• 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

公認心理師試験の証明書申請について

公認心理師試験の「科目履修証明書」発行について

【大学院を修了された方】※Dルート

2017年9月15日以前に人間科学研究科(臨床心理学研究領域)へ入学または修了している方については、公認心理師法附則第2条により移行措置が適用され、科目の読み替えが可能となり、受験資格の特例が認められることになっています。
なお、受験に関する書類は一般財団法人日本心理研修センターの指定先に提出することが定められており、Dルート該当者においては『修了証明書・科目履修証明書』が必要となります。
証明書が必要な方は、以下の「公認心理師の経過措置に伴う読替科目【大学院】」をご確認のうえ、お申込みをお願いいたします。

【学部を卒業された方】※E・Fルート

2017年9月15日以前に人間科学部 人間科学科へ入学または卒業した方については、公認心理師法施行規則附則第2条により移行措置が適用され、科目の読み替えが可能となります。
本学において、「公認心理師の経過措置に伴う読替科目【学部】」を全て修得した後、以下どちらかに該当する場合は、受験資格の特例が認められております。

  • <Eルート>
    法施行後に公認心理師指定大学院において「大学院における必要な科目」の単位を全て修得して修了する。
    ※神奈川大学大学院のカリキュラム開講は現在検討中であり、今後の対応については現在時点で未定です。
  • <Fルート>
    省令で定めるプログラムを設けた施設で、心理関係の仕事に2年従事する。
    プログラムを設けた施設については、こちらをご覧ください。
  • Eルート・Fルートに該当される場合、受験には証明書の提出が定められております。『卒業証明書・科目履修証明書』が必要な方は、「公認心理師の経過措置に伴う読替科目【学部】」をご確認のうえ、お申込みをお願いいたします。
注意事項
  • ※「経過措置に伴う読替科目」の取得を満たさずに卒業・修了した場合、経過措置の対象とはなりません。また、「経過措置に伴う読替科目」を全て修得していても、卒業・修了していない場合は認められません。(科目等履修生で修得した場合も不可。)
  • ※証明書での履修科目確認は行っておりません。お申込み後、履修科目が条件に達していない場合は、証明書を発行することができませんので、予めご承知おきください。
  • ※受験資格の詳細につきましては、一般財団法人 日本心理研修センターにお問い合わせください。
申請期間
申請窓口

※2021年度の受付は終了いたしました。

窓口での申請

郵送による申請

このページのトップへ

お問い合わせ
横浜キャンパス 教務課 証明書係

〒221-8686 横浜市神奈川区六角橋3-27-1

TEL : 045-481-5661(代)045-481-5661(代)

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ