• ホーム
  • プレスリリース
  • 「えっ、メダカとヒトデが同じ水槽に??」 海洋都市横浜うみ博2018に神奈川大学が出展します
  • 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

プレスリリース

2018.07.18

「えっ、メダカとヒトデが同じ水槽に??」 海洋都市横浜うみ博2018に神奈川大学が出展します

このページを他の人と共有する

本件のポイント

●海水にいるヒトデと淡水魚であるメダカを同じ水槽で実験的に展示します。
●本学が所蔵する和船模型コレクションより3メートル2隻、1.5メートル2隻 (うち2隻は初展示)を展示します。
●「折り紙で帆掛け船を作ろう!」ワークショップは 帆掛け船の折り紙を折って、たくさんの船を海の絵に貼り付け、作品を作ります。

神奈川大学は7月21日(土)・22(日)に横浜・大さん橋ホールで開催される「海洋都市横浜うみ博2018 (海洋都市横浜うみ協議会主催)」に出展します。(昨年来場者2日間で約21,000人)
3回目となる本イベントは、資源開発、魚や生き物、レジャー、環境保全、船舶など多彩な海の魅力と可能性を知り、触れ、学ぶことで、海への関心や理解を深める、親子で楽しめる体験型イベントです。
当日は本学理学部、日野晶也教授、小笠原強教授の展示、「海の生きもの、川の生きもの、その両方で生きる生きもの」のなかで、自然界では遭遇しない2種であるメダカとヒトデを混泳させます。また、本学歴史民俗資料学研究科からは近藤和船研究所和船模型コレクションから3メートル2隻、1.5メートル2隻 (うち2隻は初展示です)。同研究科の昆政明特任教授から和船の技術や和船によって生まれた交流を紹介します。さらに、体験型イベント※「折り紙で帆掛け船を作ろう!」ワークショップでは帆掛け船の折り紙を自分で折って、たくさんの船を海の絵に貼り付け、作品作りを楽しみます。
神奈川大学は2021年にみなとみらい21地区に新キャンパスを開設予定。本イベントを通じて、横浜の魅力である「海」を科学・歴史・文化の観点から発信します。
本学ブースの取材をぜひご検討ください。

※7月22日(日)のみ開催 第1回/12:30~13:30 第2回/15:30~16:30

  • 本学が所蔵する和船展示本学が所蔵する和船展示
  • 海水を泳ぐメダカ(イメージ図)海水を泳ぐメダカ(イメージ図)

海洋都市横浜うみ博2018

日時

2018年7月21日(土)、22日(日) 10:00~17:00

会場

大さん橋ホール(大さん橋国際客船ターミナル内)

アクセス

・みなとみらい線「日本大通り駅」下車徒歩約7分(3番出口)
・横浜市営地下鉄/JR「関内駅」下車徒歩約15分
・市営バス「大さん橋」下車徒歩約3分 他

主催

海洋都市横浜うみ協議会

関連リンク

本件に関するお問い合わせ

神奈川大学 学長室
電話:045-481-5661
FAX:045-481-2815

プレスリリース発信元

〒221-8686 横浜市神奈川区六角橋3-27-1
神奈川大学 広報部

電話:045-481-5661(代)

FAX:045-481-9300

mail:kohou-info@kanagawa-u.ac.jp

URL:http://www.kanagawa-u.ac.jp

最新のプレスリリース

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ