• 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

お知らせ

2013.09.11

経済学部 飯塚信夫准教授が「中原奨励賞」を受賞しました

このページを他の人と共有する

twitter mixi

このたび本学経済学部経済学科 飯塚信夫准教授が「中原奨励賞」を受賞しました。

本賞は、景気循環学会より景気循環分析に貢献のある50歳未満の研究者へ贈られるもので、2006年に就任した四代目会長の中原伸之氏(元日本銀行審議委員)の提案により2007年度に創設され、本年で7回を数えます。

飯塚准教授は、前職(日本経済新聞社および日本経済研究センター)における実績を含め、長年にわたり実証分析・経済予測を通じて日本経済の課題をとらえてきたことが受賞に繋がりました。また、実証分析および経済予測の基礎となる経済データが抱える課題について論文、審議会を通じて発信していることなども対象となりました。特に、最近の業績である日本経済の実証分析関連における「日本の貿易収支赤字は定着するのか-最新データに基づく輸出入関数に関するシミュレーション」(景気循環学会『景気とサイクル』第54号、2012年11月)が高い評価を得ました。

来る11月9日の景気循環学会総会において、授賞式ならびに飯塚准教授の受賞講演が行われる予定です。

最新のお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ