• ホーム
  • お知らせ
  • 石川拳大選手が「11th All Japan Surfing Grand Champion Games 2017」において、2位に入賞しました
  • 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

お知らせ

2018.01.15

石川拳大選手が「11th All Japan Surfing Grand Champion Games 2017」において、2位に入賞しました

このページを他の人と共有する

石川拳大選手(経営学部4年)が2017年10月28日(土)~29(日)に高知県東洋町の生見海岸で開催された11th ALL JAPAN SURFING GRAND CHAMPION GAMES 2017において、2位に入賞しました。

年間の成績でランキング上位40位までしか出場できない、レベルの高い大会です。
2020年の東京オリンピック、日本代表を選抜するために強化指定選手も数多く参加している大きな大会の一つです。
今後は日本情報通信株式会社の社会人アスリートとして、世界ツアーに参加をしていく予定です。

石川選手は「当日の良い波に乗れ、2位という成績を残すことができました。1位まで後一歩というところでしたが、全日本の悔しさを晴らすことができ、また大学生としての最後の大会で良い成績が残せたので、大変嬉しく思います」と意気込みを語ってくれました。

石川選手は、以前よりサーフィンを通じてさまざまな活動にも精力的に取り組んでおり、卒業制作として環境問題とサーフィンに関する映画制作も行いました。
11月には、制作した映画の上映会も行い、多くの方に自身の活動と「自然や社会に向き合うことの大切さ」を知ってもらう機会となりました。

今後も石川選手に、皆さまのあたたかいご声援をよろしくお願いいたします。

写真提供:一般社団法人 日本サーフィン連盟

関連リンク

最新のお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ