• ホーム
  • お知らせ
  • 平塚市民・大学連携事業「土屋小学校 一日大学生」を開催しました
  • 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

お知らせ

2019.10.15

平塚市民・大学連携事業「土屋小学校 一日大学生」を開催しました

このページを他の人と共有する

9月19日(木)湘南ひらつかキャンパスにおいて平塚市立土屋小学校の5、6年生を対象にした「土屋小学校 一日大学生」を開催しました。

参加した小学生には一日、神奈川大学生になりきってもらい、食堂での学食体験をした後は、経営学部・理学部それぞれの担当教員による講座を体験しました。

経営学部の講座では、企業経営体験ができるゲームで国際経営について学びました。行われたのは、参加者がチームに分かれ、そのチームを会社と見立て、遠くまで飛ぶ紙飛行機をより多く作り、他のチームよりも多くのお金を稼ぐことを目的としたゲームで、チームごとに資源、技術力が異なっていたり(これを、はじめから机に置かれているはさみ等の道具の質の違いや、紙飛行機を作るための紙の枚数の差などで表現されていました)、社員に支払う給与のことを考えたりと、本格的な要素が取り入れられており、そういった要素も楽しみながら小学生たちは勉強をしていました。

理学部の講座では、植物や果物のつくり、仕組みを学ぶ「植物形態学」について勉強をしました。講座は、植物の写真を見ながらその植物に「花」は何個付いているかを当てるクイズをしたり、実際に果物を包丁で切って、その断面を観察したりするなど、大学の研究分野である植物形態学でも、小学生が学びやすいかたちで行われました。普段の小学校の教室とは違う、大学の実験実習室という環境もあって小学生たちは興奮した様子で、植物を観察していました。

このイベントは平塚市民・大学交流委員会による交流事業の1つとして実施されたもので、他にも市民と大学が協力して行う「里地・里山再生プロジェクト」や、平塚市内の小学生を対象とした「子ども大学ひらつか 奏アカデミー神奈川大学」等様々なイベントを通じて平塚市民と大学の交流が活発に行われています。

平塚市民・大学連携事業「土屋小学校 一日大学生」

日程

2019年9月19日(木)

プログラム

講座(経営学部)「ゲームで楽しく学ぶ「国際経営」~飛べ!!紙飛行機~」
講師 湯川 恵子(経営学部准教授)

 

講座(理学部)「花と果物のつくり~植物形態学入門~」
講師 岩元 明敏(理学部准教授)

主催

平塚市民・大学交流委員会

最新のお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ