メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

日本常民文化研究所

日本常民文化研究所オリジナルサイト

日本常民文化研究所 概要

日本常民文化研究所は、日本民衆の生活・文化・歴史を調査分析する研究センターとして先駆的活動を展開してきました。1921年に渋沢敬三により"アチックミューゼアムソサエティ"として創設されて以来、研究所の活動は、民具の収集・分類、古文書の収集・整理、漁業史研究など日本常民社会の実に多様な領域に及んでいます。
神奈川大学の付置研究所となった現在も、歴史と民俗文化の学際的共同研究機関として発展を続けており、開かれた研究所として、学外の研究者にも研究交流の機会を提供すると同時に、これらの諸分野に関わる教育活動も行っています。

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ