お知らせ

2022.11.08

「第24回 神奈川大学英語教育研究大会」開催 -英語教員に求められる文法力・文法指導力-

  • LINEでシェア
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア

毎年恒例で12月に開催しておりました神奈川大学外国語学部英語英文学科主催の英語教育研究大会は、新型コロナ禍のため、2020年度よりやむなく休止しておりましたが、今年度、下記の通り対面方式で再開いたします。通常は、卒業生の中・高教員によるビデオによる授業公開と研究協議等も入れて午前・午後の終日開催をしておりましたが、未だコロナ禍が完全に収束していない状況に鑑み、今年度はプログラムの規模を縮小して、講演会のみの開催とさせていただきます。

講師には、わが国の英語学研究の第一人者であられる筑波大学名誉教授の安井 泉先生をお招きしてご講演をいただきます。先生は、お父上である故・安井稔著『英文法総覧』(改訂版1996年)[初版1982年]の改訂に取り組まれ、この度2022年10月に開拓社より、858頁に及ぶ大著『大改訂新版・英文法総覧』を安井稔・安井泉の共著という形で上梓されました。大改訂新版は改訂版に比べるとおおよそ1.8倍ほどの分量になっています。

神奈川大学の教職履修の学部生や大学院生(英語学や英文学など他分野専攻の学生も歓迎)、卒業生はもとより、現職の先生方や広く英語教育に関わる皆様、他大学の学生諸君のご参加をお持ちしております。

第24回 神奈川大学英語教育研究大会

日時

2023年1月21日(土) 15:00~16:40
(受付は会場内にて 14:30~)

場所

神奈川大学 みなとみらいキャンパス 1階(米田吉盛 記念ホール)
みなとみらい線「新高島」駅より徒歩4分、「みなとみらい駅」より徒歩6分。
または、横浜駅より徒歩11分。桜木町駅より徒歩12分。

参加費

無料
(参加予約の必要はありません。直接会場にお越しの上、受付でご記名ください。)

内容

1.開会あいさつ(15:00~15:05) 髙橋 一幸(神奈川大学外国語学部英語英文学科 教授)

2.講 演(15:05~16:35)
  「英文法がわかれば、文学はもっと楽しくなる ― ことばと文化の饗宴」
  講師: 安井 泉(筑波大学 名誉教授、英語語法文法学会 名誉顧問、日本ルイス・キャロル協会 会長、筑波英語教育学会 顧問)
  司会: 久保野 雅史(神奈川大学外国語学部英語英文学科 教授)

3.閉会あいさつ(16:35~16:40) 久保野 雅史

<安井泉先生・講演の概要>
  演題:「英文法がわかれば、文学はもっと楽しくなる――ことばと文化の饗宴」
《概要》
ことばは、話し手が世界をどう認識しているかを表している。文法は、それを読み解く力を与えてくれる。英語で書かれた絵本・児童文学・文学などで出会う英語表現を正しく理解しようとするとき、英文法の智恵を的確に用いれば、揺るぎない英語の理解ができるようになる。一見すると簡単にみえる英語表現を例に引きながら、その英語を深く理解するには、柔軟な思考と共に確かな拠り所もまた必要になることを考える。The statue needs a good clean., The door clicked shut., wash off vs. wash out, in my salad days, when I was green in judgment, with the towel vs. on the towel, every other day, shake one’s head, Where’s my shoe?, The door opened. vs. The door was opened, Open the door! などの英語表現を例に引きながら、これらの英語表現を正しく理解するに至る道筋は、知的昂奮にあふれた楽しい世界であることを体感する。

お問い合わせ

神奈川大学・英語英文学科 共同研究室
電話:045-664-3710(代)  内線:4914
〒220-8739 横浜市西区みなとみらい4-5-3 神奈川大学みなとみらいキャンパス