• ホーム
  • お知らせ
  • 工学部航空宇宙構造研究室がハイブリッドロケットの飛翔実験を伊豆大島で実施しました!
  • 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

お知らせ

2017.09.25

工学部航空宇宙構造研究室がハイブリッドロケットの飛翔実験を伊豆大島で実施しました!

このページを他の人と共有する

本学工学部機械工学科 髙野 敦 准教授を中心にハイブリッドロケットの開発・製作に取り組んでいる航空宇宙構造研究室と、3年生以下の有志からなる宇宙ロケット部(学内研究プロジェクト)が、2017年9月3日(日)に伊豆大島で打ち上げ実験を行いました。

今回は、新規開発の「3Dプリンタによる複雑形状燃料搭載・カーボン繊維強化軽量ハイブリッドロケットエンジン」を搭載し、高度6,000mを目指し、打ち上げ実験を行いました。結果、2機の打ち上げに成功、機体の一部を回収しました。さらに無線によるフライトデータの取得に成功し、その詳細な解析の結果、昨年の記録を2倍以上更新し、高度は4,779mに到達しました。

最新のお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ