メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第52号 目次

  1. 評論の言葉

    混沌大林 弘道

  2. 巻頭エッセイ

    • 場所と関わるということ角田 光代

    • われわれの語彙としての「アジア」孫 歌

  3. 特集・未来アジア論—新世紀の東アジアをめぐって

  4. 座談会

    • 歴史認識、靖国、東アジア共同体をめぐって—未来アジアへの課題—梶村 太一郎、青樹 明子、尹 健次

    • 現在から過去へ、そして未来へ—「北関大捷碑」と日韓の歴史認識水野直樹

    • 中国人の歴史認識大里浩秋

    • 現代社会を映す中国文学飯塚 容

    • 中台関係から見る東アジア—「脱冷戦」の未来と「独立」の再定義—丸川哲史

    • 国境を越える「自虐史観批判」—東アジアにおける「過去」との向き合い方—藤井たけし

    • 戦後日本と靖国神社—けじめを呑みこんだブラックホール— 田畑光永

    • “地上最強”のポストコロニアル—トランスアジア空手研究に向けて— 村井寛志

  5. 茶箪笥など渡邊 十絲子

  6. 連載

    途上を生きた人々の系譜 第8回 SAWADA−SAN
    —ピューリッツァー賞カメラマン沢田教一の生と死—五十嵐 匠

  7. 講演記録

    • ナショナリズムを超えて—アジアの未来をめぐって— 姜 尚 中

    • 中国の反日運動と歴史問題—21世紀の世界、中国、日本— 朱 建 栄

  8. 随想

    • アジアとボランティア谷川 茂

    • アジアの詩人たちの声が聞こえる佐川 亜紀

    • 欧州社会の断面を映し出した独総選挙石井 伸一

  9. 書評

    • 秋山勇造著『新しい日本のかたち—明治開明の諸相』中田 豊

    • 本山美彦編著『「帝国」と破綻国家—アメリカの「自由」とグローバル化の闇』清水 嘉治

    • 北爪満喜著『青い影 緑の光』柴田 千晶

    • 小畑精和著『「ヌーヴォーロマン」とレアリストの幻想—フランス文学にみるキッチュの連環』宇惠 一郎

    • 石井伸一著『現代欧州統合論—世界を拓くヨーロッパ・モデル』羽場 久ミ子

  10. 論壇時評

    反日と東アジア的場 昭弘

  11. コラム

    • 正岡子規 人生のことば その10復本 一郎

    • 正岡子規 川柳で読む21/20世紀 第12回「ご近所の底力・戦争の記憶・膨張中国」田口 麦彦

    • 歴史の証言 古文書の語る時代と社会(49)江戸時代の鰹節・鮪節作り越智 信也

    • 神大ノート

    • 執筆者紹介

    • 第53号予告

    • バックナンバー一覧

    • 編集後記熊倉 進、高橋 美穂、後藤 仁

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ