お知らせ

2021.04.09

工学部の日比野教授、有働准教授らの宇宙線の起源「ペバトロン」に関する論文が、米学術誌 「フィジカル・レビュー・レターズ」の「Editors' Suggestion」に選出されました

論文のポイント

◆史上最高エネルギーのガンマ線放射が、既知のガンマ線放射天体の方向ではなく、天の川に沿って広がって分布する様子を発見しました。

◆この観測結果は、60年来の謎である高エネルギー宇宙線の起源「ペバトロン」が、過去または現在の銀河系内に存在することを示す決定的な証拠です。

◆さらに「ペバトロン」で生成された宇宙線が、数百万年以上の間銀河系内に閉じ込められ、宇宙線のプールを形成しているという理論モデルを初めて実験的に検証しました。

工学部総合工学プログラム(物理学教室)の日比野 欣也 教授、有働 慈治 准教授らの研究グループ(神奈川大学工学部、東京大学宇宙線研究所など)が、高エネルギー宇宙線の起源「ペバトロン」が存在する証拠を発見した研究論文が、米国物理学会の権威ある科学誌「フィジカル・レビュー・レターズ」の電子版に掲載されました。日比野教授は「フィジカル・レビュー・レターズで論文が『Editors' Suggestion』、『Featured in Physics』に選出された上に、評価の高い論文としてPhysics誌のViewpointで取り上げられたことを大変光栄に思います」 と話しています。
来年以降はボリビアでも南天の観測を実施する予定で、「我々の銀河中心方向にはペバトロンの候補がたくさんあるはず」(日比野教授)とし、天体物理現象の解明に挑み続けます。

関連リンク

年別一覧
最新のお知らせ