• ホーム
  • 研究活動
  • お知らせ
  • 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「太陽光活用を基盤とするグリーン/ライフイノベーション創出技術研究拠点の形成」第7回公開発表会開催のお知らせ
  • 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

研究活動についてのお知らせ

2016.11.02

私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「太陽光活用を基盤とするグリーン/ライフイノベーション創出技術研究拠点の形成」第7回公開発表会開催のお知らせ

このページを他の人と共有する

本研究プロジェクトでは、低炭素社会を支えるクリーンエネルギーの創成及び豊かで安心な生活を支える医薬品などの有用物質開発のための技術革新を目的としています。
今年度は本プロジェクトの最終年度にあたり、発表会では、特別講演として三井化学株式会社の藤田照典氏にご講演いただくとともに、プロジェクトメンバー全員が研究成果をご報告いたします。その上で、今後の展開や展望について議論を深めるために、最終発表会を開催いたします。

ご興味のある方は、お申し込みのうえ、ご来場ください。(定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。)

第7回公開発表会

日時

2016年11月26日(土)13:00~17:30

会場

横浜キャンパス 3号館305号室

発表会

【開会の挨拶】
川本達也(研究代表者)


【成果報告】13:10~14:50
1.光合成を利用した藍藻類の大量培養による水素生産の基礎研究
 井上 和仁(理学研究科理学専攻生物科学領域)

2.バイオマスを化学変換する複合酸化物触媒の開発
 上田 渉(工学研究科応用化学専攻)

3.渦鞭毛藻の大量培養に基づく医薬リードの探索と新産業創成
 上村 大輔(理学研究科理学専攻化学領域)

4.核酸の構造と機能を基盤とするグリーン/ライフイノベーションの創成と開発研究
 小野 晶(​工学研究科応用化学専攻)

5.水の酸化・還元システムの開発
 川本 達也(理学研究科理学専攻化学領域)

 

【特別講演】15:00~16:00
6.21世紀に求められる触媒技術―化学品の安定供給のために
 藤田 照典 氏(三井化学株式会社 シニアリサーチフェロー)

 

【成果報告】16:10~17:30

7.ポリ酸塩(POM)の多中心活性部位を活用した新しい触媒系の構築
 野宮 健司(理学研究科理学専攻化学領域)

8.有機-無機ハイブリッド触媒の開発とグリーン酸化反応プロセスの構築
 ―金属配位場の精密制御による酸化活性種の解明と触媒反応への展開―
 引地 史郎(工学研究科応用化学専攻)

9.金属間化合物助触媒/光触媒による新しい物質変換反応の開発
 松本 太(工学研究科応用化学専攻)

10.光化学的手法による水中からのレニウム成分の完全回収システムの開発
 堀 久男(理学研究科理学専攻化学領域)

 

【懇親会】18:00~20:00
講演会終了後、横浜キャンパス 10号館カルフール(大学食堂)にて開催

参加費

無料(懇親会会費含む)

定員

100名

お申し込み

所属、氏名、連絡先(E-mail、電話番号)、懇親会参加の有無を明記の上、E-mailまたは FAXにてお申し込みください。

主催/共催

主催:神奈川大学大学院理学研究科理学専攻化学領域・生物科学領域、神奈川大学大学院工学研究科応用化学専攻

共催:日本化学会、神奈川大学総合理学研究所、天然医薬リード研究所、光合成水素生産研究所

お申し込み・お問い合わせ

神奈川大学湘南ひらつかキャンパス
理学部化学科 堀 久男
電話:0463-59-4111(代) FAX:0463-58-9688
E-mail:h-hori@kanagawa-u.ac.jp

最新の研究活動についてのお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ