• ホーム
  • お知らせ
  • 平塚市・神奈川大学交流事業「夏休み親子科学教室」を開催しました
  • 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

お知らせ

2018.08.28

平塚市・神奈川大学交流事業「夏休み親子科学教室」を開催しました

このページを他の人と共有する

8月10日(金)湘南ひらつかキャンパスにおいて平塚市・神奈川大学交流事業「夏休み親子科学教室」を開催しました。

このイベントは、平塚市・神奈川大学交流事業として、例年、平塚市内の旭南公民館にて実施されていましたが、今年度は開催場所を神奈川大学 湘南ひらつかキャンパスに移し、平塚市西ブロック公民館(金目・金田・土屋・吉沢・旭南・旭北)の共催として規模を拡大して実施されました。各公民館のある地域にお住まいの平塚市民100名以上が親子で参加しました。

当日は加部義夫教授(理学部)による、「液体窒素によってさまざまなものを凍らせる実験」、「材料を使ってスライムを作る実験」、「液体を混ぜて発光現象を観察する実験」の3つの実験が行われました。目の前で起きる化学反応に、大人も子どもも驚き、楽しんでいる様子が見られました。

平塚市・神奈川大学の交流事業としてこの他に、大学による各種人材の派遣、地域公開講座の開催、市の主催する地域行事への参加、市によるインターンシップ受け入れなど、活発な相互交流が行われています。

平塚市・神奈川大学交流事業「夏休み親子科学教室」

テーマ:「液体窒素 -200℃の低温体験」、「スライムをつくろう」、「蛍の光をつくろう」

講師:加部 義夫(理学部化学科 教授)

最新のお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ