お知らせ

2022.06.01

GLOBAL☆YEN☆LEAP「横浜・人・まち・デザイン賞」地域まちづくり部門支援賞

  • LINEでシェア
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア

魅力あるまちづくりをより広く進めていくことを目的として、横浜市内での地域まちづくりに関して特に著しい功績のあった活動や、都市景観の創造や保全に寄与したまちなみを構成する建造物等を横浜市が表彰する「横浜・人・まち・デザイン賞」において、「お年寄りにやさしい街 六角橋 ~オレンジプロジェクト~」(オレンジプロジェクト実行委員会)が「 地域まちづくり部門」を受賞し、5月23日(月)表彰式が行われ、学生代表の吉田堅迅さん(経済学部経済学科)が出席しました。

「プロジェクトを実施する多様な関係者の連携が拡大し、地域活動として根付き始めている」、「高齢者の誇りと尊厳、やりがいと生きがいを持って生き続けられる地域づくりのモデル的な活動であり、横浜市全域に広がっていく可能性を秘めている」などの点が評価されて受賞に至りました。
 

活動内容

「地域に住んでいる方のためになるような、地域課題に取り組むボランティア活動を行いたい」という本学学生の声をきっかけに、少子高齢化の問題に着目し、横浜キャンパスの地元・六角橋において、本学や関連する様々な団体が協力しながら「認知症や高齢者にやさしいまちづくり」を進める認知症の啓発活動を2016年度から実施、これまで紡いできたつながりを生かし「コロナ禍でも『今』できるコトを諦めない」を合言葉に活動を継続しています。

コメント

当部の活動に対して、このように表彰いただけことを大変うれしく思います。
コロナ禍により、この2年間はオレンジプロジェクトを含めた対面活動を自粛していましたが、今年度から可能な範囲で少しずつ対面活動を増やし、活動の場を広げていく予定です。これからもよろしくお願いします。