神奈川大学のSDGsへの取り組み

神奈川大学は持続可能なグローバル目標である「SDGs」の達成に向けた研究・教育を推進するとともに、自治体との包括連携協定や大学間連携協定に基づき、地域社会の課題を解決する等、SDGsへの取り組みを強化します。

Commitment

SDGsへの神奈川大学の
コミットメント

神奈川大学は、2015年9月の国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標)について、持続可能な世界を実現するための17の目標と169のターゲットの達成に向けた研究・教育を推進してまいります。
本学は、創立以来、建学の精神のもと、時代と社会の課題や使命を地球的視野から深く自覚するとともに、真理を希求する姿勢を持ち続け、自律の精神と共生の視点から主体的に新たな価値を創造する人材を育成し、未来社会の発展と安定に寄与することを使命として掲げてまいりました。
貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、平和的社会など、持続可能な開発のための目標として定められたSDGsは、その本学の使命に適うものであり、研究活動や教育活動において地球規模の課題に対してさまざまな側面から解決策を見つける最前線にいる本学は、その解決に大きな責任を持っています。
本学は、2018年9月に公表した「神奈川大学ダイバーシティ宣言」において、世界の恒久平和と人類の幸福の実現に貢献できる良識ある市民を育成し、社会に存在する差別や偏見の根源的な解明と解決をめざすことを掲げています。このダイバーシティの推進をはじめとして、SDGsの達成に向けた研究・教育を推進するとともに、自治体との包括連携協定や大学間連携協定に基づき、地域社会の課題を解決するなど、今後より一層SDGsへの取り組みを強化してまいります。

2019年4月
学長 兼子 良夫

SDGsとはWhat’s SDGs

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 世界を変えるための17の目標

開発アジェンダの節目の年、2015年の9月25日-27日、ニューヨーク国連本部において、「国連持続可能な開発サミット」が開催され、150を超える加盟国首脳の参加のもと、その成果文書として、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。
将来に向けて、地球上で暮らすあらゆる人たちがより幸せに生活していけるよう世界中の国が約束した目標、それが「世界を変えるための17の目標と169のターゲットからなる“持続可能な開発目標(SDGs)”」です。そして、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。

Performance

神奈川大学の
実績

SDGsを軸に大学の
社会貢献度を測る
THE大学インパクトランキング
において、全SDGでランクイン

SDGsを軸に大学の社会貢献度を測る初の世界ランキング「THE University Impact Rankings 2019」において、神奈川大学は、指標となる全SDGでランクインしたほか、4つの目標において、世界101-200位にランクインし、総合ランキングでは世界301+位となりました。日本の私立大学で全SDGにおいてランクインしたのは、本学を含め7校のみです。

4つのSDGで世界100-200位を獲得

SDG別のランクでは、「SDG11:住み続けられるまちづくりを(Sustainable Cities and Communities)」、「SDG12:つくる責任つかう責任(Responsible Consumption and production)」、「SDG13:気候変動に具体的な対策を(Climate Action)」、「SDG16:平和と公正をすべての人に(Peace, Justice and Strong Institutions)」の取り組みにおいて高い評価を得ました。これらは、芸術/自然遺産の公開や保護への取り組み、廃棄物量やリサイクル量、廃棄物処理・再資源化に関する政策の設定、タイプ別エネルギー量や環境教育などが評価項目となっており、本学のエコキャンパスへの取り組み等がランキングにつながったものと考えています。

Approach

本学のSDGsへの取り組み

Research

SDGsに関する本学の研究

本学は、「教育と研究の高度な結合」を大学の理念・目的に基づく4つの基本方針のひとつとして掲げ、研究基盤を積極的に整備し、教員による世界的水準の優れた学術研究を行ってきました。
新エネルギーや持続可能なまちづくりなど、SDGsを実現するための研究も多様な分野で行われています。
「PROUD BLUE」は世界的水準の優れた学術研究とその担い手である研究者をクローズアップした学術研究広報誌。世界への発信を見据え、日本語版と英語版で作成されています。

詳しくはこちら