お知らせ

2023.01.24

「PROUD BLUE」を題材に「商品企画・マーケティング実践プログラム」を実施

  • LINEでシェア
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア

神奈川大学の特許技術※「三相乳化技術」を用いたコスメティックブランド「PROUD BLUE」を題材にした課題解決型PBLプログラム「PROUD BLUE プロジェクト」を2022年10月~12月の全9日程で実施しました。

このプログラムは、化粧品ブランドの企画立案、商品評価、PRの実績豊富な山本裕子氏がメンターとして伴走し、商品企画・マーケティングの考え方を学び、同ブランドの最高の魅力点を見出し、認知拡大を目標に活動するPBL課外プログラムです。学内公募により1年生~3年生までの様々な学部学科所属の学生10名が参加し、PROUD BLUEの認知拡大のためには何をすればよいか、学生それぞれが企画書を作成し、ストーリーメイキングを実施した上で、PROUD BLUEを販売する本学発ベンチャー「未来環境テクノロジー株式会社」担当者に向けて発表を行いました。

今後、未来環境テクノロジーおよび神奈川大学社会連携センターでは、学生からの発表を受け、実装の可能性を探っていきます。

また、このプログラムではPROUD BLUE認知拡大のためのプランを発表するのみならず、プログラムの過程で得た学びを生かし、自分自身を商品と捉え、自分にしかない魅力を表現する「わたしプレゼン」も行いました。

※特許第3855203号「乳化分散剤及びこれを用いた乳化分散方法並びに乳化物」製法特許

プログラムの様子