神奈川大学 ダイバーシティ宣言

神奈川⼤学はダイバーシティを推進します。
神奈川⼤学は、国内外から集う多様な学⽣と教職員⼀⼈ひとりの⼈権と⾃由を守り、
さまざまな違いを個性として認めあう
⼤学コミュニティを創造します。

同時に、国籍、⼈種、⺠族、宗教、信条、
出⾃、年齢、性別、性的指向・性⾃認、
障がい等にもとづくいかなる差別も
⽣まないよう努め、
よりよい共⽣社会を築くことをめざします。

神奈川⼤学は、異なる属性や価値観を理解し
尊重しあうことの⼤切さを学⽣に伝え、
世界の恒久平和と⼈類の幸福の実現に
貢献できる良識ある市⺠を育成します。
また、社会に存在する差別や偏⾒の根源的な解明と解決をめざすとともに、
ダイバーシティを推進する意義を
社会に発信します。

質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 人や国の不平等をなくそう 平和と公正をすべての人に パートナーシップで目標を達成しよう

2018年9月28日

神奈川大学

基本方針

  • 認識の共有

  • 環境の整備

  • 当事者への理解と支援

  • 構成員のダイバー
    シティの促進

  • 教育と研究の推進

  • 学内諸組織と
    全学の取り組み

  • 1

    認識の共有

    神奈川⼤学ダイバーシティ宣⾔の精神にもとづき、様々な背景をもつ学⽣と教職員⼀⼈ひとりを個⼈として尊重し、あらゆる差別を排除することを、すべての構成員の共通認識とするよう努めます。

  • 2

    環境の整備

    国籍、⼈種、⺠族、宗教、信条、出⾃、年齢、性別、性的指向・性⾃認、障がい等にもとづく差別や障壁なく、平等に学⽣⽣活と職業⽣活を送ることができるような環境を整備します。

  • 3

    当事者への理解と支援

    多様な当事者のそれぞれが抱えている問題への理解を深め、アンコンシャス・バイアス(無意識な認識の偏りや無知)を克服しつつ、必要な⽀援を⾏ないます。

  • 4

    構成員のダイバーシティの促進

    ⼥性教職員⽐率の増⼤をはじめ構成員のダイバーシティを⾼めるとともに、意思決定において多様な意⾒が反映されるよう、全学的な努⼒を⾏ないます。

  • 5

    教育と研究の推進

    ダイバーシティをめぐる現状と課題についての教育と研究を推進し、あらゆる⼈びとの⼈権を尊重できる市⺠を社会に送り出すとともに、⼤学と社会との交流を進めます。

  • 6

    学内諸組織と全学の取り組み

    学部・研究科、事務部局など学内のそれぞれの組織がダイバーシティ推進に関する⽅針をもつことをつうじて、全学的な取組みを豊かにします。

男女共同参画推進室

男女共同参画推進室は、男女共同参画・ダイバーシティに関心のある学生・教職員誰もが利用することができます。
国立女性教育会館(NWEC)所蔵を含む図書の閲覧、一部貸し出しも行っています。
また、定期的にキャリア、ジェンダーやLGBTなどに関する勉強会・読書会等も行っています。
詳しくは下記までお問合せ下さい。

電話
045-481-5661(代)
E-mail
gender-bureau@kanagawa-u.ac.jp
開室日
毎週月曜日・水曜日
開室時間
10:00~15:30
場所
横浜キャンパス 28号館111室

これまでの活動

  • 講演会・シンポジウム(ライフキャリア講演会・ジェンダー・セクシュアリティ関係講演会)
  • 連続講演会
  • 神大ワーク&ライフデザイン教育プログラム事業
  • 短期ワーク&ライフ・インターンプログラムの実施
  • 共通教養科目「公共のあたらしい形をもとめて1-ジェンダー」への協力
  • 図書の貸し出し
  • ランチミーティング
  • 修⼠論⽂・卒業論⽂など成果発表会
  • 男女共同参画推進室報告会
  • 神奈川県主催性的マイノリティ理解作促進フォーラム・人権メッセージ展への参加
  • 特定非営利活動法人かながわ女性会議主催事業への参加
  • 学生サークルなどへの支援
  • ジェンダーの視点からのキャンパス点検ワークショップ
  • 男女共同参画の観点からの昼休みキャリア講座
  • 事業所内保育所設置に向けた活動
  • ニュースレターの発行   他