お知らせ

2023.01.01

学長より新年のご挨拶

  • LINEでシェア
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア

明けましておめでとうございます。謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 

本学は2028年に迎える創立100周年に向けた様々な改革をすすめておりますが、本年4月には、理学部、工学部をリニューアルするとともに、「化学生命学部」「情報学部」を新設します。そして、理学部は湘南ひらつかキャンパスから横浜キャンパスに移転します。これにより、2022年度に開設した建築学部と合わせ、理工系5学部が横浜キャンパスに集結し、文系・理工系すべての学生がYOKOHAMAの地で学ぶこととなります。11学部22学科1プログラムを備えるこれまで以上に大規模な総合大学として、新たなスタートともいえる年が始まります。

新型コロナウイルス感染症につきましては、いまだ予断を許さない状況が続いておりますが、社会的な制約は少しずつ緩和してきております。本学では、2023年度の授業実施については、コロナ以前の体制に戻すことを前提とし、感染防止対策を講じたうえで、原則対面授業とします。ただし、遠隔授業の教育効果が認められる一部の科目については、双方向性を確保したうえで、遠隔授業にて実施することとします。ウィズコロナの新時代に対応する研究と、学修者本位の教育を実践するため、引き続き教職員の叡智を結集し、世界標準の先進的な高等教育機関としての責務を全うしてまいります。

本学は、米田吉盛先生が、横浜桜木町に横浜学院を開設し「教育は人を造るにあり」と説いて以来、卓越した研究に基づく教育重視の伝統を堅持して、世界に伍する教養ある人材の育成に努めてまいりました。この良き伝統を大切にして、総合大学としての強みを活かし、YOKOHAMAにその叡智を結集するとともに、世界的な視野から論理的、科学的に思考できる人材を育成し、時代の要請に応えてまいります。神奈川大学は、YOKOHAMAから、世界に羽ばたく人材を育成します。

本年が皆様にとって、平和で未来に向けた輝かしい年になりますことを心から祈念申し上げ、年頭のご挨拶といたします。

 

2023年1月1日
神奈川大学長
小熊 誠