• ホーム
  • お知らせ
  • 東京都への緊急事態宣言が延長されたことに伴う本学の対応について【5月31日更新】
  • 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

お知らせ

2021.05.31

東京都への緊急事態宣言が延長されたことに伴う本学の対応について【5月31日更新】

このページを他の人と共有する

 

東京都への緊急事態宣言が延長されたことに伴う本学の対応について(お知らせ)

 東京都に発出されている新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が再延長されたことを受け、本学は引き続き遠隔授業を以下のとおり継続します。

◆東京都の緊急事態宣言発出期間(延長): 6月1日(火)~6月20日(日)
 遠隔授業実施期間延長 : 6月1日(火)~6月20日(日)
 ただし、5月12日以降対面授業を再開している実験実習等の一部の科目は、そのままの形態を継続します。
 在学生の皆さんには、WeBSt@tionにお知らせを掲出しますので、内容を確認してください。

◆在学生の皆さんや大学関係者にも感染者や濃厚接触者が増えている状況は変わっていません。授業内での感染防止対策はもとより、授業外でも各自で感染予防に努めてください。最近では特に変異株の感染が広がっており、若者にも感染者が増え、重症化する人も出ています。変異株の初発症状は風邪と似た軽度のものが多いため医療機関への受診が遅れ、濃厚接触者を増やすことにもつながります。また、変異株はエアロゾル(飛沫感染)が多いと言われているため、エレベーター内など狭い場所での会話を控え、喫食時には個食・黙食に努めましょう。

皆さん自身の身の安全を確保すると同時に、周囲の大切な人の命を守るための「感染しない」「感染させない」ことに配慮し、少しでも体調不良を感じたら外出をせず様子をみてください。学生の皆さんの理性ある行動を願っています。

 

【重要】新型コロナの動向(約4分) こちらをクリックしてください。
今、大規模クラスターが多発しています。 本学学校医が、変異株の特徴と対応についてお伝えします。 この動画(約4分)で、あなたの距離感を変え変異株に対抗しましょう。

 

Kanagawa University COVID-19 Measures Regarding Extension of COVID-19
State of Emergency for Tokyo Metropolis (Notice)

As the COVID-19 state of emergency for the Tokyo Metropolis has been extended again, Kanagawa University will continue to provide online classes according to the following.

◆Period of State of Emergency in Tokyo (extension): 1 June (Tue) – 20 June (Sun)
 Period of conducting all classes remotely (extension): 1 June (Tue) – 20 June (Sun)
 However, some classes that are based on practical work or experimentation may be held in person with appropriate measures taken to prevent spread of COVID-19.
 For more information about this situation, students are asked to please refer to the notice(s) to be sent on WeBSt@tion.

◆The number of infected patients and close contacts is increasing among our students and other members of our university family. Please do not only take measures to prevent becoming infected while in the classroom, but also wherever you may be. Recently, spread of variants of the virus in particular has become more prevalent and cases of young people getting the virus and even developing serious symptoms have increased. The initial symptoms of the variants are similar to that of a common cold, which means that many people delay visiting the doctor and have close interaction with more people. Variants seem to have higher chances of aerosol infection so please avoid conversation in closed spaces such as elevators and, when eating, eat alone and silently.

In addition to looking after your own health, at the same time make sure you look after the health of the people around you and act rationally, following the principles of “don’t get infected/don’t infect others”. If you feel even slightly unwell, do not go outside and monitor your situation carefully. We wish that all of you will act rationally and appreciate your cooperation.

最新のお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ