一般入試(2022年度)

概要

大学卒業あるいは卒業見込み等の一般的な応募資格者を対象とした入試です。
博士前期(修士)課程は、広い視野に立って精深な学識を授け、専攻分野における研究能力または高度の専門知識を要する職業等に必要な高度の能力を養うことを目的としています。
博士後期(博士)課程は、専攻分野について研究者として自立して研究活動を行い、またはその他の専門的な業務に従事するために必要な高度の研究能力およびその基礎となる豊かな学識を養うことを目的としています。

出願資格

博士前期課程

次の1~8の要件のいずれかを満たす者。

  1. 大学を卒業した者または2022年3月までに卒業見込みの者。
  2. 学校教育法第104条第7項の規定により学士の学位を取得した者または取得見込みの者。
  3. 外国において学校教育における16年の課程を修了した者または修了見込みの者。
  4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を日本において履修することにより、当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者または修了見込みの者。
  5. 日本において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者及び2022年3月までに修了見込みの者。
  6. 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であること。その他、文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者。
  7. 文部科学大臣の指定した者。(昭和28年文部省告示第5号)
  8. 本大学院において、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者。

(注)

  • 上記の出願資格8によって出願する者には、事前審査を行います。詳細については、本学ホームページ「神奈川大学大学院入学資格審査要項」で確認してください。
  • 学校教育法第104条第7項の規定により学士の学位を取得した者とは、大学改革支援・学位授与機構により学士の学位を授与された者のことです。
  • 理学研究科で10月入学者入試に出願する者は、2021年9月までに上記の資格を満たす者とします。なお、出願資格1及び5における「2022年3月まで」の表記は「2021年9月まで」と読み替えるものとします。
  • 中国において自学考試制度により、学位を取得した者については出願資格8による入学資格審査を行うものとする。

博士後期課程

次の1~6の要件のいずれかを満たす者。

  1. 修士の学位または専門職学位を有する者あるいは2022年3月までに修士の学位または専門職学位を取得見込みの者。
  2. 修士の学位と同等以上の外国の学位または専門職学位と同等以上の外国の学位を有する者あるいは取得見込みの者。
  3. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を日本において履修することにより、修士の学位または専門職学位に相当する学位を授与された者あるいは授与見込みの者。
  4. 日本において、外国の大学院の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了し、修士の学位または専門職学位に相当する学位を授与された者あるいは授与見込みの者。
  5. 文部科学大臣の指定した者。(平成元年文部省告示第118号)
  6. 本大学院において修士の学位または専門職学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者。

(注)

  • 上記の出願資格6によって出願する者には、事前審査を行います。詳細については、本学ホームページ「神奈川大学大学院入学資格審査要項」で確認してください。
  • 理学研究科で10月入学者入試に出願する者は、2021年9月までに上記の資格を満たす者とします。なお、出願資格1における「2022年3月まで」の表記は「2021年9月まで」と読み替えるものとします。