• ホーム
  • お知らせ
  • 工学部 物質生命化学科 コロナ禍の取り組み-安全・安心に取り組める実験・実習の実現のために
  • 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

お知らせ

2020.11.02

工学部 物質生命化学科 コロナ禍の取り組み-安全・安心に取り組める実験・実習の実現のために

このページを他の人と共有する

工学部 物質生命化学科では、入学後初めてとなる実験・実習「物質生命化学実験基礎」の授業を対面実験にて行いました。この科目は、1年次後学期配当の必修科目であり、専門実験の基礎となる科目です。物理化学系、無機・分析化学系、有機化学系の3分野の基礎を学修する科目となります。

平時は各分野の実験室で実験を行いますが、今般のコロナ禍の状況下では、教室内の換気を考慮しドラフト以外に各実験台に排気口が設置されている教室(23-702室のみ)で3分野の実験を行っています。

また、実験指導では3密回避を踏まえ、履修学生は分散して入構し(20名以下)、TA(ティーチングアシスタント)による当日の実験支援ができないため、担当教員が複数名で指導に当たっています。

感染防止対策を徹底し、安全・安心のもと学修に専念できる環境づくりを、教職員一丸となって取り組んでいます。

物質生命化学実験基礎(1年次後学期 必修科目)コロナ禍での対面実験風景
  • 23-701室は履修学生の荷物置き場、実験着着替え等の控室として利用。室内はビニールパーテーションにより区切りをしている23-701室は履修学生の荷物置き場、実験着着替え等の控室として利用。室内はビニールパーテーションにより区切りをしている
  • 入口には電動手指消毒液を配置入口には電動手指消毒液を配置
  • 受付で実験着(白衣)等を配付受付で実験着(白衣)等を配付
  • 23-701室で荷物を置き、実験着着用後、一方通行出口より、隣室の23-702室に実験を行う23-701室で荷物を置き、実験着着用後、一方通行出口より、隣室の23-702室に実験を行う
  • 23-702室にはドラフトが4基設置、さらには実験台に排気口も設置してあり、出入口、窓開放とあわせて換気を十分行っている23-702室にはドラフトが4基設置、さらには実験台に排気口も設置してあり、出入口、窓開放とあわせて換気を十分行っている
  • 各実験台には実験ガイダンスのiPadを配置し、履修学生は担当教員からの指導を聞きながら、実験指導を受ける(これはコロナ禍での対処ではないが、以前はこれが板書やプリント配付で行われていた各実験台には実験ガイダンスのiPadを配置し、履修学生は担当教員からの指導を聞きながら、実験指導を受ける(これはコロナ禍での対処ではないが、以前はこれが板書やプリント配付で行われていた
  • 各実験台には斜め対面配置で4名の履修学生が配置され、各履修学生が氏名、在室日時等を記録する用紙を配置し、万が一の感染者発生の際には、濃厚接触者の特定が可能となるように対処している各実験台には斜め対面配置で4名の履修学生が配置され、各履修学生が氏名、在室日時等を記録する用紙を配置し、万が一の感染者発生の際には、濃厚接触者の特定が可能となるように対処している
  • 対面する学生との感染防止のためフィルムを張って対応している対面する学生との感染防止のためフィルムを張って対応している

最新のお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ