• ホーム
  • お知らせ
  • 工学部 山崎徹教授が自動車技術会のJSAE フェローエンジニアの認定を受けました
  • 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

お知らせ

2020.08.27

工学部 山崎徹教授が自動車技術会のJSAE フェローエンジニアの認定を受けました

このページを他の人と共有する

この度、工学部 山崎 徹教授が 公益社団法人自動車技術会(JSAE)から第14回(2020年度)フェローエンジニアの認定を受けました。山崎教授が認定を受けたのは振動・騒音・乗心地/教育部門です。
JSAEフェローエンジニアは、日本を代表する自動車技術者として、自動車技術に関する広範な総合的知見と極めて高度な専門知識と経験を有することが認められたエンジニア(技術者)のことです。日本最大の学術団体である自動車技術会(会員数約51,000名)における自動車エンジニアとして最上位の資格となります。
栄えあるフェローエンジニア認定に対して、山崎教授は「工学部の教員として、自動車関連業界へ少しでも役立つ技術を、という思いで学生と共に研究を行っています。また、委員会などで新たな動きを様々な組織の方々と連携して取り進めております。関係各位のおかげにてこの度の認定がなされたものと思います。引き続き、多くの関わりの中で次世代に意思を紡いでいけるように精進したいと思います」と喜びの声を寄せられました。

自動車技術会(JSAE)フェローエンジニアの認定者像

・日本を代表する自動車技術者として、自動車技術に関する広範な総合的知見を有するか、極めて高度な専門知識と経験を有し、自動車技術者から目標とされる技術者。
・後進の指導、育成する能力を身につけている。
・高い見識と倫理観を有している。

関連リンク

最新のお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ