メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第94号 目次

  1. 評論の言葉

    それぞれの時間佐藤裕美

  2. エッセイ

    ヒト中心主義の問い直しは可能か?川田順造

    特集=文化人類学再考――グローバル化と多文化共生社会のなかで

  3. 対談

    そして人類学が残る――グローバル、AI時代のなかで中沢新一・小川さやか・松村圭一郎

  4. 特集評論

    • 日本人のアフリカ文化研究私感中林伸浩

    • 人類学と「文化の同時通訳」の時代――「女性婚」再論を例として小馬 徹

    • 日本文化論船曳建夫

    • 構造主義と文化人類学小田 亮

    • 生殖医療技術の文化人類学出口 顯

    • 日本常民文化研究所と文化人類学――渋沢敬三の目指した“民”の学佐野賢治

    • 柳田国男・折口信夫と文化人類学――『民族学研究』沖縄研究特集を焦点に泉水英計

    • タイ農村とコミュニティへの視座――エンブリーからコミュニティ文化論、そしてその先へ高城 玲

  5. うまれなかった惑星に似た、北川朱実

  6. 講演記録

    ケルン大聖堂建築工房の歴史ペーター・フューセニッヒ  翻訳 小松原由理/ウーテ・シュミット

  7. 書評

    • 原仁司著『夜に抗して闘う者たち――ジョン・レノン、ロベルト・ボラーニョ、桐山襲』黒古一夫

    • 小馬徹著『子供はみんな天才人類学者――文化人類学事始め』國弘暁子

    • 中島三千男著『天皇の「代替わり儀式」と憲法』芳賀繁浩

    • 後田多敦著『救国と真世――琉球・沖縄・海邦の史志』小倉英敬

    • 田島泰彦著『表現の自由とメディアの現在史――統制される言論とジャーナリズムから遠ざかるメディア』梓澤和幸

    • 窪田涼子著『中世在地社会の共有財と寺社』蔵持重裕

  8. 論壇時評

    覚醒させる社会と隠蔽・修正する社会――歴史をめぐる岐路と選択後田多 敦

  9. コラム

    正岡子規 人生のことば 第48回復本一郎

  10. 歴史の証言

    古文書の語る時代と社会(89)

    「浜浅葉日記」から読み解く明治改暦太田原 潤

神大ノート

▽編集後記 山家京子・千葉陽史・白取祐司

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ