ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

教育の方針と課程 神奈川大学の教育研究上の目的と基本方針、教育課程と学修に関する情報を公表しています。

国際日本学部

教育研究上の目的

本学部は、世界の多様な文化を認識して広い視野を獲得し、日本文化について複眼的かつ広域的視野から考える力を身につけ、優れたコミュニケーション能力を併せ持って、文化交流ができ、文化の継承・創生と多文化共生社会の発展に寄与できる人間の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学部の教育研究上の目的等を踏まえ、国際日本学部では、学生が、
(1)外国語や日本語での実践的なコミュニケーション能力を身につけること
(2)世界の文化や歴史に関して複眼的な視点から理解する力を身につけること
(3)日本の文化や歴史に関して複眼的な視点から理解する力を身につけること
を、教育目標として定めます。
そして、これらの教育を通じて、複雑化する国際社会の情勢に柔軟に対応し、国籍や民族などが異なる人々とも尊重し合いながら共に生きていくことができる人間の育成を目指します。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学部のカリキュラムにおいて、所定の卒業要件単位を修得した者は、次に掲げる能力や知識・教養を身につけていると判断され、学士(文学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)社会の変化に対応しながら問題を発見・解決することができる能力を身につけている。
    • (2)情報の収集・分析・発信の能力を身につけている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)外国語もしくは日本語の運用能力を身につけている。
    • (2)世界や日本の諸文化について、広く深く理解するための幅広い教養を身につけている。
    • (3)文化を理解し適切に伝える文化間コミュニケーション能力を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)世界の文化・言語・社会・歴史・宗教等についての幅広い教養を身につけている。
    • (2)日本の文化・言語・歴史・民俗・宗教等についての幅広い教養を身につけている。
    • (3)多文化共生社会に寄与できる実践的能力を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学部は、世界や日本の諸文化について複眼的かつ広域的視野から考える力を身につけられるように、以下のような学修・教育課程を編成し、教育・評価を行っています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)世界や日本の現状を知り、多様な視点から考察することができる素養を身につける学部教養科目を配置しています。
    • (2)専門的知識を修得しつつ、自ら情報を収集・分析・発信する能力を育成する、少人数教育による双方向型の演習・ゼミナール科目を配置しています。
    • (3)外国語もしくは日本語の知識と実践的なコミュニケーション能力を身につけるとともに、日本をはじめとする世界諸地域の文化や歴史、言語、宗教、社会についての専門的知識を修得する専門科目を配置しています。
    • (4)初年次教育およびキャリア教育科目を配置するとともに、人間・社会・自然等にかかわる諸問題について広い視野と知識を獲得する教養系科目を配置しています。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)外国語教育や演習・ゼミナールでは、少人数・双方向型教育を実施しています。
    • (2)専門科目については、多くの実技・体験型教育を実施しています。
    • (3)単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準を明確化し、成績評価を厳格化しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学教育によって培う能力
    • (1)外国語や日本語での実践的なコミュニケーション能力
    • (2)世界の文化や歴史に関して複眼的な視点から理解する力
    • (3)日本の文化や歴史に関して複眼的な視点から理解する力
    • (4)これらを通して、複雑化する国際社会の情勢に柔軟に対応し、国籍や民族などが異なる人々とも尊重し合いながら共に生きていくことができる力
  2. 2.本学部の求める入学者
    • (1)世界の文化・言語・社会・歴史・宗教等の学修に関心と意欲を持っている人
    • (2)日本の文化・言語・思想・歴史・民俗・宗教等の学修に関心と意欲を持っている人
    • (3)基礎的な学力を有し、外国語や日本語の運用能力の向上に関心と意欲を持っている人
    • (4)国際的な感性と幅広い教養を身につけたいと思っている人
  3. 3.高校までの能力に対する評価(選抜方法)
    • (1)一般入試、給費生入試、大学入試センター試験利用入試では、国際日本学部での学修に必要な基礎学力を、高等学校での学習の達成度をもとに判断します。
    • (2)推薦入試には指定校推薦入試と公募制推薦入試があります。指定校推薦入試では、勉学意欲に富み、指定校の学校長から推薦された人に対し、面接による選考を行います。公募制推薦入試では、外国語や日本語の運用能力の向上に強い関心を持ちその実績が顕著な人、世界や日本の文化や歴史に強い興味と関心がある人、また発信すべき文化・芸術等の素養がある人に対し、小論文、面接等による選考を行います。

国際文化交流学科

教育研究上の目的

国際文化交流学科は、「世界」や「世界における日本」についての深い知識と洞察力、外国語の実践的運用能力、多文化を理解する力を身につけた、文化間の交流に貢献できる人間の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、国際日本学部国際文化交流学科では、学生が、
(1)世界の文化・言語・社会・歴史・宗教等について広範な知識を得ること
(2)少人数クラスや実践を通じた授業により、外国語の運用能力およびコミュニケーション能力を伸張できること
(3)日本文化を含む多様な文化の共通点と相違点を理解すること
(4)さまざまな文化に寛容で、文化の相違を越えて意思疎通と交流ができること
(5)実践的な分野に応用できる力を備えること
を、教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学科のカリキュラムにおいて、所定の卒業要件単位を修得した者は、次に掲げる能力や知識・教養を身につけていると判断され、学士(文学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)社会の変化に対応しながら問題を発見・解決することができる能力を身につけている。
    • (2)情報の収集・分析・発信の能力を身につけている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)外国語の運用能力を身につけている。
    • (2)日本語や英語での発表・論文作成などのアカデミックスキルを身につけている。
    • (3)文化を理解し適切に伝える文化間コミュニケーション能力を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)世界の文化・言語・社会・歴史・宗教等についての専門的知識を身につけている。
    • (2)文化交流、観光文化、言語・メディア、国際日本学という4つの専門的な知識のいずれかを身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学科は、文化交流において国際社会に通用する素養を総合的に修得することができるように、以下のような学修・教育課程を編成し、教育・評価を行っています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)世界や日本の現状を知り、多様な視点から考察することができる素養を身につける学部教養科目
    • (2)専門的知識を修得しつつ、自ら情報を収集・分析・発信する能力を育成する、少人数教育による双方向型の演習・ゼミナール科目
    • (3)実践的なコミュニケーション能力を身につける外国語科目
    • (4)世界の文化・言語・社会・歴史・宗教等についての専門的知識を修得する専門科目(文化交流、観光文化、言語・メディア、国際日本学のうち、一つの専門を重点的かつ体系的に学修できるコース科目)
    • (5)人間・社会・自然等にかかわる諸問題について広い視野を獲得する教養系科目
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)演習・ゼミナールでは、少人数・双方向型教育を徹底し、1年次に「FYS(ファースト・イヤー・セミナー)」、2年次に「コース演習」、3年次に「ゼミナール」、4年次に「卒業研究」を配置することによって、学生が専門的知識を段階的に修得できるように指導し、自ら情報を収集・分析・発信する能力を育成します。外国語科目群についても少人数教育を徹底し、実践的なコミュニケーション能力を育成します。
    • (2)4つのコースを設定し、学生がその中から一つ選択することで専門的かつ体系的な知識を得ることを可能にします。
    • (3)単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準を明確化し、成績評価を厳格化しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学教育によって培う能力
    • (1)世界の文化等について多角的かつ総合的に理解する能力
    • (2)外国語の運用能力
    • (3)文化間交流についての専門的知識ならびに文化間コミュニケーション能力
  2. 2.本学科の求める入学者
    • (1)世界の文化・言語・社会・歴史・宗教等の学修に関心と意欲を持っている人
    • (2)基礎的な学力を有し、外国語の学修に関心と意欲を持っている人
    • (3)文化を理解し適切に伝えることで、諸外国の人々と国際的な交流を深めたいと思っている人
  3. 3.高校までの能力に対する評価(選抜方法)
    本学科では多様な入学試験を実施することにより、
    • (1)高等学校までの学習を通じて大学での学びに必要な基礎学力を身につけた人
    • (2)世界の様々な文化や価値観の違いについて考えることに関心を持っている人
    • (3)外国語の修得に強い関心を持っている人
    • (4)文化間の交流に貢献しようと考えている人
    • を受け入れます。

このページのトップへ

日本文化学科

教育研究上の目的

日本文化学科は、日本語の高度な運用能力、日本語や日本文化についての包括的な知見、さらには日本文化を世界的な視野のもとに位置づけることのできる国際的な教養を身につけた、多文化共生社会の担い手となる人間の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、国際日本学部日本文化学科では、学生が、
(1)日本語の構造や機能を理解し、その高度な運用能力を修得すること
(2)伝統文化から現代文化までの多彩な日本文化を包括的に理解すること
(3)国際的な教養を修得し、日本文化を世界的に位置づけられる広い視野を獲得すること
(4)異文化を理解し、多文化共生社会を築いていける豊かな人間性を身につけること
を、教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学科のカリキュラムにおいて、所定の卒業要件単位を修得した者は、次に掲げる能力や知識・教養を身につけていると判断され、学士(文学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)社会の変化に対応しながら問題を発見・解決することができる能力を身につけている。
    • (2)情報の収集・分析・発信のための高度な日本語の運用能力を身につけている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)外国語の基礎的な運用能力を身につけている。
    • (2)日本文化をより広い視野のもとに位置づけることのできる国際的な教養と感性を身につけている。
    • (3)日本文化を理解し適切に伝える異文化間コミュニケーション能力を身につけている。
    • (4)多文化共生社会を築いていける豊かな人間性を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)日本語および日本文化についての専門的知識を身につけている。
    • (2)日本文化の担い手として、多文化共生社会に寄与できる専門的な知識と技能を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学科は、日本語の高度な運用能力と日本語・日本文化についての包括的な知見を修得するとともに、国際的な教養を身につけることができるように、以下のような学修・教育課程を編成し、教育・評価を行っています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)世界や日本の現状を知り、多様な視点から考察することができる素養を身につける学部教養科目
    • (2)さまざまな様態の日本文化について自らの力で学び研究していく能力を育成する、少人数教育による双方向型の演習・ゼミナール科目
    • (3)日本語・日本文学・日本文化に関する専門的知識を領域や時代を横断して幅広く修得しつつ、文化事象を批判的に解釈・分析する力を身につけるための日本語学科目、日本文学科目、文化・表象科目
    • (4)隣接領域の知識を深め、日本文化に関する知見を相対化するための日本文化発展科目
    • (5)人間・社会・自然等にかかわる諸問題について広い視野を獲得する教養系科目
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)演習・ゼミナールでは、少人数・双方向型教育を徹底し、1年次に「FYS(ファースト・イヤー・セミナー)」と「文章表現演習」、2年次に「文献講読演習」、3年次に「日本語学・日本文学演習」と「ゼミナール」、4年次に「卒業研究」を配置することによって、学生が専門的知識を段階的に修得できるように指導し、自ら情報を収集・分析・発信する能力を育成します。
    • (2)日本語・日本文化について幅広く学ぶ展開科目では、領域や時代を横断した多角的な学びが可能になるように履修指導を行い、また学生が積極的に学修に参加できるようアクティブ・ラーニングを実践します。
    • (3)単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準を明確化し、成績評価を厳格化しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学教育によって培う能力
    • (1)日本語の構造や機能を理解し、それを高度に運用する能力
    • (2)伝統文化から現代文化までの多彩な日本文化を包括的に理解する能力
    • (3)国際的な教養を修得し、日本文化を世界的な視野のもとに位置づけられる能力
    • (4)異文化を理解し、多文化共生社会を築いていける能力
  2. 2.本学科の求める入学者
    • (1)基礎的な学力を有し、日本語・日本文化についての学修に関心と意欲を持っている人
    • (2)日本文化の継承・発展に貢献したいと思っている人
    • (3)世界の中で日本文化が果たすべき役割について考えたいと思っている人
  3. 3.高校までの能力に対する評価(選抜方法)
    本学科では多様な入学試験を実施することにより、
    • (1)高等学校までの学習を通じて大学での学びに必要な基礎学力を身につけた人
    • (2)日本語・日本文化について関心を持っている人
    • (3)日本文化の継承・発展に貢献したいと思っている人
    • (4)多文化共生社会を築いていきたいと考えている人
    • を受け入れます。

このページのトップへ

歴史民俗学科

教育研究上の目的

歴史民俗学科は、日本の歴史と民俗に関する理解を深め、アジアを中心とした国際的な視点から位置づけるとともに、歴史民俗資料の収集・整理・保存及び活用を可能とする能力を身につけ、歴史と民俗の継承、地域文化の創生、地域社会の活性化に積極的に寄与する人間の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、国際日本学部歴史民俗学科では、学生が、
(1)資料実習やフィールドワークなどを通して日本の歴史と民俗を多角的かつ総合的に理解すること
(2)アジアを中心とした国際的な視点から日本の歴史と民俗を位置づけられること
(3)歴史民俗資料の収集・整理・保存及び活用の技能を身につけること
(4)歴史と民俗の継承、地域文化の創生、地域社会の活性化の担い手となること
を、教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学科のカリキュラムにおいて、所定の卒業要件単位を修得した者は、次に掲げる能力や知識・教養を身につけていると判断され、学士(文学)が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)社会の変化に対応しながら問題を発見・解決することができる能力を身につけている。
    • (2)情報の収集・分析・発信の能力を身につけている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)外国語の基礎的な運用能力を身につけている。
    • (2)国際的な教養を身につけ、歴史と民俗を中心に日本の文化をより広い視野のもとに位置づける国際的感性を身につけている。
    • (3)歴史と民俗を中心に日本の文化を理解し適切に伝える文化間コミュニケーション能力を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)日本の歴史と民俗についての専門的知識を身につけている。
    • (2)歴史民俗資料を収集・整理・保存及び活用する専門的知識と技能を身につけている。
    • (3)日本の歴史と民俗の継承の担い手として地域社会の振興に寄与できる専門的な知識と技能を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学科は、日本の歴史と民俗を多角的かつ総合的に理解するとともに、歴史民俗資料の収集・整理・保存及び活用の技能を修得して地方文化の創生、地域社会の活性化に寄与できるように、以下のような学修・教育課程を編成し、教育・評価を行っています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)世界や日本の現状を知り、多様な視点から考察することができる素養を身につける学部教養科目
    • (2)日本の歴史と民俗についての専門的知識を修得しつつ、自ら歴史民俗資料を収集・分析・発信する能力を育成する、少人数教育による双方向型の演習・ゼミナール科目
    • (3)日本の歴史と民俗を客観的・実証的に理解するために、歴史民俗資料の整理・読解やフィールドワークを実践する実習科目
    • (4)日本の歴史と民俗に関する専門的知識を時代や領域を横断して幅広く修得し、多角的かつ総合的に分析・解釈する視点と方法を身につける歴史分野・民俗分野の展開科目
    • (5)歴史民俗資料を文化資源として地域社会の振興や文化交流など社会に活用する幅広い視点と多様な方法を身につける文化創生分野の展開科目。
    • (6)人間・社会・自然等にかかわる諸問題について広い視野を獲得する教養系科目
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)演習・ゼミナールでは、少人数・双方向型教育を徹底し、1年次に「FYS(ファースト・イヤー・セミナー)」と「基礎演習」、2年次に「専門演習」と「プレゼミナール」、3年次に「ゼミナール」、4年次に「卒業研究」を配置することによって、学生が専門的知識を段階的に修得できるように指導し、歴史民俗資料を自ら収集・分析・発信する能力を育成します。
    • (2)実習科目では、1年次に「歴史民俗資料入門」、2年次以降に日本史の各時代を対象とする「歴史史料実習」、2・3年次に民俗調査の方法を学び調査を行う「民俗調査実習」を配置することによって、歴史民俗資料を収集・整理・保存及び活用するための実践的な能力を育成します。
    • (3)日本の歴史と民俗、その学知を文化資源として社会に活用する文化創生について、隣接諸分野も取り込んで幅広く学ぶ展開科目では、時代や領域を横断した多角的かつ総合的な学びが可能になるように履修指導を行い、またアクティブ・ラーニングを活用し、学生が積極的に参加できる方法を採ります。
    • (4)単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準を明確化し、成績評価を厳格化しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学教育によって培う能力
    • (1)日本の歴史と民俗について多角的かつ総合的に理解する能力
    • (2)国際的な視点に立って、日本の歴史と民俗を適切に位置づけられる能力
    • (3)歴史民俗資料を収集・整理し、適正に保存することができる実践的な能力
    • (4)歴史民俗資料を文化資源として活用して、地域文化の創生、地域社会の活性化の担い手となる能力
  2. 2.本学科の求める入学者
    • (1)基礎的な学力を有し、歴史と民俗を中心に日本文化についての学修に関心と意欲を持っている人
    • (2)歴史民俗資料の調査やフィールドワークに興味を持ち、収集・整理・保存の実践的な技能を身につけたいと思っている人
    • (3)日本の歴史と民俗を文化資源として活用して、地方文化の創生、地域社会の活性化に寄与したいと考えている人
    • (4)世界と日本の文化交流に興味を持ち、世界の中で日本文化が果たすべき役割について考えたいと思っている人
  3. 3.高校までの能力に対する評価(選抜方法)
    本学科では多様な入学試験を実施することにより、
    • (1)高等学校までの学習を通じて大学での学びに必要な基礎学力を身につけた人
    • (2)歴史と民俗を中心に日本文化について関心を持っている人
    • (3)歴史民俗資料を文化資源として活用して、地方文化の創生、地域社会の活性化に寄与したいと考えている人
    • を受け入れます。

このページのトップへ