News & Topics

2022.11.07

本学OBで芥川賞作家の砂川文次さんをゲストに迎えてイベントを開催しました

    • LINEでシェア
    • Twitterでシェア
    • Facebookでシェア

11月6日(日)、本学卒業生で第166回芥川賞を受賞された砂川文次さんをゲストに迎えたイベント「University Talk」を開催しました。

横浜キャンパスの大学祭「神大フェスタ」内で行われたこのイベントは、”神大フェスタに学問的交流の場を”という思いのもと、2021年から始まった新しい企画で、「神大フェスタ」の中で学問的・社会的なテーマを取り扱い、参加者が交流できる場を作りたいという思いから、神奈川大学の卒業生であり、著書『ブラックボックス』で芥川賞を受賞された砂川文次さんをゲストにお招きして、本学文藝部の学生と座談会形式で開催されました。

 

大きな拍手に迎えられ、砂川さんが登場し、トークイベントがスタート。文藝部の学生からは、「芥川賞受賞の心境は?」、「普段働いているが、いつどのようなタイミングで執筆しているのか?」「学生時代の思い出や学生の頃やっておけば良かったことは?」などたくさんの質問が出ました。

学生時代、神奈川大学図書館を良く利用していたという砂川さん。高校の終わりから大学に掛けて多くの本を読まれたそうで、イベントが行われた神奈川大学図書館も頻繁に通われていたそうです。

普段大学生と話す機会が無いという砂川さんからは「可処分時間は持てているのか?」「Z世代と呼ばれているがどう思う?」など質問もありました。

参加者からは「とても有意義着な時間であった」「もっと聞いていたかった」などの意見が聞かれました。