お知らせ

2022.08.22

株式会社リバネスとL-RAD活用に向けての協定を締結しました

  • LINEでシェア
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア

神奈川大学(本部:神奈川県横浜市/学長:小熊 誠)は、株式会社リバネス(本社:東京都新宿区/代表取締役社長COO:髙橋 修一郎)と、研究者が持つ研究アイデアを集積するプラットフォームL-RAD( https://l-rad.net/ )に関し、積極利用に向けた協定を締結いたしました。

 

L-RADを通じて研究アイデアを起点とした、研究者と企業とのコミュニケーションを加速することで、新たな研究プロジェクトの創出を目指します。

 

 

【小熊学長のコメント】

神奈川大学は、2028年の創立100周年に向け、大きな変化の中にいます。2020年度の国際日本学部新設、2021年度のみなとみらいキャンパス開設、2022年度の建築学部新設に続き、2023年度には理学部の横浜キャンパスへの移転を契機とし、化学生命学部と情報学部を新設するなど、理工系学部を再編します。これにより理工系学部は横浜キャンパスへ集約されることとなり、すべての学部が開学の地横浜に集結し、ヨコハマの神奈川大学となります。

この大きな改革の中で、地域の企業、行政等との連携強化はもちろんのこと、社会に広く開かれたオープンイノベーション及び新しい社会的価値を創造するアカデミックな研究・交流を促進することを、創立100周年に向けた本学の重要な使命として位置付けております。

今回の協定締結により、企業等との連携をより活発化し、本学の研究及び企業、社会の実質的な発展と安定に大きく寄与していきたいと考えております。

今後、神奈川大学は所属する研究者に対して株式会社リバネスのL-RADシステムや利用方法に関する説明会を実施するなど、積極利用を働きかける活動を開始し、企業等との産官学連携活動の促進を図ってまいります。

■本件に関するお問い合わせ
お問い合わせ先:研究支援部  産官学連携推進課

E-Mail:sankangaku-web@kanagawa-u.ac.jp