お知らせ

2021.01.12

桑原 恒夫教授(理学部)が9th International Congress on Advanced Applied Informatics(高度応用情報学 国際会議)でHonorable Mention Awardを受賞しました

  • LINEでシェア
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア

桑原 恒夫教授(理学部)が9th International Congress on Advanced Applied InformaticsでHonorable Mention Awardを受賞しました。

”International Congress on Advanced Applied Informatics”とは、情報関係全般の最新技術を発信する国際会議のことで、9回目となる今回はコロナ対応でオンデマンド形式で開催されました。桑原教授の論文は多くの論文が査読されたなかで、“Honorable Mention Award”を受賞しました。また、論文に掲載されている技術については、神奈川大学を名義人とした特許がすでに成立しています。

 

研究内容

テーマ:New Data Structure for Many-to-Many Relations to Reduce Data Size, Recording Time, and Search Time

内容:本論文は多対多の関係を有する2つの項目間の関係(例えばホームページと閲覧者の関係)のデータを記録するにあたり、その2つの項目の複数の値を包含する新たな変数を準備し、その新たな変数を介して2つの項目間の関係を記録するという方式を新たに提案したものです。これにより、記録すべきデータ量を大幅に減らすことができ、またデータの記録時間や検索時間の短縮も図れます。

受賞のコメント

国際会議の発表で名誉ある賞を頂き、ありがたく存じております。なお、本研究はこの国際会議への投稿後の研究成果も含め、さらに進んだ内容で国際的論文誌「Information Engineering Express」に掲載されています。その論文誌はオープンアクセスのため、以下のリンクにあるURLで全文を閲覧できます。ご興味にある方はぜひご覧ください。

関連リンク