• ホーム
  • お知らせ
  • 飛沫感染を防ぐフェイスシールドを3Dプリンタで。道用 大介 准教授(経営学部)が3Dプリンタでまとめ作りできるデータを公開しました
  • 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

お知らせ

2020.04.06

飛沫感染を防ぐフェイスシールドを3Dプリンタで。道用 大介 准教授(経営学部)が3Dプリンタでまとめ作りできるデータを公開しました

このページを他の人と共有する

  • 3Dプリンタによりフレームを加工3Dプリンタによりフレームを加工
  • クリアファイルに穴を開ける位置をマーククリアファイルに穴を開ける位置をマーク
  • 穴あけパンチで穴を開けます穴あけパンチで穴を開けます
  • 完成品完成品
装着した道用大介准教授装着した道用大介准教授


顔への飛沫感染を防止するフェイスシールドを作成してみてはいかがでしょうか。
経営学部の道用大介准教授は、3Dプリンタを用いてフェイスシールドの制作に取り組んだ結果、身近にあるクリアファイルと3Dプリンタでまとめ作りできるデータを公開しています。


【道用大介准教授より制作の背景】

ヨーロッパで医療防護具が不足し、3Dプリンタを使ってフェイスシールドを作り医療現場に届けているという事例を知りました。
日本ではまだそこまでになっていないですが、もしもの時のためにヨーロッパで使われているオープンソースのデータをいくつかダウンロードして3Dプリンタで出力してみました。
ところが、まとめづくりできるが装着感がいまいちであったり、装着感は良いがまとめづくりに向いていなかったり、シールド部分はレーザーカッターを使って加工する仕様になっていて手軽に作れないなど、個人的にいろいろと感じることがありました。
そこで、「まとめづくりできて装着感も良いもの」「シールド部分は取り替えたりもするので手軽につくれるもの」を作ってみようと思い、設計しました。

データはオープンソースとして公開していますので、自由にご活用ください。別ウインドウで開きます

関連リンク

最新のお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ