プレスリリース

2020.12.10

神奈川大学×文教大学 協働プロジェクトで飲食店のメニューを開発。12月11日より、柳島キッチンにて提案メニュー販売

神奈川大学工学部の髙野倉雅人ゼミナールと文教大学健康栄養学部の笠岡誠一ゼミナールの学生が協働プロジェクトを立ち上げ、文教大学の所在地である神奈川県茅ヶ崎市にある「柳島キッチン」へメニューを提案。開発されたメニューを、12月11日(金)より店舗で販売開始します。

本件のポイント

・神奈川大学工学部の髙野倉雅人ゼミと文教大学健康栄養学部の笠岡誠一ゼミの学生が協働プロジェクトを企画。

・UXデザインに考慮し、健康的で栄養バランスも考えられたメニューの提案を実施。


・12月11日(金)より、茅ヶ崎市の「柳島キッチン」でメニューの販売開始。

文教大学健康栄養学部の笠岡ゼミでは、ゼミ活動の一環として、一般企業と共同で商品を開発しており、授業で学んだ栄養学の知識を使いつつ、食品業界の現場を学んでいます。

今回は、栄養面に考慮したメニュー開発に加え、神奈川大学工学部の髙野倉雅人ゼミが協力をし、「UXデザイン」にも考慮した新たなメニュー開発を行いました。「UX(ユーザーエクスペリエンス)」とは、顧客のニーズを満たすだけではなく、潜在的な欲求を掘り起こし、顧客の体験価値を創造することです。「UXデザイン」が飲食店のメニュー開発で考慮されることは今までほとんどありませんでしたが、今回、髙野倉ゼミと笠岡ゼミとの協働プロジェクトにより実現しました。

本プロジェクトの目的

鶏むね肉の竜田揚げ 根菜の黒酢あんかけ 1,200円(税別)
鶏むね肉の竜田揚げ 根菜の黒酢あんかけ 1,200円(税別)

本プロジェクトは、コロナ禍で外食を控える方が多くなったことをきっかけに、改めて外食の意味や価値を見直すことを目的に立ち上げました。

髙野倉ゼミがアンケートの実施・分析を担当し、商品の「UXデザイン」のコンセプトを決定。笠岡ゼミは、そのコンセプトを踏まえ、バランスの良いメニューを開発し、以前よりコラボを行っていた「柳島キッチン」にメニューを提案をしました。メニューは、「和風ロコモコボウル」などの4つが開発され、12月11日(金)から期間限定で販売されます。

また、今回のプロジェクトの詳細は、12月12日(土)、13日(日)に開催される日本人間工学会・関東支部大会(オンライン)にて髙野倉准教授、笠岡教授の連名で発表予定です。

学生の指導を担当した教員は、

「コロナ禍のため、昨年までと異なるリモート環境で困難なこともありましたが、皆さんの取り組みが実を結びました。学生には、笠岡ゼミと柳島キッチンの皆さまとの協働プロジェクトから学んだUXデザインを実践することの楽しさと難しさ、またその経験を今後に活かしてほしいと思います」(髙野倉准教授:神奈川大学)

「UXデザインって何? という感じのスタートでしたが、とても実用的な思考方法だと分かりました。「食」はありふれたものだからこそ、異分野との交流により新しい発見が見つかるものです。飲食店内のレイアウト、従業員のサービスのしやすさなどもUXデザイン的思考で改善していけるものと確信しました」(笠岡教授:文教大学)

と話しています。
今後は、食事メニューだけでなく、飲食店舗内のレイアウトの構築の提案も検討しています。

柳島キッチンでの販売について

期間

12月11日(金)~終了日未定

場所

柳島キッチン
(神奈川県茅ヶ崎市柳島1300番地 柳島スポーツ公園 クラブハウス2階)

時間

9:00~17:00 ※時短営業中

商品

・鶏むね肉の竜田揚げ 根菜の黒酢あんかけ 1,200円(税別)

・和風ロコモコボウル 1,000円(税別)

・腸美人サラダチキンラップ 700円(税別)

・湘南しらすとマグロカツのカツ茶づけ 1,000円(税別)

販売メニュー詳細

年別一覧
最新のお知らせ