本学及び本学工学部の教育理念の下に、工学の種々の分野や自然科学に関する幅広い基礎知識を持ち、様々な人々とのコミュニケーションを通して多様な要望や意見をとりまとめ、多くの技術を的確に組合せて社会に役立つ新しいものを創り出す国際的に活躍できる工学のゼネラリスト(総合エンジニア)の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本プログラムの教育研究上の目的等を踏まえ、工学部総合工学プログラムでは、国内外で活躍できる総合エンジニアの育成に努めます。
世の中の科学技術はますます複合化・融合化して発展しています。1つの分野の専門家だけでは製品やシステムを造ることが難しくなってきました。私たちの暮らしも多様化し、社会のしくみも複雑化しています。このような時代にあっては、従来の工学教育が育成する特定分野の専門技術者だけでなく、それら多くの分野の専門家の智慧を結集し、多くの専門技術を的確に組合せて新しいものを実現できるような、ゼネラリストとしての技術者、すなわち「総合エンジニア」が求められています。
本プログラムでは、一般教養や工学基礎及び専門知識に関する幅広い学修、実践的な英語教育、学生同士や教員との徹底した技術討論などを通じ、豊かな良識、論理的な思考力、国内外で活躍できる柔軟なコミュニケーション能力を涵養することを教育目標として定めます。