ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

教育の方針と課程 神奈川大学の教育研究上の目的と基本方針、教育課程と学修に関する情報を公表しています。

工学部

教育研究上の目的

本学部は、本学が規範とする教育理念の下にあって、人間社会と自然界によりよい環境をもたらすように工学的所産を開発・活用し得る、深い専門知識と幅広い教養をも併せ持つ技術者を育成すると共に、主体性・実践力をもって社会に奉仕できる人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学部の教育研究上の目的等を踏まえ、工学部では、主体性・実践力をもって社会に奉仕できる技術者の育成を、その教育の究極の目標としています。
現在、我が国は、グローバル化による激しい国際競争、経済の低迷、少子高齢化、環境問題、資源問題、エネルギー問題等の様々な困難に直面しています。その中にあっても、今後も科学技術創造立国として生きていかなければならない状況に変わりはありません。豊かで持続可能な社会の構築のためには、これまで以上に工学技術者の役割が大きくなることが予想されます。工学技術者には、幅広い教養と確かな工学の基礎的知識、新しい時代に必要とされる専門的かつ体系的な知識を、論理的な思考で自在に活用する能力が必要とされます。さらに、その実践においては社会的責任感と倫理観を常に自覚することが求められます。また、国内外において技術者が、複合的な領域で協働を行うためにはコミュニケーション能力を身につけていることも必須とされます。生涯にわたり、社会の変化や常に新しくなる技術に柔軟に対応するためには自ら継続的に学習し続ける能力も身につけていなくてはなりません。
本学部では、各学科・プログラムの体系化されたカリキュラムを通して、広く社会の発展に貢献できる工学技術者に必要とされる知識と能力を身につけさせることを教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学部のカリキュラムにおいて、所定の卒業要件単位を修得した者は、次に掲げる能力や資質を身につけていると判断し、学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)社会・自然の動きに絶えず関心を持って鋭敏な問題意識を醸成する能力を身につけている。
    • (2)自然、社会や人間の関わりを理解し、技術者としての倫理、論理的な思考力を身につけている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)幅広い教養と外国語能力を身につけ、自己表現能力を身につけている。
    • (2)日本の技術のオリジナル性を理解し、他国の技術の特性を考察する能力を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)社会と自然に対する技術者としての工学の基礎的知識と専門知識を身につけている。
    • (2)社会と自然に対する技術者としての倫理を持ち、社会と工学の進歩に貢献する思考と能力を身につけている。
    • (3)特定の工学領域や先端的な領域に造詣が深い。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学部では、広く工学の諸問題に、積極的に挑み解決して行こうという姿勢をもつ人材を育成するため、以下に示した方針で教育課程を編成しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)全学共通の教養教育及び外国語教育と工学部各学科・コースの導入教育等を有機的に連関させることにより、幅広い教養と専門性を培うとともに必要かつ十分な基礎学力を身につけることができるように編成しています。
    • (2)実験、演習、卒業研究といった体験型学修を毎年度に配置し、講義などで修得した専門的基礎知識の洞察、課題解決力を体系的に身につけることができるように4年間のカリキュラムを編成し、実施しています。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)教育課程の実施にあたっては、初年次の「FYS(ファースト・イヤー・セミナー)」から演習や実験、輪講といった少人数教育・双方向型教育を徹底し、学生が自ら調べ、発表し、議論することを通して、問題発見能力・課題解決能力・説得力やコミュニケーション能力を培っています。
    • (2)単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準を明確化し、成績評価を厳格化しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学教育によって培う能力
    • (1)本学部は、社会・文化・自然に関する幅広い視野と教養、並びに工学の基礎的知識と専門知識を学修し、技術者としての倫理をもち、論理的な思考力、自己表現能力、コミュニケーション能力等を身につけ、社会並びに工学の進歩に寄与できる人材を育成します。
  2. 2.本学部の求める入学者
    • (1)工学部での学修に必要な基礎学力を十分に備えている人
    • (2)向学心が強く、自主的・創造的に学ぶ姿勢を有している人
    • (3)特定の工学領域や先端的な領域に強い関心を持っている人
    • (4)課外活動やボランティア等を通じ社会への貢献を積極的に行っている人
    • (5)自らの将来像や進路について深く考え、勉学への明確な目的意識を持っている人
  3. 3.高校までの能力に対する評価(選抜方法)
    • (1)一般入試、給費生試験、大学入試センター試験利用入試では、工学部での学修に必要な基礎学力を、高等学校での学習の達成度をもとに判断します。
    • (2)推薦入試には指定校制推薦入試、及び、学科によりAO入試と公募制推薦入試があります。指定校制推薦入試では、勉学意欲に富み、指定校の学校長から推薦された人に対し、面接により選考を行います。AO入試では、基礎的な学力を有し、広く科学に興味と熱意を持った意欲のある人に対し、課題レポート、基礎的な学力を確認する総合試験、面接等により選考を行います。また、公募制推薦入試では、受験生個々の多面的な能力や資質、明確な問題意識やプレゼンテーション能力を有する人に対し、筆記試験や面接等により選考を行います。特に、電気電子情報工学科では、環境や生活の観点から電気、電子、情報を学び、次世代を担う女性技術者として活躍する意欲に富んだ女子学生を積極的に受け入れることとしています。

機械工学科

教育研究上の目的

機械工学科は、本学及び本学工学部の教育理念の下に、工学上のさまざまな基盤技術の中核を成す機械工学に関わる研究を促進し、その過程や成果を通して幅広い教養と機械工学に関する深い専門知識を持ち、機械技術と人間、社会、環境との調和に配慮した「ものづくり」を実践できる人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、工学部機械工学科では、機械技術と人間、社会、環境との調和に配慮した「ものづくり」を実践できる人材の育成を、教育の最終の目標としています。
現在、日本はもとより世界的にも、これまでに遭遇したことがないような問題が多く生じてきています。機械技術の分野でも、これまでと異なる問題かつ今まで以上に、人と環境に配慮することが求められ、さらに、倫理、経済の面も考慮することが重要となってきています。これら複合的な問題に挑むためには、国内外を問わず、コミュニケーションに基づく連携が重要となってきます。したがって、これからの機械工学エンジニアには、コミュニケーション力が強く求められるとともに、これまでと同様に、アイデア力、プランニング力、遂行力などの個人力が不可欠になってきています。これらの能力の獲得により、社会に出てからも社会状況の変化に応じた能力の向上を自ら行い、社会での自分の役割をしっかりと果たすことが期待されています。
本学科では、講義型科目や実技型科目など適切に配置されたカリキュラムを通して、これらの能力を涵養していくことを教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学科の教育理念の下に、定められたカリキュラムにおいて、卒業要件単位を修得した者は、次に掲げる素養及び能力を有していると判定され、学士(工学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)社会・文化・自然等に関する教養を身につけている。
    • (2)幅広い視野と教養を背景として、機械工学が社会や環境に及ぼす影響を理解する能力や技術者としての倫理観を有している。
  2. 2.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)機械の仕組みや動作原理を理解するための基礎的知識を身につけている。
    • (2)機械やシステムを製作するための基礎的知識や技術を身につけている。
    • (3)機械工学に関する体系的知識や手法で機械やシステムを解析し設計する実践的能力を身につけている。
    • (4)継続的に新しい知識や技術を修得する能力を身につけている。
  3. 3.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)論理的な記述力・表現力、コミュニケーション能力を身につけている。
    • (2)英語でのコミュニケーションに必要な基礎能力を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学科では幅広い教養と機械工学に関する深い専門知識を持ち、機械技術と人間、社会、環境との調和に配慮した「ものづくり」を実践できる人材を育成するため、以下に示した方針で教育課程を編成しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)「FYS(ファースト・イヤー・セミナー)」により大学生としての資質を身につけ、積極的に学修に取り組む姿勢を育みます。さらに入学年次から卒業年次までの教養系科目の学修により、幅広い視野と教養、機械技術者として必要な倫理観を育成します。
    • (2)1年次に配置された数学・物理学の学修を通して、機械工学を学ぶために必要な計算力、考え方、知識等を育みます。また、機械の構成や設計・製作に関する基礎的な専攻科目を配置し、後に学修する専攻科目の位置づけについての理解を高めます。
    • (3)1年次に配置した演習科目と、対応する講義科目(演習も含む)より早いもしくは同じ学期に開講する実践型科目(実験やプロジェクトベース科目など)において、学生が自ら考え、理解していくことを習慣づけます。
    • (4)2年次以降に、材料・熱・流体・振動・制御・設計・加工等の機械工学の根幹についての専攻科目を配置し、体系的知識や手法によって機械やシステムを解析し設計・製作する実践的能力を育成します。また、共通教養科目として英語科目を配置すると共に3年後期から必修とする機械工学輪講および4年次の輪講を通し、機械技術者に必要な基礎的英語コミュニケーション能力を育成します。
    • (5)より一層の向上を目指す学生を対象として発展的演習を行う科目を3年前期に設置して、その向上心を満たします。
    • (6)4年次には、それまでに修得した機械工学の知識・技術を総合的に用い特定のテーマについて研究する卒業研究を配置し、研究計画を立案し遂行・統括する能力、継続的に新しい知識や技術を修得する能力を育成します。また、卒業論文及び同概要書の執筆や審査会での発表を通して論理的な記述力・表現力、コミュニケーション能力を育みます。
    • (7)機械工学を修得する上で必要な数学・物理に関する専攻科目、機械技術者としての必要な基礎を学ぶための専攻科目、英語コミュニケーション能力を育成するための専攻科目を特に重視し必修科目としています。機械工学の修得に役立つ体験学習的な専攻科目や応用分野に関する専攻科目は選択科目としています。
  2. 2.教育の方法と評価
    本学科の学科目は、その目的に応じて、実践型科目、演習科目、講義科目、そして機械工学輪講から卒業研究までの総合演習科目の形態をとっています。
    • (1)実践型科目では、実験、製作、製図、コンピュータを使った演習などを行います。評価は、科目に取り組む態度とレポートによります。
    • (2)演習科目では、問題演習を行う。演習の成果物と授業時間内に行う小テストの結果で評価します。
    • (3)講義科目は、知識の教授を目的に行うが、問題演習を併用する。主に試験の結果で評価します。
    • (4)総合演習科目の評価は、科目に取り組む態度と成果物によります。
    • (5)単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準を明確化し、成績評価を厳格化しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学教育によって培う能力
    • (1)本学科は、幅広い教養と機械工学に関する深い専門知識を持ち、機械技術と人間、社会、環境との調和に配慮した「ものづくり」を実践できる人材を育成します。
  2. 2.本学科の求める入学者
    • (1)数学、理科、英語等に関する高等学校卒業程度の基礎学力を持つ人
    • (2)機械工学を学び社会に貢献しようとする強い意欲と可能性を持つ人
  3. 3.高校までの能力に対する評価(選抜方法)
    • (1)本学科では多様な入学試験を実施することにより、高等学校での学習を通じて大学での学びに必要な基礎学力を身に付け、また、機械工学に関する知識の修得とその応用による社会への貢献に強い関心を持ち、自らの長所を伸ばそうとしている学生を受け入れます。

このページのトップへ

電気電子情報工学科

教育研究上の目的

電気電子情報工学科は、本学及び本学工学部の教育研究上の目的の下に、現代社会の持続的発展を支える電気工学、電子工学、通信工学、情報工学及びこれらの関連分野について研究を促進すると共に、これらの分野について幅広い基礎知識と専門知識を併せ持ち、人類社会の要請に主体的、実践的に対応できる人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的を踏まえ、工学部電気電子情報工学科では、幅広い基礎知識と専門知識を併せ持ち、人類社会の要請に主体的、実践的に対応できる電気電子情報技術分野の人材育成を教育の目標としています。
電気電子情報技術は現代社会の発展を支える要です。そして地球環境問題や情報倫理といった社会の発展に伴う様々な問題の解決も電気電子情報技術無しには考えられません。この現代社会を支える電気電子情報技術は、電気、電子、情報の3技術分野が独立に、かつ互いに融合して一大技術分野を構成しています。
本学科では、この魅力と無限の発展性を秘める電気電子情報技術をバランスのとれた基礎教育と専門教育を通して理解し、修得することで、社会の持続的発展に寄与できる知識を持ち、社会の要請に基づく技術課題に主体的、実践的に対応できる能力を有する人材に育てることを教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学科の教育目的の下に定められた電気電子情報工学科カリキュラムにおいて卒業要件単位を修得した者は、幅広い教養と英語及び電気工学、電子工学、通信工学、情報工学とこれらの関連分野についての幅広い基礎知識と専門知識の修得に加え、次に掲げる素養及び能力を有していると判定され、学士(工学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)幅広い視野と教養に培われた良識ある市民としての判断力を身につけている。
    • (2)社会に果たすべき技術者の役割と責任の自覚を持っている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)社会的、国際的に活躍するためのコミュニケーション能力を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)実践的技術者として必要な数学、物理学及び情報処理の基礎的知識とその応用能力を身につけている。
    • (2)幅広い専門知識と最新技術情報に裏付けられた急速な技術進歩への対応能力を身につけている。
    • (3)工学的スキルやセンス、直感力に培われた問題解決能力を身につけている。
    • (4)社会の要請に対応するためのデザイン能力及び生涯学習能力を身につけている。
    • (5)記述力、口頭発表力、討議等のプレゼンテーション能力を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学科は現代社会の持続的発展を支える電気工学、電子工学、通信工学、情報工学及びこれらの関連分野について、幅広い基礎知識と専門知識を併せ持ち、人類社会の要請に主体的、実践的に対応できる人材の育成を目指しています。これを実現するため、具体的には、以下に示した方針で教育課程を編成しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)総合大学の特色・利点を活かした多彩な全学共通教養系科目の学修をとおして、幅広い視野と教養に培われた常識を身につけることができるように編成・実施します。
    • (2)電気電子情報技術者としての誇りを持ち、現代社会に果たすべき技術者の役割と責任の自覚を培うため、技術開発最先端状況を学び、技術者倫理を考える科目群を配置します。
    • (3)電気電子情報技術の基礎となる数学、物理、情報技術の学修をとおして、その応用能力を身につけることができるように編成・実施します。
    • (4)自己の専門を決め技術革新に適応できる能力を身につけるため、電気、電子、情報、通信の専門分野及びこれらの関連分野について基礎から学び、同時に最新の研究・技術開発情報に触れることができるように編成・実施します。
    • (5)問題解決能力を身につけることができるように、工学的センスや直感力を身につける実験・演習科目を配置します。
    • (6)社会の要請に対応するためのデザイン能力及び生涯学習能力を身につけるため、卒業研究ならびに輪講を配置します。
    • (7)「FYS(ファースト・イヤー・セミナー)」や演習科目、輪講、卒業研究等、種々の場での演習をとおして、技術者に求められる論理的な記述力、口頭発表能力、討議等のプレゼンテーション能力を身につけることができるように4年間のカリキュラムを編成・実施します。
    • (8)国際的に活躍するために欠かせないコミュニケーション能力を身につける外国語科目(英語)を配置します。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)教育課程の実施にあたっては、専門教育の体系として、1年次、2年次では基礎となる数学、物理学等の基礎科目の学修に続いて、専門の基本となる情報技術、電気回路、電気磁気学等の必修科目を学修し、その後、各専門分野に進むための基礎となる基盤科目を選択して学びます。3年次には各々が進む専門分野の知識を修得する専門科目を選択して学び、4年次では、それまでに学んだ知識、技能を用いて総合的に応用、展開する能力を身につけるための卒業研究を行います。
    • (2)単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準を明確化し、成績評価を厳格化しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学教育によって培う能力
    • (1)本学科では、電気、電子、通信、情報及びこれらの関連分野を学び、社会に貢献する人材を育成します。
  2. 2.本学科の求める入学者
    • (1)なによりも電気、電子、通信、情報分野の技術や製品に興味があり、これらを学ぶことが好きな人
    • (2)未来に向けて挑戦しようとするフロンティア(開拓)精神にあふれた人
    • (3)現代技術を学修していく上で必要な数学、理科、英語等に関する高等学校卒業以上の基礎学力を有する人
  3. 3.高校までの能力に対する評価(選抜方法)
    • (1)本学科では多様な入学試験を実施することにより、高等学校での学習を通じて大学での学びに必要な基礎学力を身に付け、また、工学的な知識の修得とその応用によるグローバル社会への貢献に強い関心を持ち、論理的思考力と実践力を有する学生を受け入れます。

このページのトップへ

物質生命化学科

教育研究上の目的

物質生命化学科は、物質や生命に関わる広い範囲の化学を理解し、研究者や技術者としての社会的責務と倫理観に基づき、人類の幸福に寄与する物質を創出する能力を備えた人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、工学部物質生命化学科では物質や生命に関わる広い範囲の化学を理解し、人類の幸福に寄与する化学物質や技術を創出する能力を備えた人材の育成を、教育の最終目標とします。
環境問題、エネルギー問題、食糧問題、パンデミックなど人類の直面する諸問題は化学に大きく関わるものであり、持続可能な社会を構築するには、化学を理解し化学技術を社会に活用する人材を育成することが肝要です。
本学科では、物質化学から生命現象まで、化学を幅広く理解するための基礎科目を学び、化学物質を取り扱う技術を習得し、さらに環境・エネルギー問題や医療などに応用する能力を涵養します。日々進歩する科学技術に対する理解を深めながら、これを応用展開していく上で必須な問題発見・解決能力ならびに生涯学習能力を備えた人材の育成を教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学科の教育理念の下に定められたカリキュラムにおいて、卒業要件単位を修得した者は、次に掲げる素養及び能力を有していると判定され、学士(工学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)幅広い視野と良識ある市民としての判断力やコミュニケーション能力、生涯学習能力を身につけている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)科学的な事象に対する論理的な記述力及び口頭でのプレゼンテーション能力・コミュニケーション能力を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)技術者・研究者として必要な数学、物理学を含む自然科学並びに情報処理に関する基礎的学力を身につけている。
    • (2)生命現象を含む種々の化学にまつわる現象の理解と、化学的特性に基づく機能を有する物質の創成に必要な化学の基礎及び専門的学力を身につけている。
    • (3)化学技術者・研究者としての社会的責務や倫理観を身につけている。
    • (4)社会の要請に対応するための問題発見・解決及びデザイン能力を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学科では物質や生命に関わる広い範囲の化学を理解し、研究者や技術者としての社会的責務と倫理観に基づき、人類の幸福に寄与する物質を創出する能力を備えた人材を育成するため、以下に示した方針で教育課程を編成しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)専攻科目における必修科目の学修を通じて、生命現象を含む種々の化学にまつわる現象の理解と化学的特性に基づく機能を有する物質の創成に必要な化学の基礎学力を涵養します。
    • (2)専攻科目における専門選択科目の学修を通じて、化学的事象の理解を深めるとともに、化学を基盤とした物質創成やその方法論開発に必要な専門的学力を涵養します。
    • (3)専攻科目における選択必修科目の学修を通じて、化学技術者・研究者としての社会的責務や倫理観を涵養します。
    • (4)必修科目における実験・演習・卒業研究を通じて、社会の要請に対応するための問題発見・解決及びデザイン能力を涵養します。
    • (5)必修科目における実験・卒業研究を通じて、科学的な事象に対する論理的な記述力及び口頭でのプレゼンテーション能力・コミュニケーション能力を涵養します。
    • (6)「FYS(ファースト・イヤー・セミナー)」・教養系科目・外国語科目の学修を通じて幅広い視野と良識ある市民としての判断力やコミュニケーション能力、生涯学習能力を涵養します。
    • (7)専攻科目における基礎科目(科学基礎群及び工学基礎群)及び関連科目の学修を通じて、技術者・研究者として必要な数学、物理学を含む自然科学並びに情報処理に関する基礎的学力を涵養します。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)教育課程の実施にあたっては、初年次の「FYS(ファースト・イヤー・セミナー)」のように双方向型授業を取り入れ、学生が自ら調べ、発表し、議論することを通して、問題発見能力・解決能力・説得力やコミュニケーション能力を培っている。
    • (2)「基礎演習」科目の充実による基礎学力の向上を図ることにより専門科目の十分な理解につなげている。
    • (3)輪講IおよびII、卒業研究による少人数教育を実施することによって、専門技術者としての問題発見・解決及びデザイン能力を涵養している。
    • (4)単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準を明確化し、成績評価を厳格化しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

本学科は、現代社会に役立つ化学技術を学び、社会で活躍する人材を育成することを教育目標としており、以下のような学力と意欲を有する人を受け入れます。

  1. 1.大学教育によって培う能力
    • (1)本学科は、現代社会に役立つ化学技術を学び、社会で活躍する人材を育成することを教育目標としており、安全で快適な生活や人々の健康に寄与する研究を行うとともに、そうした創造的な活動やその成果を通し、社会に貢献する人材を育成します。
  2. 2.本学科の求める入学者
    • (1)数学、理科、英語等に関する高等学校卒業程度の基礎学力を持つ人
    • (2)化学の高度で幅広い知識と技術を求めようとする意欲のある人
    • (3)広く自然科学やものづくりに興味と熱意を持つ人 
    • (4)最先端の問題探求と解決に対し意欲を持っている人
    • (5)社会に貢献する意欲と可能性を持つ人
  3. 3.高校までの能力に対する評価(選抜方法)
    • (1)本学科では多様な入学試験を実施することにより、高等学校での学習を通じて大学での学びに必要な基礎学力を身に付け、また、化学に関する知識の修得とその応用による地域社会への貢献に強い関心を持ち、論理的思考力と実践力を有する学生を受け入れます。

このページのトップへ

情報システム創成学科

教育研究上の目的

情報システム創成学科は、数学や理科の基礎科学のみならず社会や文化などの文系の知識を併せ持ち、社会的責任感と倫理観を持って新しい社会を創成できる、情報やコミュニケーション技術を基盤とした数理的素養とシステム開発力を備え、そのための支援技術や管理技術を身に付けた技術者及び研究者等の人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、情報システム創成学科では、情報システム開発技術者を育成することを、教育の究極の目標としています。
あらゆる分野で高度な情報システム技術が利用される現在においては、真に役立つ、人と社会を結ぶ情報システムを創造することが必要です。情報システム創成学科は、理系に強い学生が社会マインドを身につけながら、未来の情報化時代に活躍できる情報システム開発技術者を育成し、新たな情報化時代へ、送り出します。情報システム技術者には、数理的素養やシステム開発力はもちろんのこと、コミュニケーションによる相互連携力や責任感、倫理観も必要です。
本学科では、講義型科目や創成能力教育科目であるグループ学習型科目とプロジェクト達成型科目を適正に配置し、情報システム技術者に必要な能力を涵養することを、教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学科の教育理念の下に、卒業要件単位を修得した者は、次に掲げる素養及び能力を有していると判定され、学士(工学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)伝統と文化についての教養を有している。
    • (2)他者との協同作業に活用できる理解力を身に付けている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)自己を表現する能力・コミュニケーション能力を有している。
    • (2)他者との協同作業に活用できる表現能力を身に付けている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)自然科学・情報コミュニケーション技術・工学解析・意思決定についての基礎知識を有し、これらを問題解決に活用できる分析力と応用能力を身に付けている。
    • (2)問題を発見し解決する能力を有し、この能力を社会・産業システムの設計に活用できる。そして、卒業後も継続的に自己研鑽に努め、新しい社会の創成に主体的に参画していくことができる設計力と評価能力を身に付けている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

情報システム創成学科は、数学や理科の基礎科学のみならず社会や文化などの文系の知識を併せ持ち、社会的責任感と倫理観を持って新しい社会を創成できる、情報やコミュニケーション技術を基盤とした数理的素養とシステム開発力を備え、そのための支援技術や管理技術を身に付けた技術者及び研究者等の人材を育成するため、以下に示した方針で教育課程を編成しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)「自ら学び、自ら考え、自ら新しいシステムを創り出す」人材が輩出するよう教育課程に工夫を凝らすとともに、学生が互いに刺激しあいながら学習できる体制を整え、工学基礎知識及び思考力・表現力に裏打ちされた数理的素養と開発力を備えた情報システム技術者・研究者等を育成します。
    • (2)デザイン・ソフトウェア・コンテンツ等の製品価値を生み出すシステムインテグレータや、ニーズの高い情報システムを構築する情報技術者等、数理的素養とシステム開発力を備えたシステム技術者を育成します。社会的マインドを身に付け、技術的なアプローチも修得することができる教育を実施します。これを実現するため、互いに関連しあう「専門知識の獲得」と「創成能力の修得」という2本の柱で教育課程を構成します。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)専門知識の獲得(選択科目群)
      • ・情報環工学:情報システムに関する基礎的な知識や技術とともに、システムを実現する応用力を身につけます。
      • ・最適化科学:システムづくりを支える数理科学等の基礎学力を養うとともに、システム思考を身に付けます。また、問題解決の具体的な要件を決定して、これをモデル化し、最適化するための基礎知識を学習します。
      • ・知能社会システム:社会の成立ちと仕組みに関する一般知識を身に付け、システム開発の流れについて学び、演習等で実践的に応用力を養います。また、さまざまな組織を合理的かつ効率的に運営するシステムを対象として、その開発・運用に必要な管理技術を養います。
    • (2)創成能力の修得(必修科目群)
      • ・グループ学習型科目:表現力・思考力・分析力等をはじめとする学修の下地を作り、将来設計のための自己分析能力等、育成を支援します。「FYS(ファースト・イヤー・セミナー)」・「コンピュータ科学」・「工学基礎演習Ⅰ・Ⅱ」及び「工学特別演習Ⅰ・Ⅱ」を第1~6セメスターに連続的に配置します。
      • ・プロジェクト達成型科目:教員と学生の双方向コミュニケーションを通じて、問題解決能力を研鑚します。これにより創成能力の育成と科目間の一体化、修得知識の理解を深めます。「コースワークⅠ~Ⅷ」を第1~8セメスターに連続的に配置するとともに、4年次にこれらの集大成として「卒業研究Ⅰ・Ⅱ」又は「卒業制作Ⅰ・Ⅱ」を履修します。
    • (3)単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準を明確化し、成績評価を厳格化しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学教育によって培う能力
    • (1)情報システム創成学科は、数学や理科の基礎科学のみならず社会や文化などの文系の知識を併せ持ち、社会的責任感と倫理観を持って新しい社会を創成できる、情報やコミュニケーション技術を基盤とした数理的素養とシステム開発力を備え、そのための支援技術や管理技術を身に付けた技術者及び研究者等の人材を育成します。
  2. 2.本学科の求める入学者
    • (1)得意な分野をもっている人
    • (2)身のまわりの自然現象に興味を持ち、仕組みの解明に強い関心がある人、又は身のまわりの社会現象に興味を持ち、社会基盤づくりに強い関心がある人
    • (3)得手不得手とかかわりなく、異分野の科目へも幅広い関心を寄せることのできる人
    • (4)数学についての基礎力を有する人
    • (5)外国語修得に意欲があり、異文化交流にも情熱がある人
    • (6)分野を問わず、クラブ活動に積極的に参加した人あるいはしたい人
    • (7)分野を問わず、資格の取得に挑戦する人
    • (8)規則正しい学校生活をおくっている人、学校行事の運営に参加している人、学外のボランティア活動等への参加経験を有する人
    • (9)芸術やスポーツ等の分野で継続的に研鑽している人、分野を問わず、コンテスト・試合等へ参加している人
    • (10)将来の夢がある人
  3. 3.高校までの能力に対する評価(選抜方法)
    • (1)本学では多様な入学試験を実施することにより、高等学校での学習を通じて大学での学びに必要な基礎学力を身に付け、また、情報システムに関する知識の修得とその応用による地域社会への貢献に強い関心を持ち、論理的思考力と実践力を有する学生を受け入れます。

このページのトップへ

経営工学科

教育研究上の目的

経営工学科は、工学全般にわたる、経営工学に関する基礎的な理論と知識、経営管理システムの設計の原理と方法、企業経営に関する情報技術の活用方法を教授研究し、工学の基本的方法の素養及び経営工学の専門知識を駆使して、ものづくり、ロジスティクスをはじめとするあらゆるサービスの経営管理システムの設計・運用・管理及び分析・評価・改善ができる人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、工学部経営工学科では、工学分野において要求される基礎的理論及び企業や社会において実践されている経営工学手法に関する専門知識と、それらを活用するためのスキルに関して、本学科の学生に習得させることを教育目標としています。
グローバル化や環境問題が重要視される現在の産業社会において、我が国における国際競争力の源泉となるための人材養成にむけ、コミュニケーション能力、国際感覚を洗練するための素養、持続可能な社会構築の視点等を重視した未来志向型の教育を目指します。さらに、実践の学問である経営工学は、変化する様々なビジネス環境において、自らが問題を発見し、その問題を解決するための能力も重要であり、そのような問題発見能力・問題解決能力を習得するため、フィールドを重視したテーマ課題を通して、実学重視の人材育成を教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学科の教育理念の下に定められたカリキュラムにおいて、卒業要件単位を修得した者は、次に掲げる素養及び能力を有していると判定され、学士(工学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)人間尊重の観点から社会システムを設計・構築・運用するための能力をもつ。
    • (2)将来のための自学自修及び自己啓発の能力をもつ。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)人間としての豊かな教養をもち、人びととの高いコミュニケーション能力をもつ。
    • (2)外国語能力を身につけ、国際的感覚を培っている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)数学・物理の基礎学力に加え、情報技術を身につけ、ものづくりの支援技術である生産技術の基本知識を有する。
    • (2)品質、原価、納期を考慮し、持続可能な産業社会のための管理技術によって、製造業を中心とする企業の経営活動において、問題を発見し、問題を解決する能力をもつ。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学科では、人間尊重の高い視点をもち、工学の基本知識と実践能力に裏付けられた管理技術を身につけ、人びととの高いコミュニケーション能力をもち、経営活動のしくみを設計・構築・運用することを通じて産業の発展に貢献することによって、人びとの生活を豊かにする能力をもつ人材を育成するため、以下に示した方針で教育課程を編成しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)理工学とマネジメントの基礎科目と情報処理科目を配置し、サービスを含むモノの生産・提供に必要なエンジニアリングの基礎を身につけるためのカリキュラムを編成し、実施しています。
    • (2)管理技術と情報整理手法の科目を配置し、あらゆる組織活動の手段であるマネジメント・システム分析・評価・設計ができる能力を身につけるためのカリキュラムを編成し、実施しています。
    • (3)人間工学や環境マネジメントの科目を配置し、経営システムの設計・運用において人間、環境への配慮ができる素養を身につけるためのカリキュラム編成し、実施しています。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)演習科目や卒業研究等の少人数教育を通じて、コミュニケーション能力を養い、実践的な問題解決能力を培っています。
    • (2)単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準を明確化し、成績評価を厳格化しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学教育によって培う能力
    • (1)本学科では、人間尊重の高い視点をもち、工学の基本知識と実践能力に裏付けられた管理技術を身につけ、人びととの高いコミュニケーション能力をもち、経営活動のしくみを設計・構築・運用することを通じて産業の発展に貢献することによって、人びとの生活を豊かにする能力をもつ人材を育成します。
  2. 2.本学科の求める入学者
    • (1)数学、英語、理科等、工学を学ぶための基本を修得している人
    • (2)科学的・工学的・物理的な考え方や方法に関心の高い人
    • (3)製品やサービスを生み出すことと、それを管理するしくみを創ることによって人びとを幸せにしたい人
    • (4)観察が好きで、加えて論理的・緻密に考えることができる人
    • (5)社会や経済の動きに関心を持つ人
    • (6)人間が好きで、集団の中でチームワークを保ち、自分の役割を果たすことができる人
  3. 3.高校までの能力に対する評価(選抜方法)
    • (1)本学科では多様な入学試験を実施することにより、高等学校での学習を通じて大学での学びに必要な基礎学力及び論理的思考力と、経営工学に関する知識の修得やグローバル社会への貢献に強い関心を有する学生を受け入れます。

このページのトップへ

建築学科

教育研究上の目的

建築学科では、人間の多様な営みにおいて使いやすく、安全で快適、かつ感動を呼ぶ建築や都市の空間及び環境の創造に寄与する研究を行うとともに、そうした創造的な活動やその成果を通し、社会に貢献する人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、工学部建築学科では、大学で学んだ建築学に関わる技術や知識を自己表現の術として自在に扱いながら、社会貢献できる人材の育成とその輩出をめざしています。
日本の建築学は、教育内容はもちろんのこと、建築を造る技術力、その技術を生み出す研究力においても世界のトップレベルを維持しています。長い伝統の中で蓄積されてきた高度な日本の建築技術を支える基礎的な専門的知識を学ぶとともに、今日のグローバル化した国際社会にあっては、一人ひとりが自立した技術者として国際社会で生き抜くための幅の広い視野や教養、さらには、自らの考えを主張するためのコミュニケーションやプレゼンテーションなどの能力が必要とされます。また、時代とともに変化していく様々な技術に対応するためには、継続的に学習していく意欲と能力も必要とされます。
本学科では、教育並びに研究を通して学生たちを、様々な能力を携え、日本そして世界に貢献することのできる専門家として自立できるような人材に成長させることを教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学科のカリキュラムにおいて、卒業要件単位を修得した者は、次に掲げる素養・能力を有していると判定され、学士(工学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)多様化する社会に関する幅広い視野と教養を身につけている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)国際的に活躍するためのコミュニケーション能力を身につけている。
    • (2)論理的な思考力とプレゼンテーション能力を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)建築学を理解するうえで欠かせない基本的な学力を身につけている。
    • (2)建築学に関する専門的な知識を身につけている。
    • (3)建築技術者の役割と責任についての自覚を身につけている。
    • (4)建築分野の急速な技術進歩へ適応できる能力を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学科では、人間の多様な営みにおいて使いやすく、安全で快適、かつ感動を呼ぶ建築や都市の空間及び環境の創造に寄与する研究を行うとともに、そうした創造的な活動やその成果を通し、社会に貢献する人材を育成するため、以下に示した方針で教育課程を編成しています。なお、本学科で指定科目を履修し卒業した者は、二級建築士(都道府県の認定)の受験資格が、また卒業後2年以上の設計・監理の実務を経ることで、一級建築士(国の認定)の受験資格が与えられます。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)自然科学系及び人文・社会系の教養系科目の学修により、幅広い視野と教養を身につけます。
    • (2)「FYS(ファースト・イヤー・セミナー)」や外国語科目の学修により、国際的に活躍するためのコミュニケーション能力を養います。
    • (3)基礎科目の学修により、建築学を理解するうえで欠かせない基本的な学力を養います。
    • (4)必修科目の学修により、基礎的な専門知識を修得するとともに、建築技術者の役割と責任についての自覚を養います。
    • (5)選択科目の学修により、さらに深い専門的な知識を修得するとともに、急速な技術進歩へ適応できる能力を養います。
    • (6)輪講科目及び卒業研究の学修により、建築学に関する論理的な思考力とプレゼンテーション能力を養います。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)教育課程の実施にあたっては、複数教員やTA,SAを配置した演習・製図科目の充実を図り、また初年次の「FYS(ファースト・イヤー・セミナー)」以降4年次にいたるまで輪講・実験科目を配置することによって少人数教育を徹底し、学生が自ら調べ、発表し、議論することを通して、問題発見能力・建築的解決能力・説得力やコミュニケーション能力を培っています。
    • (2)単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準を明確化し、成績評価を厳格化しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

本学科では、人間の多様な営みにおいて使いやすく、安全で快適、かつ感動を呼ぶ建築や都市の空間及び環境の創造に寄与する研究を行うとともに、そうした創造的な活動やその成果を通し、社会に貢献する人材を育成することを教育目標としており、以下のような学力と意欲を有する人を受け入れます。

  1. 1.大学教育によって培う能力
    本学科では、人間の多様な営みにおいて使いやすく、安全で快適、かつ感動を呼ぶ建築や都市の空間及び環境の創造に寄与する研究を行うとともに、そうした創造的な活動やその成果を通し、社会に貢献する人材を育成します。
  2. 2.本学科の求める入学者
    • (1)数学、理科、英語に関する高等学校卒業程度の基礎学力を持つ人
    • (2)美術や歴史等に興味をもち、知的好奇心が旺盛で創造性にあふれている人
    • (3)建築や都市、環境に対する興味と学びに対する意欲を持つ人 
  3. 3.高校までの能力に対する評価(選抜方法)
    本学科では多様な入学試験を実施することにより、高等学校での学習を通じて大学での学びに必要な基礎学力を身に付け、また、建築に関する知識の修得とその応用による地域社会への貢献に強い関心を持ち、論理的思考力と実践力を有する学生を受け入れます。

このページのトップへ

総合工学プログラム

教育研究上の目的

総合工学プログラムは、本学及び本学工学部の教育理念の下に、工学の種々の分野や自然科学に関する幅広い基礎知識を持ち、様々な人々とのコミュニケーションを通して多様な要望や意見をとりまとめ、多くの技術を的確に組合せて社会に役立つ新しいものを創り出す国際的に活躍できる工学のゼネラリスト(総合エンジニア)の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本プログラムの教育研究上の目的等を踏まえ、工学部総合工学プログラムでは、国内外で活躍できる総合エンジニアの育成に努めます。
世の中の科学技術はますます複合化・融合化して発展しています。1つの分野の専門家だけでは製品やシステムを造ることが難しくなってきました。私たちの暮らしも多様化し、社会のしくみも複雑化しています。このような時代にあっては、従来の工学教育が育成する特定分野の専門技術者だけでなく、それら多くの分野の専門家の智慧を結集し、多くの専門技術を的確に組合せて新しいものを実現できるような、ゼネラリストとしての技術者、すなわち「総合エンジニア」が求められています。
本プログラムでは、一般教養や工学基礎及び専門知識に関する幅広い学修、実践的な英語教育、学生同士や教員との徹底した技術討論などを通じ、豊かな良識、論理的な思考力、国内外で活躍できる柔軟なコミュニケーション能力を涵養することを教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本プログラムの教育目的の下に定められたカリキュラムにおいて、卒業要件単位を修得した者は、次に掲げる素養、及び能力を有していると判定され、学士(工学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)幅広い視野と教養に裏付けられた良識ある市民としての判断力を身につけている。
    • (2)科学技術が社会や環境に及ぼす影響、及び社会に果たすべき技術者の役割を理解し、技術者としての倫理観を有している。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)国際的コミュニケーションに必要とされる基礎的な英語運用能力を身につけている。
    • (2)論理的に表現・記述・発表・討議ができるプレゼンテーション能力を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)複合化した科学技術分野において、その目標を達成するため、多くの技術を的確に組合せる能力を身につけている。
    • (2)最新の知識や技術を持続的に習得し、これらを展開し、社会に役立つ新しいものを企画・提案する能力を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本プログラムでは、工学の種々の分野や自然科学に関する幅広い基礎知識を持ち、様々な人々とのコミュニケーションを通して多様な要望や意見をとりまとめ、多くの技術を的確に組合せて社会に役立つ新しいものを創り出す国際的に活躍できる工学のゼネラリスト(総合エンジニア)を育成するため、以下に示した方針で教育課程を編成しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)「FYS(ファースト・イヤー・セミナー)」により大学生としての基本的な資質、主体的に学修に取り組む姿勢を身につけるように編成し、実施しています。
    • (2)入学年次から卒業年次までの教養系科目(人文科学・社会科学・自然科学等)の均整のとれた学修を通し、幅広い視野と教養、技術者として必要とされる倫理観を育成できるように編成し、実施しています。
    • (3)入学年次から三年間を通し、継続的に実用英語に関する必修科目を配置し、TOEICの得点向上を目指した実用英語教育を行います。これらの科目の履修を通し、情報収集・コミュニケーション・発表・討議に必要な実践的な英語運用能力や国際的コミュニケーション能力を身につけるように編成し、実施しています。
    • (4)1年次では、必修科目として「総合工学概論」を配置し、この科目の学習を通して工学の幅広い分野における考え方や基本的な知識を身につけます。また、必修科目として「総合工学実験」を配置し、物理学・化学・生物学・情報処理の基礎的な実験を体験することで、科学技術の基本的な考え方を身につけます。さらに、数学・物理学・化学・生物学・情報学等に関する専門基礎科目の学習を通して、自然科学に関する幅広い基本的な知識を育むと共に、理数系の基本的な技能を育成できるように編成し、実施しています。
    • (5)2年次では、必修科目として「総合工学グループワーク」を配置し、複合的な科学技術分野を具体例として選び、少人数のプロジェクトチームを組んで問題解決型の演習を教員の指導の下に学生主体で行います。この科目の学習を通して、最新の知識や技術を継続的に習得し、これらを展開し、社会に役立つ新しいものを企画・提案する能力を身につけます。また、必修科目「総合工学基礎」では、工学分野全般にわたる基礎的な常識、文書作成や企画立案等のコミュニケーション能力、さらには自発的な行動力/推進力を身に付けるように編成しています。2年次末には、「総合工学研究」(卒業研究に相当)の指導教員を決定して、その実施にあたります。
    • (6)3年次では、指導教員の指導の下に、「総合工学演習」・「総合工学輪講Ⅰ」の学習に取り組み、複合化した科学技術分野において必要とされるデザイン能力や課題解決能力を身につけ、また技術革新に適応して学び続ける資質を涵養します。また、指導教員が属する学科の専攻科目(主要専門科目)を中心に基礎から最新の技術までを学び、専門的知識や技能を身につけるように編成し、実施しています。
    • (7)4年次では、それまでに習得した知識や技能を総合的に用いて特定の課題について調査・研究する「総合工学研究」・「総合工学輪講」を必修科目として配置し、これらの学習を通し、調査・研究計画を立案し、これを遂行する実践的な能力、また持続的に知識や技術を習得する能力を身につけます。また、卒業論文やその梗概の執筆や卒業論文審査会での研究発表を通し、論理的な記述力・表現力、コミュニケーション能力を身につけるように編成し、実施しています。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)本プログラムでは、科学技術の幅広い分野における考え方や基本的な知識の習得を目的とした「総合工学概論」、物理学・化学・生物学・情報処理の基礎的実験の体験を通して自然科学的なセンスを磨くことを目的とした「総合工学実験」、工学の基礎知識を全般的に学ぶ「総合工学基礎」、知識や技術を展開して社会に役立つ新しいものを企画・提案する能力を涵養することを目的とした「総合工学グループワーク」・「総合工学輪講」・「総合工学研究」、英語運用能力や国際的コミュニケーション能力を育成するための専攻科目を重視し、これらを必修科目としています。また、各自が選択した分野の専攻科目を系統的に学べるよう、主要専門科目を設けている。また、横断的に幅広い科学技術分野について学べるよう、多彩な選択科目を設けています。
    • (2)単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準を明確化し、成績評価を厳格化しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学教育によって培う能力
    • (1)本プログラムは、工学の種々の分野や自然科学に関する幅広い基礎知識を持ち、様々な人々とのコミュニケーションを通して多様な要望や意見をとりまとめ、多くの技術を的確に組合せて社会に役立つ新しいものを創り出す国際的に活躍できる工学のゼネラリスト(総合エンジニア)を育成します。
  2. 2.本プログラムの求める入学者
    • (1)現代の科学技術を学習する上で必要な数学、理科、英語等に関する高等学校卒業程度の基礎学力を持つ人
    • (2)色々な科学技術分野に幅広く興味がある人
    • (3)生活の中で科学技術を役立てていくことに興味がある人
    • (4)科学技術を幅広く学び、将来社会に貢献しようとする強い意欲と可能性を持つ人
    • (5)国際的なコミュニケーション能力を身につけ、将来国内外で幅広く活躍することを目指している人
  3. 3.高校までの能力に対する評価(選抜方法)
    • (1)本プログラムでは多様な入学試験を実施することにより、高等学校での学習を通じて大学での学びに必要な基礎学力を身に付け、また、工学に関する総合的な知識の修得とその応用による地域社会への貢献に強い関心を持ち、論理的思考力、実践力および表現力を有する学生を受け入れます。