お知らせ

2023.01.10

楽天シニア×神奈川大学 ウォーキングイベント体験取材

  • LINEでシェア
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア

神大スタイル学生編集スタッフ体験レポート

 

今回私は、12月21日(水)に開催された楽天シニアと神奈川大学による合同ウォーキングイベントに体験参加してきました!

このイベントは、人間科学部 衣笠ゼミの1年生が主体となり、楽天シニアのアプリを用いた多世代交流を目的としたウォーキングイベントです。まずは座学で人間の歩行パターンを紹介し、腕を大きく振ることや、背筋を伸ばすことが正しい歩行につながると解説しました。また、データを用いてわかりやすく歩くことのメリットを紹介しました。

その後アイスブレイクも挟み、参加者の皆さんがリラックスしたところで実際に参加者の歩行測定に移ります。通常の速度と早歩きの二種類で歩行パターンを測定するというもので、参加者の皆さんはとてもフォームを意識しているように感じられました。

測定後には、参加者はチームに分かれて校内のスタンプラリーを行い、1時間程度の謎解きウォーキングも楽しめました。

 

私も日々、歩くフォームには気を付けているつもりだったのですが、いざ意識して歩行をしてみると普段の歩行パターンが体に良いとは言えないと気づき、イベントからの帰り道にふと「もっと背筋伸ばして歩こうかな」など、体への関心がより高まったように思いました。ただ歩くだけじゃもったいない!健康への第一歩は「歩き方」から考えてみてはいかがでしょうか。

 

(神大スタイル学生編集スタッフ・本郷太一)


12月21日(水)に楽天シニアと神奈川大学が開催したウォーキングイベントの取材に行ってきました。当日は大学周辺にお住まいの方や神大卒業生の方など、さまざまな方たちが参加していました。

 

まずは人間科学部 衣笠ゼミの学生から身体に負担をかけない正しい歩き方の講義が行われます。次にクイズを解きながらキャンパス内を約1時間歩きました。講義では背筋を伸ばしてリラックスしてかかとから着地すること、そして出来るだけ速い速度で歩くことが大切だと言われていたのでそれらを意識して歩きます。私は普段から猫背で歩く癖があるため、背筋を伸ばしてよい姿勢を意識してキャンパス内を歩きました。

 

たった1時間ですが、歩き終わると歩いた時間以上の疲労を感じ、私が今までどれだけ悪い姿勢で歩いていたのかを感じました。このイベントから適切な姿勢で歩く大切さを学び、歩き方を改善しようと感じるきっかけになりました。

 

(神大スタイル学生編集スタッフ・吉原大翔)