ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

社会への貢献 本学は建学の精神に基づき、時代と社会の付託に応え、地域社会及び社会に開かれた大学の実現を目指しています。

全国高校生俳句大賞・全国高校生理科科学論文大賞

本学では独自に「神奈川大学全国高校生俳句大賞」、「神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞」を開催しています。

全国高校生俳句大賞

「神奈川大学全国高校生俳句大賞」は、1998年本学創立70周年を記念して創設したもので、日本の伝統的な短詩型文学の「俳句」をとおして、高校生の独自の感性で表現する機会を提供し、高校生文化発信への寄与を目指しています。
毎年3月には地域住民の方々も参加できるシンポジウム・授賞式を開催するとともに入賞作品は『17音の青春 五七五で綴る高校生のメッセージ』として出版し、広く社会に公開しています。

全国高校生理科・科学論文大賞

理科離れや学力低下が叫ばれるなか、高校生の理科に対する興味と学習意欲を高め、高等学校の理科教育を支援する目的で2002年に「神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞」を創設し、全国の高校生を対象に、理科・科学に関する研究や実験、観察、調査の成果についての論文を募集し、受賞者による論文発表の場を設けることで、高校生のさらなる研究を促しています。
受賞作品は、高校生の独創的な発想や成果が、未来を担う科学者となる可能性に期待し、受賞作品集『未来の科学者との対話』として出版し、「神奈川大学全国高校生俳句大賞」と同様に、広く社会に公開しています。