プレスリリース

2018.12.03

クリスマスを前に「みなとみらい 新SNS映えスポット」が誕生!みなとみらいキャンパス新築工事仮囲い 早くもSNSで話題に。

  • LINEでシェア
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
本件のポイント

●2021年開設予定の「神奈川大学 みなとみらいキャンパス」の新築工事がスタート。
●建設予定地に設置された仮囲いには、クジラなどのさまざまな生き物、未知の風景、自然と街が共生する「想像の世界」が描かれている。
●SNS映えする写真が撮影できる工夫を凝らしたアートも取り入れられ、早くも話題となっている。

みなとみらいキャンパスは、この夏に起工式が行われ、すでに本体工事を開始し、このほど仮囲いへのアートデザイン(写真)が完成しました。このアートはライブペイントなども手掛ける人気アーティスト“The Blue Love”が「神大ダイバーシティ・未知の風景・自然と街の共生」「港町・YOKOHAMA・みなとみらい」「GLOBAL」という3つのテーマを基に「想像の世界」を描き、通りを現実の人々が行き交うことで完成するというコンセプトで制作されました。

本学のキービジュアルであるクジラを中心としたさまざまな生き物、四季を感じさせる空間、学び、宇宙などの世界の中で、どのようなストーリーを創り上げるかは各人に委ねられます。新SNS映えスポットとして早くも注目されています。

【アーティストからのコメント】
もし存在するなら、すべてが幸せに調和した世界をステキだと想い、新しい世界を描くなら、気持ちよく平和な世界を描きたい。神奈川大学と横浜と世界が、これからも様々な表現・方法・かたちで簡単でも複雑に繋がり合い、誰もが描ける未見のステキな世界を創造していきたいと考えます。あなたの目線とその想いで完成するこの絵を、自由に楽しんでもらえれば幸いです。

【Profile】
The Blue Love (Sense美術家&KAZイラストレーター)によるビジュアル・ストーリー。下書きなしの即興スタイルで、壁画やライブペイント、デジタルインスタレーションなど様々な作品を国内外で制作。

◆仮囲いを一周した動画を神奈川大学公式Twitter・Facebookに掲載! #みなとみらい