ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

教育の方針と課程 神奈川大学の教育研究上の目的と基本方針、教育課程と学修に関する情報を公表しています。

外国語学部

教育研究上の目的

本学部は、国際都市横浜に立地する学部として、外国語の実践的な運用能力を高め、諸外国の社会及び歴史等、異文化についての理解を深めるとともに、異文化間の相互理解と文化交流を行える国際的な教養を身に付けた人材の育成を目的とする。

教育目標

外国語学部では、本学の教育目標及び本学部の教育研究上の目的等を踏まえ、実践的な外国語運用能力と対象地域の諸分野に関する知識の獲得を目指した専門教育を展開し、それらと初年次教育、キャリア教育、教養教育、言語教育を含む全学共通の基礎教育とを有機的に連関させることにより、国際的な文化交流の場で活躍し得る有為な人材の育成を目指します。
本学部の専門教育の特徴として挙げられる、少人数教育、双方向型教育、習熟度別クラス編成を活用して、国際的な場で行動する際に必須な情報収集と発信能力、およびコミュニケーション能力を涵養します。また、対象地域の言語・文化・社会・歴史の各分野について優れた研究業績と豊富な教育経験を有する教員の指導により、急速に変化する国際情勢にも柔軟に対応可能な、幅広い教養体系の構築を図ります。以上を教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学部のカリキュラム(全学共通の教養・外国語科目を含む)において、所定の卒業要件単位を修得した者は、次のような人物であると判断し、学士(文学)の学位を授与します。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)文化の異なる人々ともその違いを乗り越えて互いに尊重し、協調し合う態度を身につけている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)外国語の実践的な運用能力を身につけている。
    • (2)異文化コミュニケーション能力を身につけている。
    • (3)国際的な感性と幅広い教養を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)世界諸地域の言語・文化・社会・歴史についての専門的知識を備えている。
    • (2)情報収集と情報発信(プレゼンテーション)の能力を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学部は、外国語の実践的な運用能力、異文化コミュニケーション能力、国際社会に通用する専門的知識と幅広い教養、協調的な態度を総合的に修得することができるように、以下のような教育課程を編成しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)少人数による数多くの外国語演習を編成し、実施しています。
    • (2)世界諸地域の言語・文化・社会・歴史についての専門的知識を修得する専攻科目ならびにゼミナール・卒業研究を配置しています。
    • (3)初年次教育、キャリア教育を含む全学共通の教養教育と本学部の教育が有機的に連関するよう体系的な教育課程を編成し、実施しています。
  2. 3.教育の方法と評価
    • (1)外国語教育やゼミナールにおいて、少人数教育、双方向型教育を実施しています。
    • (2)外国語教育においては、習熟度別にクラスを編成し、個に応じた教育を実施しています。
    • (3)単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準を明確化し、成績評価を厳格化しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学教育によって培う能力
    本学部は、外国語の実践的な運用能力を備え、諸外国の文化、社会及び歴史を理解し、異文化間の相互理解と文化交流を行える、技能と知識、態度を身につけた人材を育成します。
  2. 2.本学部の求める入学者
    • (1)基礎的な学力を有し、外国語の学修に関心と意欲を持っている人。
    • (2)世界諸地域の言語・文化・社会・歴史に関心を持ち、諸外国の人々と国際的な交流を深めたいと思っている人。
    • (3)国際的な感性と幅広い教養を身につけたいと思っている人。
  3. 3.高校までの能力に対する評価(選抜方法)
    • (1)一般入試、給費生入試、大学入試センター試験利用入試では、外国語学部での学修に必要な基礎学力を、高等学校での学習の達成度をもとに判断します。
    • (2)推薦入試には指定校推薦入試と公募制推薦入試があります。指定校推薦入試では、勉学意欲に富み、指定校の学校長から推薦された人に対し、面接による選考を行います。公募制推薦入試では、外国語の運用能力向上に強い関心を持ち、その実績が顕著な人、外国の文化や歴史に強い興味と関心がある人、また発信すべき文化・芸術等の素養がある人に対し、小論文、面接等による選考を行います。

英語英文学科

教育研究上の目的

英語英文学科は、英語の実践的な運用能力を高め、英語圏の言語・文化・社会・歴史などについての理解を深めるとともに、異文化間の相互理解・文化交流に尽力し得る国際的な教養を身に付けた人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、外国語学部英語英文学科では、異文化間の相互理解と経済・文化交流の促進、また英語教育において活躍できる人材を育成するために、初年次教育、キャリア教育、教養教育と関連させた段階的・体系的なコミュニケーション重視の課程を編成し、4年間の学修を通じて新たな知識を得て教養を深め、自己表現のツールとして英語を使えるようになるための高い英語運用能力を涵養します。
本学科が展開する専門教育では、英語学、英語教育、英語圏文学、英語圏文化の4領域を網羅した課程に基づき、英語圏の言語・文化・社会・歴史について深く理解するとともに、言語や文化の多様性と普遍性についての見識を高めます。また、少人数による専門研究を通して、情報リテラシーとプレゼンテーション能力を高め、国際化の環境の中で様々な課題に取り組み、自らの考えを発信することができる能力を涵養します。以上を教育目標と定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学科のカリキュラム(全学共通の教養・外国語科目を含む)において、所定の卒業要件単位を修得した者は、次に掲げる能力や知識・教養を身につけていると判断し、学士(文学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)思考とコミュニケーションの基盤である言語の本質、その創造性と表現技法を理解し、社会生活において効果的な言語活動を行う能力を身につけている。
    • (2)母語のみならず英語を主とした外国語の実践的運用能力を用いた情報収集と情報発信ができる能力を身につけている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)文化的背景の異なる人々と協働して問題解決を図るための国際共通語としての英語の高度な運用能力を身につけている。
    • (2)文化や価値観の多様性を受容できる柔軟な思考力と幅広い教養を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)英語や英語圏の文化・社会・歴史についての専門的学修を通して、人類の普遍性と多様性について深い洞察力を持ち、国際化、グローバル化の中で責任ある役割を果たすことができる能力を身につけている。
    • (2)英語教育や異文化間交流の推進に必要な知識と技能を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学科は、文化の多様性を受容し、世界の人々と問題解決に向けて協働することができる柔軟な思考力、英語の実践的な運用能力、異文化コミュニケーション能力、国際化が進む社会で求められ、活用できる専門的知識、技能と幅広い教養を総合的に修得することができるように、以下のような学修・教育課程を編成しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1) 1、2年次には、ネイティブ・スピーカーによる少人数編成の授業や、CALL教室を活用した演習等を通して、専門分野の学修を支える英語の基礎的なコミュニケーション能力を養成する。
    • (2) 3、4年次には、コミュニケーション科目で英語による表現能力のさらなる向上を図りながら、「英語学・英語教育コース」、「英語圏文学コース」、「英語圏文化コース」の3つのコースから自己の興味に合ったコースを選択し、様々な講義科目、演習科目を通して、国際社会に通用する専門的な知識・技能を育成する。
    • (3)全学共通の教養・外国語科目を幅広く学ぶことで、国際的な視野を養成する。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)教育課程の実施にあたっては、1年次の「FYS(ファースト・イヤー・セミナー)」及び「英語研究入門」から2年次以降4年次までの「基礎研究」、「専門研究」、「卒業論文」を通して少人数教育を徹底し、学生が自らのテーマについてプレゼンテーションを行い議論する活動の中で、学生の問題発見能力、思考力、発信力を培う。また、3、4年次のゼミナール「専門研究」「卒業論文」では、同一教員が継続して少人数編成の専門研究指導を行うことで、専門知識・技能を育成する。
    • (2)英語運用能力の向上を主たる目的とした専攻基礎科目群では科目責任者を中心に、各科目で統一の到達目標を定め、成績評価の基準を明らかにしている。
    • (3)単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準を明確化し、成績評価を厳格化しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学教育によって培う能力
    • (1)本学科は、文化の多様性を受容し、世界の人々と問題解決に向けて協働することができる柔軟な思考力、英語の実践的な運用能力、異文化コミュニケーション能力、国際化が進む社会で求められ活用できる専門的知識、技能と幅広い教養を備えた人材を育成します。
  2. 2.本学科が求める入学者
    • (1)英語等の基礎学力を有し、英語という言語についてより深い知識とより高い技能の獲得をめざしている人
    • (2)英語圏の文化・社会・歴史等に関心を持ち、異なる言語や文化背景を持つ人々と国際的な交流を深めたいと思っている人
    • (3)将来、英語によるコミュニケーション能力を生かして社会に貢献したいと願っている人
    • (4)国際的な感性と幅広い教養を身につけたいと思っている人
  3. 3.高校までの能力に対する評価(選抜方法)
    • (1)本学科では多様な入学試験を実施することにより、高等学校までの学習を通じて大学での学びに必要な基礎学力を身に付け、また、英語圏をはじめとした世界の様々な文化や価値観の違いについて探究し思索することに関心を持ち、 様々な人々と協働して社会貢献しようという自主性とそのために必要な英語の高度なコミュニケーション能力の習得に対して強い意欲と積極性のある人を受け入れます。

このページのトップへ

スペイン語学科

教育研究上の目的

スペイン語学科は、スペイン語を修得し、スペイン語圏の言語・文化・社会・歴史などに関する専門的知識を身に付け、世界で活躍し得る人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、外国語学部スペイン語学科では少人数編成を徹底させ、合わせてネイティブ教員を多数配置して初習スペイン語の習得を目指し、加えてスペインとラテン・アメリカ諸国の文化との接触の機会を広めることを教育目標として定めます。
現在、スペイン語はラテン・アメリカ諸国を含んでその使用人口は4億を越える重要な言語であることを鑑み、スペイン語を使って世界に飛躍できる人物を育てることを第一義とします。 そのためスペイン語の徹底した読解力と文章能力を基礎から高度の段階にまで高めることを目指し、同時に言語学、スペインとラテン・アメリカの双方を視野に収めた文学、同じく歴史、文化などの講座を充実させてバランスよく配置し、スペイン語圏諸国の文化、歴史、経済、政治等のあらゆる分野に渡る知識の吸収を促します。また実践的なスペイン語の運用能力の習得を図り、あわせて英語運用能力の重要性をも勘案して「英語コミュニケーション特修副専攻」等を設けており、これによって積極的に英語力の獲得をも奨励して広範な見識と語学力、文化知識を備えた人物を育成することを教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学科のカリキュラムにおいて、所定の卒業要件単位を修得した者は、次に掲げる能力や知識・教養を身につけていると判断し、学士(文学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)社会で生きていくために必要な幅広い知識と教養を身につけている。
    • (2)社会に対する知的関心および異文化を理解しようとする能力を身につけている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)外国語の運用能力と異文化理解の能力を身につけている。
    • (2)社会に対応する情報収集および発信・表現(プレゼンテーション)の能力を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)スペイン語の実践的な運用能力を身につけている。
    • (2)スペイン語圏の言語・文化・社会・歴史等に関する専門的知識を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学科は、実践的なスペイン語能力、スペイン語圏の文化・社会・歴史等についての専門的知識と幅広い教養を総合的に修得することができるように、以下のような学修・教育課程を編成しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)スペイン語を修得するための、科目に応じた少人数制や習熟度別クラスを取り入れた日本人教員とネイティブ教員の協力による演習科目群
    • (2)スペイン語圏の言語・文化・社会・歴史等に関する知識を深めるための専門科目群とゼミナール群
    • (3)「英語コミュニケーション特修副専攻」による英語力強化のための科目群
    • (4)諸問題を整理し考察する能力を養成する教養系科目群
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)初年次のFYS(ファースト・イヤー・セミナー)および演習科目から2年次以降4年次までの演習科目、講義科目、ゼミナールにおいて、順次性に配慮をしつつ、少人数教育の徹底を図ります。
    • (2)学生の理解力や問題発見能力の増進を図ります。
    • (3)単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準を明確化し、成績評価を厳格化しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学教育によって培う能力
    • (1)本学科は、異文化理解の資質を向上させるとともに、スペイン語の実践的な運用能力とスペイン語圏の言語・文化・社会・歴史等に関する知識と教養を備えた人材を育成します。
  2. 2.本学科の求める入学者
    • (1)スペイン語に興味があり、スペイン語の修得をめざす人
    • (2)スペイン語圏の言語・文化・社会・歴史等について関心を抱き、世界で活躍したいと思っている人
    • (3)スペイン語の修得に加え、英語力をさらに強化したいと思っている人
    • (4)国語・英語等の基礎学力を有し、幅広い知識と教養を身につけたいと思っている人
  3. 3.高校までの能力に対する評価(選抜方法)
    • (1)高等学校までの学習を通じ、大学での学びに必要な基礎学力を身に付けていること、スペイン語圏をはじめとする世界中の多種多様な文化や価値観の相違について考察することに深い関心を抱いていること、地球上の様々な人たちと共生し、グローバル社会において貢献しようという自主性を持ち、かつ、そのために求められるスペイン語の高度なコミュニケーション能力の習得に対する熱意や意欲を有すること、それらを評価するべく本学科では多様な入学試験を実施します。

このページのトップへ

中国語学科

教育研究上の目的

中国語学科は、高度な中国語運用能力を身に付けるとともに、中国の言語・社会・文化・歴史について深く専門的に学び、日中間の経済と文化交流の場で活躍できる人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、外国語学部中国語学科では、多様かつ体系的に構成された課程に基づき、実践的な中国語運用能力と中国の諸分野に関する知識の獲得を目指した専門教育を展開しつつ、初年次教育、キャリア教育、教養教育、言語教育を含む全学共通の基礎教育と有機的に連関させることにより、4年間の学習を通じて習得した能力と知識を活用して、日中間の経済・文化交流の場で活躍し得る有為な人材を育成します。
本学科で展開する専門教育では、外国語学部における教育の特徴である、少人数教育、双方向型教育、習熟度別クラス編成によって、社会での活躍のために必須となる表現能力およびコミュニケーション能力を涵養します。また、中国の言語・歴史・社会文化の各分野について優れた研究業績と豊富な教育経験を有する教員の指導により、ダイナミックに変化する世界の中で、日本と中国の関係を巨視的観点から捉えるための幅広い教養体系の構築を図ります。以上を教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学科のカリキュラム(全学共通の教養・外国語科目を含む)において、所定の卒業要件単位を修得した者は、次に掲げる能力や知識・教養を身につけていると判断し、学士(文学)が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)幅い知識・教養を身につけ、自立した市民として行動できる実践力を身につけている。
    • (2)良識ある市民としての判断力を身につけている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力。
    • (1)世界の中での日本と中国という視点を持ち、両国間さらにはアジアの経済と文化交流の場で活躍できる素養を身につけている。
    • (2)中国と日本の歴史的な深い関係を踏まえ、両国関係の正常な発展に資するコミュニケーション能力を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)中国の言語、歴史、政治、経済、社会、文化のいずれか、もしくは複数の分野に関する専門的な知識を身につけている。
    • (2)中国語の実践的な運用能力を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学科は、中国語の実践的な運用能力、中国に関連する専門知識、日本と中国、アジアに関連する教養を総合的に修得することができるように、以下に掲げる方針に基づき、教育課程を編成し、教育にあたっています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)中国語の運用能力を効率よく高めるために、1年次から体系立った中国語演習科目を提供します。
    • (2)中国の言語、歴史、政治、経済、社会、文化に関連する専門知識を修得するために、基礎的方面として概説科目を1~2年次で、発展的方面として特講科目を3年次で提供します。
    • (3)4年間を通じた中国語および中国に関する専門知識の総合的学修を企図して、卒業論文を必修科目として設置します。
    • (4)多様な学生の受け入れを考慮したコース制(言語コース・社会文化コース)を設置します。
    • (5)幅広い教養を身につけるために、「FYS(ファースト・イヤー・セミナー)」やキャリア教育を含む共通教養教育を組み込みます。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)中国語演習科目は少人数によるクラスを編成し、運用能力およびコミュニケーション能力の向上をはかります。
    • (2)概説・特講の講義科目は中国に関連する専門知識の修得過程において求められるレポートや発表等における書面および口頭による表現能力を涵養します。
    • (3)卒業論文においては、学科専任教員が開講する専門ゼミナールに3年次から所属し、指導教員の指導の下、情報の収集・整理・分析、調査報告、議論等の研究の基礎を養います。
    • (4)海外実習、スピーチコンテスト等、カリキュラム外のプログラムを活用し、カリキュラムによって獲得できる各能力をさらに積み上げる機会を提供します。
    • (5)単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準を明確化し、成績評価を厳格化しています。成績評価を公正にするため、前後期各学期末に、成績判定会議を行うなど、教員間の合意形成をはかります。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学教育によって培う能力
    • (1)本学科は、中国語の実践的な運用能力と中国に関連する専門知識を身に付け、社会で求められるコミュニケーション能力と自己表現力を備え、日本と中国、さらにはアジアへと向かう広い視野を持ち、広く経済・文化交流の場で活躍する人材を育成します。
  2. 2.本学科の求める入学者
    • (1)国語、英語等の基礎学力を有し、中国語の学修と中国の言語、文化、歴史等に関心を持っている人
    • (2)日本と中国、アジアの経済・文化交流の場で活躍したいと思っている人
  3. 3.高校までの能力に対する評価(選抜方法)
    • (1)本学科では多様な入学試験を実施することにより、高等学校での学習を通じて大学での学びに必要な基礎学力を身に付け、また、実践的な中国語運用能力や中国に関する専門知識の修得とそれを活用した社会への貢献に強い関心を持ち、コミュニケーションに対する積極性と自主的行動力を有する学生を受け入れます。

このページのトップへ

国際文化交流学科

教育研究上の目的

国際文化交流学科は、英語などの外国語の実践的運用能力を高め、日本文化ならびに異文化への理解を深めながら、異文化間の相互理解と交流に貢献する人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、外国語学部国際文化交流学科では、学生が、英語等の外国語の運用力を伸張でき、世界の言語・文化・社会・歴史等について広範な知識を得られ、日本文化の特徴を十分に認識でき、少人数クラスでコミュニケーション能力を伸ばせるような教育を受けることにより、自文化と異文化の違いをよく理解し、異文化に寛容で、文化の相違を越えて意思疎通と交流のできる人へと成長することを、教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学科のカリキュラムにおいて、所定の卒業要件単位を修得した者には、次に掲げる能力や知識・教養を身につけていると判断し、学士(文学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)社会の変化に対応しながら問題を発見・解決することができる能力を身につけている。
    • (2)情報の収集・分析・発信の能力を身につけている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)英語の実践的で十分な運用能力、及びそれ以外の外国語の運用能力を身につけている。
    • (2)日本文化の発信力を含む異文化コミュニケーション能力を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)日本ならびに世界の文化についての専門的知識を身につけている。
    • (2)人間・社会・自然等にかかわる諸問題についての幅広い教養を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学科は、文化交流において国際社会に通用する素養を総合的に修得することができるように、以下のような学修・教育課程を編成し、教育・評価しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)専門的知識を修得しつつ、自ら情報を収集・分析・発信する能力を育成する双方向型の演習科目群
    • (2)実践的なコミュニケーション能力を身につける外国語演習科目群
    • (3)日本ならびに世界の文化そして異文化間の交流についての専門的知識を修得する専攻科目群
    • (4)文化交流を支える基礎的な知識を自らの興味に合わせて履修する専攻科目群
    • (5)人間・社会・自然等にかかわる諸問題について広い視野を獲得する教養系科目群
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)演習科目については少人数教育を徹底し、初年次の「FYS(ファースト・イヤー・セミナー)」及び「基礎演習」から2年次以降4年次にいたるまで専門演習、ゼミナール、卒業研究を配置することによって、学生が専門的知識を段階的に修得しつつ、自ら情報を収集・分析・発信する能力を育成する。外国語演習科目群についても少人数教育を徹底し、実践的なコミュニケーション能力を育成します。
    • (2)単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準を明確化し、成績評価を厳格化しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

本学科は、国際化の時代に対応するために、外国語の運用能力を高め、日本文化・異文化の理解を深めながら、異文化交流のための素養を修得するという教育目的に照らして、以下のような勉学意欲に溢れる人を受け入れます。

  1. 1.大学教育によって培う能力
    • (1)外国語(英語及びスペイン語・ドイツ語・フランス語・ロシア語・韓国語・中国語)の運用能力を育成します。
    • (2)日本文化の発信力を含む異文化コミュニケーション能力を育成します。
    • (3)日本ならびに世界の文化についての専門的知識を育成します。
  2. 2.本学科の求める入学者
    • (1)基礎的な学力を有し、外国語(英語及びスペイン語・ドイツ語・フランス語・ロシア語・韓国語・中国語)の学修に関心と意欲を持っている人
    • (2)日本ならびに世界諸地域の言語・文化・社会・歴史や地球全域にかかわる諸問題に関心を持ち、日本文化の発信を行う等して、諸外国の人々と国際的な交流を深めたいと思っている人
    • (3)世界の諸問題についての幅広い教養を身につけたいと思っている人
  3. 3.高校までの能力に対する評価(選抜方法)
    • (1)本学科では多様な入学試験を実施することにより、 高等学校までの学習を通じて大学での学びに必要な基礎学力を身に付けた人、英語をはじめとする多様な言語の習得に強い関心を持つ人、 コミュニケーション能力の習得に対して強い意欲と積極性のある人、 世界の様々な文化や価値観の違いについて考えることに関心を持つ人、そして、 国際的な交流を通じて社会に貢献をしようと考えている人を受け入れます。