ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

教育力向上への取組み 神奈川大学教育研究水準の向上のための取組みや、各種評価・改善活動に関して公表しています。

国際常民文化研究機構

文部科学省共同研究拠点の整備の推進事業への取組み

私立大学に蓄積された人的・物的資源を活用し、人文学及び社会科学分野における共同研究拠点の整備を私立大学などにも拡大することを目的に行っている事業です。本学では、日本常民文化研究所が申請した「国際常民文化研究機構」が共同研究拠点として採択され、2009年8月から2014年3月まで事業を推進。
2014年4月より、文部科学省の共同利用・共同研究拠点としての認定を受け活動しています。

国際常民文化研究機構について

 国際常民文化研究機構は、神奈川大学日本常民文化研究所を母体にして、文部科学省「平成21年度人文学及び社会科学における共同研究拠点の整備の推進事業」(現「特色ある共同研究拠点の整備の推進事業」)で認定され2009年8月3日発足した共同研究拠点です。グローバル化した国際社会にあって、等身大の生活文化を総合的に調査・研究・分析する方法論の確立を目指し、多文化共生の道を探ります。

  国際常民文化研究機構は、長年にわたる日本常民文化研究所の漁業制度史・民具研究を中心とした研究実績を踏まえさらにその展開を図り、また創設者・渋沢敬三の「ハーモニアスデヴェロープメント」精神を受け継いで、国内外の研究者に広く「常民文化」研究の史資料と場、機会を提供していきます。

 なお、本機構では2013年度をもって、委託事業を終了し、「A:設定された目的は概ね達成された」との評価を得ることができました。引き続き、「共同利用・共同研究拠点」として再認定され、第2期の活動を開始しています。