• ホーム
  • お知らせ
  • 東京2020水泳連盟強化選手 後藤真由子選手(人間科学部4年水泳部)がフットマーク株式会社に入社し五輪を目指します!
  • 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

お知らせ

2018.03.05

東京2020水泳連盟強化選手 後藤真由子選手(人間科学部4年水泳部)がフットマーク株式会社に入社し五輪を目指します!

このページを他の人と共有する

水泳部の後藤真由子選手(人間科学部4年)が2018年4月1日付けでフットマーク株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:三瓶 芳)に入社することとなりました。卒業後も神奈川大学を練習拠点に今後は「Jaked Elite Team(ジャケッドエリートチーム)」の所属選手として競技会に出場していくこととなります。

後藤選手の専門種目は背泳ぎ・自由形で、特に200m背泳ぎでは2016年の日本学生選手権の優勝を皮切りに日本のトップクラスの仲間入りを果たし、昨年は第29回ユニバーシアード大会に日本代表選手として出場いたしました。東京2020大会を目指す期待の選手の一人として注目されています。
4月には日本選手権(パンパシフィック選手権、アジア大会日本代表選考会)が行われ、代表権をかけて挑戦いたします。

卒業後も更なる活躍が期待される後藤選手へ、皆さまの応援をよろしくお願いいたします。

写真提供:(C)フットマーク株式会社 ※画像コピー、他への転用はご遠慮ください。

主な戦績

・2016年 日本選手権3位
・2016年 日本学生選手権優勝
・2016年 アジア選手権4位
・2017年 日本選手権4位
・2017年 第29回ユニバーシアード大会8位

※いずれも200m背泳ぎ

後藤真由子選手コメント

4年間、応援いただきありがとうございました。4月よりJaked Elite Teamとしてフットマーク株式会社にお世話になることになりましたが、卒業後も母校神奈川大学を練習拠点に東京2020に向けて精一杯努力していきたいと思っております。引き続き、よろしくお願いいたします。

フットマーク株式会社について

水泳・介護・健康インナーの企画製造販売を事業の軸にし、赤ちゃんからお年寄りまで健康に役立つ商品を提供。今年で創業72年目。2010年に競泳事業を開始し、2011年に初めての契約選手である金藤理絵選手(リオデジャネイロ五輪・競泳女子200m平泳ぎ金メダリスト)と所属契約を結ぶなど、積極的にアスリートを支援している企業です。

関連リンク

最新のお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ