お知らせ

2023.01.20

大学創立者生誕の地を箱根駅伝優勝メンバーの岩原正樹さん(本学職員)が疾走

  • LINEでシェア
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア

大学創立者生誕の地で箱根駅伝優勝メンバーの岩原正樹さん(本学職員)が疾走

2023年1月15日(日)に、神奈川大学創立者米田吉盛氏の出身地、内子町(愛媛県喜多郡)で開催された「第16回内子町駅伝競走大会」に、本学職員の岩原正樹さんが駆け抜けました。
創立者の故郷である内子町で「米田吉盛展」が2017年に開催されたことを機に、内子町と神奈川大学の交流が深まり、内子町より2018年、2019年に続き3回目の招待を受け、1997年・1998年の東京箱根間往復大学駅伝競走(第73回・74回箱根駅伝)に優勝したメンバーの1人で、実業団選手を経て、現在は本学職員の岩原さんがゲスト参加しました。またアテネオリンピック(2004年)のマラソン5位入賞の土佐礼子さんもゲストランナーとして参加されました。


天候が心配されましたが、大雨になることなく若干小雨が降る中、地元の方々や本学卒業生達の声援を受けながら、地元ランナーと共に在学時のユニホーム姿で7区間(22.4km)を一人で駆け抜け、全体(45チーム)で3位相当となる1時間28分03秒のタイムでゴールしました。

関連リンク