ホーム活動理念

活動理念

ご挨拶

神奈川大学教育支援センターは、高等教育のユニバーサル化に伴い、多様な学生が入学している状況に際し、教育の質を保証、向上させることを使命として、2012年4月に開設しました。本学における教育の質保証は、学生一人ひとりに対して「自立した良識ある市民としての判断力と実践的能力、国際的感性とコミュニケーション能力を有し、専門的知識と技能を身に付けた、自ら成長することのできる人材」(神奈川大学の理念)として教育し、世に送り出すことです。教育支援センターは、次に挙げる2つの活動を通じて、この使命を果たしていきます。

第1の活動は、FD活動です。今日のユニバーサル化における多様な学生の受け入れにあたり、教員は学生が身に付けるべき能力を明確に捉え、学生の主体的・自発的な学びを促すことが求められています。このような中で本学は「教員の教育力の向上」を主軸とし、学部・学科、研究科ごとの組織的活動を通じて、授業改善等に取り組んでいきます。

第2の活動は、学生支援活動です。教育支援センターでは、学生支援スペースを横浜キャンパス・湘南ひらつかキャンパスに開設しています。併せて、基礎的な学力、学習方法、自律的な学習習慣を身に付けるための学習相談、障がいのある学生支援、さらには学生ボランティア活動に対する支援を行っています。これらの学生支援活動は、広く学生の主体的・自発的な学びを促すことに通じると考えています。

そして、上記2つの活動を結びつけ循環させていくことが、教育支援センターの目標です。各学部・学科、各大学院研究科と連携して、全ての教職員と学生がFD活動や学生支援活動に積極的に参加できるよう努めていきます。