プレスリリース

2021.12.17

第24回 神奈川大学全国高校生俳句大賞選考結果について

  • LINEでシェア
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
【本件のポイント】
  • 最優秀賞受賞者の「喜びの声」および選考委員からのメッセージを動画でホームページに掲載
  • 選考委員は、宇多 喜代子、大串 章、恩田 侑布子、長谷川 櫂、復本 一郎の各氏
  • 第24回となる今年の応募数・応募校数は、ともに歴代1位
  • 受賞作品は『17音の青春2022』(KADOKAWA)として2022年3月出版予定。また年賀状ソフト『筆ぐるめシリーズ(入選作品以上)』(富士ソフト㈱)に3月上旬にアップデートにて収録。

1「神奈川大学全国高校生俳句大賞」の創設過程について

本学は、1998年に創立70周年記念として全国の高校生を対象とする「神奈川大学全国高校生俳句大賞」を創設しました。本賞は、日本の伝統芸術であり短詩型文学である「俳句」を通して、高校生に独自の感性で表現する機会を提供することにより、高校生文化の発信に寄与することをめざしています。

2 応募について

【テーマ】あなたの感性で自由に綴ってください。部活・友情・スポーツ・勉強・受験・恋愛・家族…そして、自然・平和・政治・生命・宇宙

【賞】最優秀賞(5作品)・入選(65作品)・団体優秀賞(3校)・団体奨励賞(3校)

【応募条件】 応募作品は、本人が創作した未発表の作品に限ります。三句で一作品です。三句に満たないものは無効となります。

【選考委員】 宇多喜代子 大串章 恩田侑布子 長谷川櫂 復本一郎(敬称略)

3 選考結果

  • 応募総数 14,883通(歴代1位) ・応募高校数 344校(歴代1位)

詳細はこちら

4 優秀作品集『17音の青春』出版/年賀状ソフト『筆ぐるめシリーズ』収録について

第24回の最優秀賞、入選(一句入選含む)の各作品及び選者による座談会、選後評を収録した優秀作品集『17音の青春2022』を株式会社KADOKAWAより2022年3月出版予定。
第24回の最優秀賞、入選作品につきましては年賀状ソフト『筆ぐるめシリーズ』(富士ソフト㈱)に3月上旬にアップデートにて収録。

5 今年の特徴

今年で24回目の開催となりました本大会では、全国44都道府県の高校生から、過去最多となる14,883通の作品が寄せられました。本学ホームページ上に最優秀賞受賞者の喜びの声や選考委員からのメッセージを掲載しておりますので是非ご覧ください。

詳細はこちら

この件に関するお問い合わせ

神奈川大学 広報事業課 田村・蕪木
〒220-8739 横浜市西区みなとみらい4-5-3
電話:045-664-3710(代)内線5345
FAX:045-682-5554