ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

教育の方針と課程 神奈川大学の教育研究上の目的と基本方針、教育課程と学修に関する情報を公表しています。

経済学部

教育研究上の目的

本学部は、現代における内外の経済現象を正確に認識し、実践的に対応する能力を培うとともに、経済学・経営学及び商学の基礎学力と応用力とをバランスよく備えた専門的職業人の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学部の教育研究上の目的等を踏まえ、経済学部では、現代の経済社会に求められる問題解決能力を備える有為な人材を育成することを最終目標とします。
本学部では、少人数の長所を活かしたゼミナール及び学部独自の初年次専門教育とコース制専門教育を中核に展開しつつ、英語教育と情報教育を重視して、有為な人材としての基礎能力を十分に養成します。さらに、教養教育、キャリア教育を含む全学共通の基礎教育と有機的に連関させることにより、4年間の学修を通じて、コミュニケーション能力と自ら学ぶ力を涵養するとともに、経済現象を正確に認識して、それぞれの課題を見つけ出し解決できる人材を育成することを教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学部のカリキュラムにおいて、所定の卒業要件単位を修得した者は、次に掲げる能力や資質を身につけていると判断し、学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)経済学・商学の専門的知識をもとに、日本及び世界の経済社会の現状を的確に理解し、かつ総合的に判断することのできる能力。
    • (2)変化の激しい現代の経済・企業活動のなかで、時代状況に対応できる実践的かつ体系的な専門的知識と技能。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)グローバル化する世界経済や企業活動の中で、国際的な視野と国際化に対応できる知識や能力。
    • (2)他者を理解し自らの意見も表現できる、社会人として基礎的なコミュニケーション力や社会に対し柔軟に対応できる豊かな人間性。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)幅広い教養や専門的知識に基づき、現代社会の情報を収集・分析・考察し、課題を見つけ出し解決できる能力。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学部では、現代の経済現象を正確に認識し、実践的に対応する能力を培い、経済学・商学の基礎学力と応用力とをバランスよく備えた専門的職業人を育成するために、以下に示した方針で教育課程を編成しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)幅広い教養とコミュニケーション能力を身につけることができるように、教養教育と語学教育を重要科目として位置づけカリキュラムを編成しています。
    • (2)学修に目的意識をもたせ進路を考えながら理解を深めるために、コース制を設けています。経済学科では、①福祉・環境・公共政策を学ぶコース、②市場・企業・産業を学ぶコース、③国際経済と社会を学ぶコース、また現代ビジネス学科では、①貿易と国際ビジネスを学ぶコース、②経営とマーケティングを学ぶコース、③企業と会計を学ぶコース、の各3コースを設けています。
    • (3)コミュニケーション能力を養成するために、議論や論文作成等を行うゼミナールを2年次の第4セメスターから開始しています。
    • (4)国際化に対応できる専門能力や技能の向上を図るために国際関連科目を充実させています。さらに英語や情報科目には中・上級コースとして「インテンシブ・プログラム」を設置しています。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)教育課程の実施にあたっては、経済学的知識を段階的、体系的に学べるように、入門科目から応用科目(専門科目)へ適切に科目を配置します。入門科目としては、大学教育への適応を容易にするため、初年次に「FYS(ファースト・イヤー・セミナー)」、「経済入門」、「経済情報処理」を設けています。また、専門科目も学科基本科目やコース指定科目を充実させ、カリキュラム編成を行っています。
    • (2)大人数教育を是正し、適正規模の履修者数になるように努めています。
    • (3)単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準を明確化し、成績評価を厳格化しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学教育によって培う能力
    • (1)本学部では、現代の経済現象を正確に認識し、実践的に対応する能力を培い、経済学・経営学及び商学の基礎学力と応用力とをバランスよく備えた専門的職業人を育成します。
  2. 2.本学部の求める入学者
    • (1)経済学部での学修に必要な基礎的学力を十分に備えている人
    • (2)現代の社会や経済問題に強い関心を持つ人
    • (3)国際的な問題に関心を持ち、国際的な視野を広げたい人
    • (4)自分の将来に対し常に問題意識を持ち、主体的に考えられる人
    • (5)向上心があり、学ぶ姿勢のあるチャレンジ精神の旺盛な人
    • (6)国籍や人種等で人を差別せず、どんな人をもひとりの人間として尊重できる人
    • (7)社会的な不正や不公平を批判できる良心を持ち、社会的弱者等へ思いやりを持つ人
  3. 3.高校までの能力に対する評価(選抜方法)
    • (1)一般入試、給費生試験、大学入試センター試験利用入試では、経済学部での学修に必要な基礎学力を、高等学校での学習の達成度をもとに判断します。
    • (2)推薦入試には指定校制推薦入試と公募制推薦入試があります。指定校制推薦入試では、勉学意欲に富み、指定校の学校長から推薦された人に対し、面接により選考を行います。また、公募制推薦入試としては講座ディスカッション入試があり、講義理解テストとグループ面接を通じて優れた学修対応能力を有した人を選考します。

経済学科

教育研究上の目的

経済学科は、経済学の理論・歴史・政策などの専門科目の学修を踏まえ、現代の複雑で多様な経済社会を理解し、実践的に対応できる人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、経済学部経済学科では、現代の複雑で多様な経済社会を理解し、実践的に対応できる人材の育成を最終目標とします。
本学科では、少人数の長所を活かしたゼミナール及び学科独自の初年次専門教育と3つのコース制専門教育を中核に展開しつつ、英語教育と情報教育を重視し、基礎能力の養成に努めます。さらに、教養教育、キャリア教育を含む全学共通の基礎教育と有機的に連関させることにより、4年間の学修を通じて、コミュニケーション能力と自ら学ぶ力を涵養して、専門知識を駆使して課題を見つけ出し解決できる有為な人材を育成することを教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学科のカリキュラムにおいて、所定の卒業要件単位を修得した者は、次に掲げる能力や資質を身につけていると判断し、学士(経済学)が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)現代社会が直面するさまざまな問題を深く理解し、自らの手で積極的に未来を切り拓くことができる能力。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)地域から世界まで広くみわたすことのできる国際的な視点とコミュニケーション能力。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)幅広い教養と専門的な知識をあわせもち、学際的で複眼的な思考ができる能力。
    • (2)めまぐるしく変化する現代社会に的確に対応できる情報処理技能。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学科では、現代の経済問題を正確に認識し世界の急速な変化に対応できる能力を培うとともに、教養を身につけ基礎学力をバランスよく備えた人材を育成するために、以下に示した方針で教育課程を編成しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)外国語科目や教養科目のほか、経済学・商学の各分野にわたって、幅広い知識と教養を身につけられる多彩な科目を配置しています。
    • (2)系統的により深く専門科目を修得できるように、①福祉・環境・公共政策を学ぶコース、②市場・企業・産業を学ぶコース、③国際経済と社会を学ぶコースという3つのコースを設けています。
    • (3)少人数で多種多様なテーマに取り組むゼミナールを、2年次第4セメスターから4年次まで設置しています。
    • (4)情報化時代に的確に対応できる情報処理能力を養うため、基礎的な「経済情報処理」から高度な技能と専門性を身につける中・上級の「インテンシブ・プログラム〔情報〕」コースまで、多様な情報関連科目を設置しています。
    • (5)国際的な視点とコミュニケーション能力を培うために、ビジネス英語や多様な言語を扱う経済外国語科目、英語による授業科目等、基礎から応用まで多彩な外国語科目を設置しています。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)教育課程の実施にあたっては、経済学の知識を段階的、体系的に学べるように、入門科目から応用科目(専門科目)へ適切に科目を配置します。入門科目としては、大学教育への適応を容易にするため、初年次に「FYS(ファースト・イヤー・セミナー)」、「経済入門」、「経済情報処理」を設けています。また、専門科目も学科基本科目やコース指定科目を充実させ、カリキュラム編成を行っています。
    • (2)大人数教育を是正し、適正規模の履修者数になるように努めています。
    • (3)単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準を明確化し、成績評価を厳格化しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学教育によって培う能力
    • (1)本学科では、現代の経済問題を正確に認識し世界の急速な変化に対応できる能力を培うとともに、教養を身につけ基礎学力をバランスよく備えた人材を育成します。
  2. 2.本学科の求める入学者
    • (1)社会・経済問題に強い関心をもつ人
    • (2)複雑でグローバル化した現代社会を深く理解する情報処理能力を身につけたい人
    • (3)言語や異文化に好奇心をもち、それを理解しようとする国際感覚を培いたい人
    • (4)日本語の基礎学力を備えるとともに、外国語によるコミュニケーション能力の向上をもめざす人
  3. 3.高校までの能力に対する評価(選抜方法)
    • (1)本学科では多様な入学試験を実施し、様々な視点からの選考を行うことで、経済学全般を学修するうえで必要とされる基礎学力を有している学生のほか、経済学を学びたいという強い意欲を持っている者やディスカッションに秀でた者など、多様な学生を受け入れます。

このページのトップへ

現代ビジネス学科

教育研究上の目的

現代ビジネス学科は、企業活動を経営や商取引の視点より理論的、実務的に学修し、現代のビジネス社会を総合的に理解し、実践する技能を備えた人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本学科の教育研究上の目的等を踏まえ、経済学部現代ビジネス学科では、現代のビジネス社会を総合的に理解し、ビジネスの第一線で役立つ能力を備えた人材の育成を最終目標とします。
本学科では、少人数の長所を活かしたゼミナール及び学科独自の初年次専門教育と3つのコース制専門教育を中核に展開しつつ、英語教育と情報教育を重視して、ビジネスの第一線で活躍できる基礎能力の養成に努めます。さらに、教養教育、キャリア教育を含む全学共通の基礎教育と有機的に連関させることにより、4年間の学習を通じて、コミュニケーション能力と自ら学ぶ力を涵養して、現代のビジネス活動において国際的な視点で課題を解決できる能力を備えた人材の育成を教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学科のカリキュラムにおいて、所定の卒業要件単位を修得した者は、次に掲げる能力や資質を身につけていると判断し、学士(商学)が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)修得した専門知識と専門技能を現実のビジネス活動において適用・実践できる能力。
    • (2)幅広い教養とコミュニケーション能力。
    • (3)社会人として求められる基礎的素養。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)現代社会において直面するさまざまな問題を国際的な視点で解決できる能力。
    • (2)海外での仕事をこなすことができる語学能力。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)情報化社会に必須の基礎的な情報処理技能。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学科では、幅広い教養を身につけるとともに、現代社会のビジネス現象を多面的に認識できる専門性とビジネスの第一線で実際に役立つ能力を備えた人材を育成するために、以下に示した方針で教育課程を編成しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)外国語科目、教養科目及び経済学・商学という広範な専門分野にわたって、広い知識と教養を身につけられる多彩な分野の科目を配置します。
    • (2)系統的により深く専門科目を修得できるように、①貿易と国際ビジネスを学ぶコース、②経営とマーケティングを学ぶコース、③企業と会計を学ぶコースという3つのコースを設けています。
    • (3)企業経営、流通・マーケティング、貿易、会計等の実務的科目のみならず、アジア、中東、ヨーロッパ、アメリカ等の国際地域経済に関する科目を開講しています。
    • (4)経済学・経営学・商学・会計学という広範な分野から選べる特定の多彩なテーマに少人数で取り組むゼミナールを2年次第4セメスターから4年次まで設置している。
    • (5)情報化時代に対応できる基礎的な情報処理能力を養う「経済情報処理」と高度な実用英語能力を養う「インテンシブ・プログラム[英語]」コースを少人数クラスによって開講している。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)教育課程の実施にあたっては、経済学・経営学・商学・会計学的知識を段階的、体系的に学べるように、入門科目から応用科目(専門科目)へ適切に科目を配置する。入門科目としては、大学教育への適応を容易にするため、初年次に「FYS(ファースト・イヤー・セミナー)」、「経済入門」、「経済情報処理」を設けている。また、専門科目も学科基本科目やコース指定科目を充実させ、カリキュラム編成を行っています。
    • (2)大人数教育を是正し、適正規模の履修者数となるように努めています。
    • (3)単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準を明確化し、成績評価を厳格化しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学教育によって培う能力
    • (1)本学科では、幅広い教養を身につけるとともに、現代社会のビジネス現象を多面的に認識できる専門性とビジネスの第一線で実際に役立つ能力を備えた人材を育成します。
  2. 2.本学科の求める入学者
    • (1)ビジネス社会・経済問題を様々な視点から分析・考察することに強い関心と学修に必要な基礎学力を持つ人。
    • (2)複雑でグローバル化した現代のビジネス社会を深く理解するための国際的な視点を身につけたい人。
    • (3)実社会において求められる論理的思考力、判断力、問題発見・解決能力、日本語の基礎学力、外国語によるコミュニケーション能力というような基礎的素養をより高めたい人
    • (4)経営学・商学・会計学を中心とする個々の専門分野のみならず、経済学及び学際的な分野も含めた幅広い専門性を身につけたい人。
  3. 3.高校までの能力に対する評価(選抜方法)
    • (1)本学科では多様な入学試験を実施し、様々な視点からの選考を行うことで、商学・経営学全般を学修するうえで必要となる基礎学力を有する学生のほか、商学・経営学を学びたいという強い意欲を有する者やディスカッションに秀でた者、あるいは一定の英語力を有している者など、多様な学生を受け入れます。

このページのトップへ