お知らせ

2022.11.22

建築学部 白井佑樹助教が鋼構造年次論文報告集講演会で優秀発表賞を受賞

  • LINEでシェア
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
建築学部白井佑樹助教が第30回鋼構造年次論文報告集講演会 アカデミーセッションにおいて、優秀発表賞を受賞しました。

テーマおよび内容

災害時に避難所として運用される体育館をIoT化することで、地震被災後において安全に運用できるかを判断するシステムを開発している。その中でこの研究は、センサーから得られた応答と建物の損傷の関係を実験によって明らかにしようとしたものである。

受賞のコメント

優秀発表賞を受賞することができ、大変光栄です。
この研究は、本学卒論生(共著者)の卒業論文での実験結果を基に検討を進めたものです。共同研究者、卒論生、ならびに実験の手伝いをしてくれた学生各位に感謝を申し上げます。