メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

その他の留学制度

入試制度のご案内

神奈川大学では、国際的に活躍できる人材を広く育成する観点から、日本以外の国で教育を受けてきた学生や異文化体験を積極的に評価するため、現行の入試制度では入学が困難な外国人留学生等を対象に、次のような入試制度を実施しています。

学費についてのご案内

外国人留学生対象の奨学金(外国人留学生授業料減免制度を含む)についてのご案内

国費留学生

国費留学生(大使館推薦)

日本政府(文部科学省)奨学金留学生(研究留学生)は、在外の日本政府在外公館において行われます。選考は、日本政府在外公館が、当該国政府の協力を得て、申請書類の審査、筆記試験および面接を行います。選考日程等の詳細は各国によって異なりますので、自国の日本国大使館あるいは総領事館に問い合わせてください。また、文部科学省ホームページ、外務省ホームページをご確認ください。

日本政府(文部科学省)奨学金留学生(研究留学生)として神奈川大学への留学を希望される方は、下記の流れに沿って進めてください。

  1. 自分の留学目的や研究分野に合う指導教授等を探す

    「研究者情報」ページを参考に、自分の留学目的や研究分野(研究内容)に合致する指導教授もしくは指導教員がいるかを確認してください。

  2. 神奈川大学に問い合わせをする

    希望する指導教員が見つかったら、国費留学生(大使館推薦)の申請をする前に、研究分野について事前に教員と相談し、第一次選考合格後の内諾手続きがスムーズに進められるようにしておくことをお勧めします。下記内容を明記の上、国際センターに問い合わせをしてください。国際センターから希望する指導教員に連絡します。

    また、自分の研究分野が合っているかが分からない場合についても、国際センターにお問い合わせください。

    お問い合わせ
    国際センター

    E-mail:kokusai-web@kanagawa-u.ac.jp

    問い合わせの際に下記についてお知らせください

    • 氏名
    • 国籍
    • 簡単な経歴(在学大学名又は勤務先)
    • 研究計画書
    • 希望する指導教員
    • 神奈川大学における入学希望課程(研究生、学部生、博士課程前期、博士課程後期、専門職学位課程)
    • 連絡先(メールアドレス)
    • その他、相談したい内容など
  3. 第一次選考試験に合格後に書類を提出する

    第一次選考試験に合格後、神奈川大学への留学を希望する場合は、速やかに国際センター宛にメールで連絡をし、下記書類を神奈川大学国際センターに送付(書留、EMS、DHL、FedEx等)してください。

    受入れ内諾書発行までに時間がかかる場合がありますので、ご注意ください。

    提出書類
    1. 在外日本国大使館発行の「第一次選考合格証明書」
    2. 在外日本国大使館に第一次選考時までに提出した申請書類等一式のコピー

このページのトップへ

国費留学生(大学推薦)

研究留学生を対象に、留学生を国費外国人留学生として原則10月から採用するもので、直接大学から文部科学省に推薦を行うプログラムです。

大学推薦は、基本的に大学間で緊密な連絡を取り、本人の希望や進路を見極めた上で推薦し、受入れ大学で責任を持って指導するものであり、渡日後、他大学への進学・転学はできません。

このページのトップへ

国費留学生(国内採用)

日本国内の大学に在学する私費留学生を、在籍大学からの推薦による国費外国人留学生に採用することを、国内採用といいます。私費留学生として日本の大学院正規課程に在籍する者及び進学予定の者、又は学部の正規生として4年次に進級予定の者が対象で、4月から国費留学生として採用するものです。大学を通じて募集が行われます。

学内で募集をする場合は、各キャンパスの奨学金掲示板に掲示いたします。

研究生

研究生についてのご案内は、以下のページをご覧ください。

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ