お知らせ

2022.10.17

建築学科のグループが「木の家設計グランプリ2022 堀部安嗣賞」を受賞

  • LINEでシェア
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア

堀部安嗣賞を受賞し、上位20作品に入選しました。

建築を通して未来の日本が豊かで幸せな暮らしを築いていくことを目的として開催されている「木の家設計グランプリ2022」で建築学科のグループ(小野美咲さん、三井田昂太さん、相澤萌さん、森永友馬さん(順不同))が、審査員である堀部安嗣さんより、審査員賞を受賞。また上位20作品に入選しました。

テーマ及び内容

徳島県美波町において、伝統的な平入町屋を取り壊しから守るための構造補強の提案、及び構造補強における新たな生活の中の離れの設計。平入の町屋が建ち並ぶ美しい街並みを崩さず構造補強をし、その際に生まれる空間を二世帯での生活を可能にする住空間に転換する。

受賞のコメント

このようなコンペティションにおいて賞をいただくことができて大変光栄に思います。たくさんの時間を使ってチームメンバーと議論をし、スタディーを重ねたことは大変貴重な経験でした。エスキスをしていただいた先生方や先輩方には感謝の気持ちでいっぱいです。これからも努力していきたいと思います。

関連リンク