メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

日本語教員養成課程

日本語教員養成課程〔全学部対象/横浜キャンパスで開設〕

日本語教員とは?

日本語教員とは?

日本語を母語としない人を対象に、外国語または第二言語としての日本語を教えることを日本語教育と言います。その教育にあたる日本語教員は高度な専門職であり、幅広い知識、教養、豊かな人間性、国際感覚が必要とされます。本学では、日本語教育に関する専門的な知識・スキル・態度を身に着けることを目的として、「日本語教員養成課程」を設置しています。
日本語教員養成課程の修了者には、卒業の際に修了証書が交付されます。これは本学の所定の課程を修了したことを証するものであり、小中学校の教員免許のような公的な「日本語教員」の資格は、現在のところ存在しません。大学などの日本語教員養成課程を履修し、さらに「日本語教育能力検定試験」に合格することによって、日本語教師として国内外で活躍するために必要な能力水準を満たしていると認定されます。

日本語教員養成課程指導室について

日本語教員養成課程履修者のために、日本語教員養成課程指導室(17号館4階432室)を設置しています。ここでは、履修や学修の相談や日本語教育に関する情報収集などができます。

課程登録

選考を経て2年次に本登録(登録費20,000円)を行います。課程登録を行わないと日本語教員養成課程の科目を履修することはできません。

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ