ホーム教育改善(FD)活動

教育改善(FD)活動

「神奈川大学教育支援センター規程」では、本学におけるFDの定義を「本学の教育理念並びに各学部及び各研究科の教育目標に基づき、教員の自主的・自律的な日常的教育改善を実施する活動及びそれを支援するため、教員と職員とが協働し、本学学生の参画を得て、組織的な研修及び研究を実施する活動」としています。
「FD・学生支援推進委員会」では、教員一人ひとりの教育力向上にむけた自己研鑽を基本としながらも、各学部・研究科の組織的なFDへの取り組みを把握し、教育の質保証のための全学的なFD活動方針の策定を行っています。同委員会は毎月1回開催され、各学部・研究科におけるFD活動との連携を目指すとともに、全学的FD活動の実質的かつ組織的な新たな試みにも取り組んでいます。

「FD・学生支援推進委員会」と「学部FD委員会および大学院研究科FD委員会」との関係

学部FD委員会および大学院FD委員会(以下、学部等FD委員会という)は、FD関連活動の洗い出し・継続・活性化を図るとともに、「FD・学生支援推進委員会」と連携しながらFD活動を遂行しています。(下図参照)
神奈川大学のFDの取組みは大学の理念・目標を確認することから始まります。その理念・目標に基づいて、各学部・研究科における教育理念を再確認し、それぞれに適したFDを推進することが重要になります。全学FDを実質化させるための鍵は、各学部・研究科の個々の教員がFDの定義・目的等について全学の共通認識を持つことが必要だと考えられます。 「FD・学生支援推進委員会」は、本学におけるFDを担う全学的組織で各学部FD委員会委員長と各委員会から選出された委員により構成され、学長のもとに置かれています。「FD・学生支援推進委員会」では、全学的にFDを推進するために必要な制度・政策に関する事項を学部等FD委員会の具体的な取り組みに対応して審議・決定し、その決定事項は、その都度、学部等FD委員会にフィードバックされ、両委員会が連携してFDを実践的に推進しています。

「FD・学生支援推進委員会」と「学部・研究科FD委員会および大学院研究科FD委員会」との相関図

活動内容

教育改善のための授業アンケート

2002年度から、学生による授業アンケートを全学的に隔年で実施しています。「全学的な組織的教育改善に向けて学生の授業に対する取り組みや捉え方を理解する資料を収集し、各々の教員及び組織に授業を改善する機会を提供すること」を目的として実施します。

2008年度教育改革のための学生による授業アンケート報告会

2008年度教育改革のための学生による授業アンケート集計結果

2010年度教育改革のための学生による授業アンケート集計結果

2012年度教育改善のための学生による授業アンケート集計結果

2014年度教育改善のための学生による授業アンケート集計結果

2016年度教育改善のための学生による授業アンケート集計結果

2018年度教育改善のための学生による授業アンケート集計結果

「遠隔授業の有効性と課題」に関する調査アンケート

新型コロナウイルス感染拡大防止のために実施した2020年度前学期の遠隔授業に対して、その有効性と課題を探るため、「遠隔授業の有効性と課題に関する調査アンケート」を2回実施しました。本アンケートはすべての学生と教員を対象とし、学生には授業の受講状況について、教員には担当授業の運営状況についてアンケート調査を行いました。回答者数については、第1回は学生3,900名、教員536名、第2回は学生1,825名、教員428名からの回答がありました。本アンケートの結果を受け、本学では今後の遠隔授業の実施方法の検討をはじめ、遠隔授業に関するFD(ファカルティ・ディベロップメント)活動にも活用し、教育活動の改善に努めます。

第一回

「遠隔授業の有効性と課題」に関する調査アンケート 学生向けアンケート集計結果

「遠隔授業の有効性と課題」に関する調査アンケート 教員向けアンケート集計結果

第二回

「第2回 遠隔授業の有効性と課題に関する調査アンケート」学生向けアンケート集計結果

「第2回 遠隔授業の有効性と課題に関する調査アンケート」教員向けアンケート集計結果

 

学生参画による実践的FD研修会

FD研修会の様子

「FYS(ファースト・イヤー・セミナー)」や「大教室」での授業実践報告会等を開催しています。学生の参画を得てパネルディスカッションを行い、授業改善の課題や問題点について全学的に踏み込んだ情報交換の場を提供しています。

[2021年度]
[2020年度]
[2019年度]
[2018年度]
[2017年度]
[2016年度]
[2015年度]
[2014年度]
[2013年度]
[2011年度]
[2010年度]
[2009年度]

TA(ティーチングアシスタント)

この制度は、本学大学院生をTAとして採用し、学部及び大学院の講義、実験、実習、演習等の教育的補助業務に従事させることにより、学部及び大学院の教育の充実並びに本学大学院生の教育・研究能力の発展に資することを目的としています。

SA(ステューデントアシスタント)

この取り組みは、本学学部生をSAとして採用し、学部の講義、実験、実習、演習等の教育的補助業務に従事させることにより、教員と学生の橋渡しを行い、学びへの意識を高める役割を担い授業改善を行います。また、SA自身に対しては、主体的に学ぶ姿勢や責任感、大学への帰属意識を身に付けさせることを目的としています。