• ホーム
  • プレスリリース
  • 横浜キャンパス国際センター(新棟)の工事を開始しました!-国土交通省 平成26年度木造建築技術先導事業に採択されました。-
  • 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

プレスリリース

2015.03.03

横浜キャンパス国際センター(新棟)の工事を開始しました!-国土交通省 平成26年度木造建築技術先導事業に採択されました。-

このページを他の人と共有する

本件のポイント

●横浜キャンパスマスタープランの推進により、国際センター(新棟)の新築工事が開始!

●「日本らしい国際センター」をテーマにして、材料に「木」を採用!(国土交通省 平成26年度木造建築技術先導事業に採択されました)

●神奈川大学初!環境への配慮として、カーボンオフセットを建築行為によって実施します。

本学は2010年(平成22年)度に横浜キャンパスマスタープランを策定し、将来構想の実現に向けて、現在キャンパスの整備事業に取り組んでいます。

今回工事が開始された横浜キャンパス国際センター(新棟)は、「日本らしい国際センター」をテーマに、材料に「木」を採用。この木造化、木質化への取り組みが、先進性・普及性があると評価され、国土交通省 平成26年度木造建築技術先導事業に採択されました。

木造というと火災に弱いイメージがありますが、今回の建物は木の仕上げを室内にすべて見せながら、準耐火構造の認定を取得しているのが特長です。「もえしろ設計」(「燃えてもなくならないくらいの厚み」を木材にもたせる特殊な設計)という手法を採用し、完成後は、まるで木の塊のような室内空間となる予定です。

また、今回の建築工事は、環境負荷の低減にも取り組んでいます。環境への配慮として、カーボンオフセットを建築行為によって実施することは神奈川大学にとって初めての試みとなります。

なお、横浜キャンパス国際センター(新棟)の計画・設計には、3号館および28号館に引き続き、本学工学部建築学科の教員と本学工学部建築学科卒業生が携わっています。

横浜キャンパス国際センター(新棟)新築工事概要

【名称】
 横浜キャンパス(仮称)国際センター 新築工事
【所在地】
 神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-27-1
【予定工期】
 2015年1月~9月
【延床面積】
 779.82m²
【構造】
 木造+RC造
【デザイン監修】
 神奈川大学工学部建築学科(内田青蔵 教授、重村 力 教授、曽我部昌史 教授、山家京子 教授、中井邦夫 准教授)
【設計監理】
 有限会社鈴木アトリエ一級建築士事務所 鈴木信弘
【施工業者】
 岡山建設株式会社

この件に関するお問い合わせ

神奈川大学 施設部キャンパス整備課
電話:045-481-5661(代)

プレスリリース発信元

〒221-8686 横浜市神奈川区六角橋3-27-1
神奈川大学 広報部

電話:045-481-5661(代)

FAX:045-481-9300

mail:kohou-info@kanagawa-u.ac.jp

URL:http://www.kanagawa-u.ac.jp

最新のプレスリリース

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ