メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第59号 目次

  1. 評論の言葉

    絶望の生み出す希望に寄り添って阿部 浩己

  2. 巻頭エッセイ

    翻訳家の近視眼について野崎 歓

  3. 特集・グローバル化とナショナル・アイデンティティ—未来のために

  4. 対談

    • グローバル化とナショナリズムをめぐって藤原 帰一、大澤 真幸

    • ナショナルなものとグローバリゼーション研究の課題伊豫谷 登士翁

    • ヨーロッパにおけるナショナル・アイデンティティの現在高橋 進

    • 普遍主義の歴史的症状—『ナショナリズムの由来』をめぐって山下 範久

    • ローカルからみたグローバル—移民と外資をどう受入れるか後藤 仁

    • 在日社会とアイデンティティ—歴史と未来柳 赫 秀

    • ナショナリズムに抗する「郷土」—柳田国男の郷土教育批判を手がかりに武田 俊輔

    • パキスタン、ブット元首相暗殺と不安定の回廊内藤 正典

    • グローバル化とインド—アイデンティティの政治の高まりと転換中里 成章

    • なぜ、ヨガは人を殺すことができたのか?熊倉 敬聡

    • 村上龍・井上ひさし・大江健三郎における反ナショナル・アイデンティティ
      —構想された「もう一つの国=ユートピア」黒古 一夫

  5. ウォーキング岡島 弘子

  6. 研究の周辺

    EU—統合の新たな挑戦—改革条約批准なるか—石井 伸一

  7. 書評

    • 鎌田慧『ひとり起つ—私の会った反骨の人—』河合 修

    • 奥村皓一『グローバル資本主義と巨大企業合併』清水 嘉治

    • 尹慧瑛『暴力と和解のあいだ—北アイルランド紛争を生きる人びと—』的場 昭弘

    • 復本一郎『俳句の発見 正岡子規とその時代』宮坂 静生

    • 石井陽一『民営化で誰が得をするのか—国際比較で考える 』田中 則仁

    • ラリー・シーデントップ『トクヴィル』中田 豊

  8. 論文

    戦後断絶期の中国観1946—1952(3)田畑 光永

  9. 論壇時評

    日本・アジア史の新たな接点を求めて—グローバル化とテロの時代のなかで永野 善子

  10. 経済時評

    経済を読む(2)「パーリア・カピタリスムスの再現か」鈴木 芳徳

  11. コラム

    • 正岡子規 人生のことば 第14回復本 一郎

    • 日々是川柳的 第4回 「幻想」新垣 紀子

  12. 歴史の証言

    • 古文書の語る時代と社会(55)
      震災後配給された「布団材料」仕立の担い手—神奈川県の事例から磯貝 奈津子

    • 神大ノート

    • 執筆者紹介

    • 第60号予告

    • バックナンバー一覧

    • 編集後記豊嶋 久道、石崎 亜里、後藤 仁

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ