News & Topics

2022.04.28

課外活動における各種ガイドラインの一部改訂について

    • LINEでシェア
    • Twitterでシェア
    • Facebookでシェア

 

 所定の手続きを行いコロナ禍で活動を再開している課外活動団体の皆様におかれましては、大学が示す各種ガイドラインに記載の内容を遵守したうえで活動していることと思いますが、4月28日(木)より下記のとおり各種ガイドラインの記載内容を一部改訂しましたので、お知らせいたします。

 

【主な改定内容】

  1. 合宿、大会等出場に伴う宿泊時の各部屋の利用人数を緩和(1部屋につき2名⇒1部屋につき4名)
  2. 合宿、大会等出場に伴う宿泊時の体調管理期間(3日⇒2日)
  3. 車移動時の乗車定員の緩和(2列シート普通乗用車であれば2名まで⇒感染対策を徹底のうえで乗車)
  4. マスクの記載を「不織布マスク」に修正

 

 下記に改定された各種ガイドラインを掲載しておりますので、必ず確認するようにしてください。
 本学も引き続き感染防止対策に取り組んでいきますので、学生の皆様においても、感染予防により一層の意識を持って活動するようにしてください。

一部記載内容が改定されたガイドライン(改定部分は赤字)

その他の各種ガイドライン等(改定なし)

新規で活動再開を希望する場合はこちら

2022年4月28日以降に新たに活動再開を希望する場合は、以下の手順に従って、所属キャンパス学生課に申請するようにしてください。

(1)部内で『課外活動全般に関するガイドライン』・『新型コロナ禍の課外活動において感染対策責任者が行うべきことについて』の記載内容を十分に確認し、活動再開に際しての準備を行うこと。
(2)部内で『新型コロナ感染者・濃厚接触者発生時の対応マニュアル』の記載内容を十分に確認し、有事に迅速に対応できるよう役割分担を明確にすること。
(3)(1)~(2)の事前準備を行い、『誓約書』を所属キャンパス学生課宛に提出すること。

注意事項

  • 各種ガイドラインの遵守事項に違反した場合や新型コロナ感染者・濃厚接触者発生時の初動対応等に問題があると判断された場合、活動停止等の処分を科します。十分に記載内容を理解したうえで申請するようにしてください。
  • 飲食を伴う懇親会・交流会等、接触感染や飛沫感染のリスクが高い活動は、屋内外を問わず引き続き禁止とします。
  • 練習試合や合同練習等で学外者の入構を伴う学内施設での活動は、引き続き禁止とします。
  • 大学が示す『合宿に関するガイドライン』を遵守でき、大学から委嘱されている現場指導者の同行・管理のもとで活動が可能な公認団体(準公認団体も含む)に限り合宿の開催を認めます。大学から委嘱されている現場指導者の同行、管理のもとで活動できない公認サークル団体等の課外活動団体の合宿は引き続き禁止とします。
  • 大学が示す『大会やイベント参加に伴う宿泊ガイドライン』を遵守でき、宿泊期間中は常に指導者と連絡が取れる体制が整っている公認団体(準公認団体も含む)に限り、大会やイベント参加に伴う宿泊を認めます。指導者が不在の公認サークル団体等の課外活動団体については、『大会やイベント参加に伴う宿泊誓約書』を事前に所属キャンパス学生課に提出し、許可を得た場合についてのみ宿泊を許可します。

活動再開後の必要手続きについて(週次報告の提出)

コロナ禍で活動を再開している課外活動団体は、必ず1週間単位で回答フォームより活動報告を提出してください。
提出期日 : 毎週月曜 朝9:00 締め切り

本件に関する問い合わせ先

横浜キャンパス kuykagai-ml@kanagawa-u.ac.jp
湘南ひらつかキャンパス kukagai-shc@kanagawa-u.ac.jp
みなとみらいキャンパス kagai-mmc@kanagawa-u.ac.jp