メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

外国人留学生入試(2021年度)

2021年度 入学試験の内容変更および入学試験要項の公開について

以下の入学試験について、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、試験内容(選考方法)が変更となります。

  • AO入学試験
  • 公募制(自己)推薦入学試験
  • 卒業生子弟・子女入学試験
  • 外国高等学校在学経験者(帰国生徒等)入学試験
  • 編入学・社会人編入学試験
  • 社会人入学試験
  • 外国人留学生入学試験

オンラインの活用を含め、受験生が本学キャンパスに来校せずに受験する形式となります。

●変更された内容は決まり次第、変更内容を一覧にまとめた形で、順次HPに公開いたします。

●試験内容変更後の詳細については、必ず「入学試験要項」を確認してください。

オンライン[Zoom]面接試験について

2021年度各種入学試験において、入学試験の内容変更に伴い、学部・学科または入試種別によって、[Zoom]を利用したオンライン面接試験を実施します。

※オンライン[Zoom]面接試験を課している学部・学科または入試種別は、こちらサイト内ページですを確認してください。

入学試験要項ダウンロード

入学試験要項をダウンロードし、詳細を確認してください。

出願書類の準備について
出願書類
  1. 志願票(本学所定用紙)

  2. 入学試験願書(本学所定用紙)

  3. 2019年度に実施した日本留学試験の成績通知書(原本)または成績証明書(原本)

    ※2020年度第2回日本留学試験(11月実施)を受験した者は、受験票(コピー)を提出ください

  4. 卒業(修了)証明書または同見込証明書(出願以前3か月以内に発行したものに限ります。ただし、既卒者については2020年4月1日以降に発行したものに限ります。)

    外国における日本の高等学校に相当する学校が発行したもので原本に限ります(コピー不可)。
    卒業証書・卒業証明書をコピーしたものでは受け付けられません。
    高等学校を卒業後、短期大学や大学等を卒業した場合でも高等学校の卒業証明書が必要です(短期大学・大学等の証明書を提出する必要はありません)。
    出身校の制度により卒業証明書が発行できない場合は、卒業証書のCertified True Copyを提出してください。
    ※Certified True Copy:原本の内容が正しく複製されているものであることを卒業もしくは在籍している高校または公証処等の公的機関が証明したコピー。日本語学校は公的機関とは認められません。
    また、原本の内容が正しく複製されているものの証明となりますので、内容を確認していない証明については認められません。

  5. 卒業証書(原本)

    ※出身校の制度により卒業証書が発行されない場合、卒業証書が発行されない旨の内容が記載されている証明書を出身高校にて発行してもらい提出してください。

  6. 成績証明書(出願以前3か月以内に発行したものに限ります。ただし、既卒者については2020年4月1日以降に発行したものに限ります。)

    ※外国における日本の高等学校に相当する学校が発行したもので、全在籍期間(学年別に3か年以上)の成績が記載されているもので、原本に限ります(コピー不可)。
    高等学校を卒業後、短期大学や大学等を卒業した場合でも高等学校の成績証明書が必要です(短期大学・大学等の証明書を提出する必要はありません)。
    出身校の制度により成績証明書が発行できない場合は、成績表のCertified True Copyを提出してください。

  7. 日本語学校の「学業成績および出席状況証明書」または「専門学校等の成績証明書」

    現在、通学している日本語学校から発行された「学業成績および出席状況証明書」または専門学校等から発行された「成績証明書」で、原本に限ります(開封無効・コピー不可)。
    ※すでに日本語学校、専門学校等を卒業している場合は提出の必要はありません。
    ※海外からの出願についても海外の日本語学校に在学している場合は、出席状況証明書を提出してください。

  8. TOEFLⓇスコアカード(本人用通知書)

    外国語学部英語英文学科・国際日本学部国際文化交流学科が対象です。ただし、英語を母国語とする者については、原則として除きます。
    出願時にスコアカード(原本)を提出してください。

  9. 住民票(出願以前3か月以内に発行したものに限ります。)

    「在留の資格」および「在留期間」が記載されているものに限ります(日本国内で居住している市・区役所または町村役場で発行されたもの)。
    在留カード、特別永住者証明書(カード型)のコピーしたものでは受け付けられません。
    在留の資格が「短期滞在」の方は、住民票の代わりに、旅券(パスポート)のコピーを提出してください。
    ※「在留の資格」および「在留期間」が省略された住民票は受け付けられません。
    ※海外から出願する場合は、住民票の代わりに旅券(パスポート)のコピーを提出してください。

  10. 留学にかかる資金計画書(本学所定用紙)

  11. 外国送金依頼書のコピー(日本国外から入学検定料を納入する場合のみ提出)

    金融機関から発行される外国送金依頼書のコピーを提出してください。

概要と日程

概要

国際化、情報化の現在、諸外国との交流は現状以上に盛んになると考えられます。このような時代に、日本の文化および技術を正しく伝え、また、外国人の考え方を正しく知ることは、重要なことと考えます。

本学は、創立当初から国際的に活躍できる人材の育成に努めてきましたが、このような観点から、様々な文化を背景に持ち、日本以外の国で相当の教育を受けてきた学生を受け入れることは、きわめて重要かつ有意義なことと考えます。

本制度は、現行の入試制度では受け入れ困難な外国人留学生を対象に、「日本留学試験」の成績等に基づき選考のうえ、入学を許可する入学者選抜試験です。

日程

学部・学科
全学部・全学科
※経済学部経済学科経済分析専攻および外国語学部英語英文学科GECプログラムは実施しません。
試験日
1月10日(日)
出願期間
11月25日(水)~12月2日(水) (窓口受付もしくは郵送必着)
郵送受付のみとなりました。
合格発表日
1月15日(金)
入学手続締切日
[第一次]2月4日(木)
[第二次]3月3日(水)

募集人員

各学部・各学科とも若干名

出願資格と選考方法

出願資格

次の要件をすべて満たす者。

  1. 2021年4月1日現在で、満18歳以上の者。
  2. 日本国以外の国籍を有する者。
  3. 2021年3月までに、外国において外国の学校教育制度に基づく中等教育機関(高等学校)の課程による12年の課程を修了し、その国において大学入学資格を有する者(見込み者を含む)またはこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者。あるいは、本学において個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者。
  4. 入学後は他の学生と同等に授業を受けるに十分な日本語能力を有する者。
  5. 独立行政法人日本学生支援機構が実施する2019年度第1回日本留学試験(6月実施)、同第2回日本留学試験(11月実施)または同2020年度第2回日本留学試験(11月実施)のいずれかを受験した者で、本学各学科が指定する教科・科目を受験した者(出題言語は日本語とする)。

    「日本留学試験」で本学各学科が指定する教科・科目およびTOEFL®スコアが評価対象とされる学科

    学部 学科 教科・科目等
    法学部 法律学科
    自治行政学科
    日本留学試験 日本語
    総合科目
    経済学部 経済学科現代経済専攻
    現代ビジネス学科
    日本留学試験 日本語
    総合科目
    経営学部 国際経営学科 日本留学試験 日本語
    総合科目
    外国語学部 英語英文学科IESプログラム 日本留学試験 日本語
    総合科目
    TOEFL® 英語
    スペイン語学科
    中国語学科
    日本留学試験 日本語
    総合科目
    国際日本学部 国際文化交流学科 日本留学試験 日本語
    総合科目
    TOEFL® 英語
    (出願時、以下のスコアが必要)
    インターネット版iBT32点以上
    ペーパー版PBT400点以上
    日本文化学科 日本留学試験 日本語
    総合科目
    歴史民俗学科 日本留学試験 日本語
    総合科目
    人間科学部 人間科学科 日本留学試験 日本語
    総合科目
    理学部 総合理学プログラム
    数理・物理学科
    情報科学科
    化学科
    生物科学科
    日本留学試験 日本語
    理科
    (物理・化学・生物から2科目を選択)
    数学(コース2)
    工学部 総合工学プログラム
    機械工学科
    電気電子情報工学科
    物質生命化学科
    情報システム創成学科
    経営工学科
    建築学科
    日本留学試験 日本語
    理科
    (物理・化学・生物から2科目を選択)
    数学(コース2)
  6. 外国語学部英語英文学科・国際日本学部国際文化交流学科では、1年以内にTOEFL®を受験した者で、そのスコアを提出できる者、英語を母国語とする者については、原則として除く。ただし、国際日本学部国際文化交流学科では、TOEFL®のスコアがインターネット版iBT32点以上、ペーパー版PBT400点以上の者。
  7. 本学在学中の学費・生活費等を支払う経済的能力を有する者。

(注)

出願資格3の「本学において個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者」の資格によって出願する者は、事前審査を行います。出願締切日の2ヵ月前までに本学入試センターに問い合わせること。

  • 出願資格の詳細および出願方法については、入学試験要項サイト内ページですでご確認ください。
    (冊子での願書配布なし。)

選考方法

  • 書類審査(出願資格含む)
  • 筆記試験(60分)
    日本語による小論文/法学部・経済学部・外国語学部・国際日本学部・人間科学部
    日本語による講座を聞き取り、講座内容を記述する試験/経営学部
    日本語による総合問題/理学部・工学部
  • 面接試験
  • 「日本留学試験」の本学各学科が指定する教科・科目の成績(出題言語は日本語とします)
  • TOEFL®スコア
    外国語学部英語英文学科・国際日本学部国際文化交流学科では、TOEFL®スコアも評価の対象となります(英語を母国語とする者については、原則として除く)。
過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ